日曜日, 7月 14, 2024
ホームGITMOディープ・ステートのドローン攻撃をかわしたGITMO

ディープ・ステートのドローン攻撃をかわしたGITMO

By Michael Baxter – 2023年12月5日(Real Raw Newsより翻訳)

グアンタナモ湾の米海軍部隊は、土曜日の夜、基地の防空識別圏に侵入した2機のMQ-9リーパー無人航空機(UAV)を撃墜した、とJAG情報筋がReal Raw Newsに語った。

午後9時30分頃、リーワード・ポイント飛行場のレーダーオペレーターが、北西の海上からGITMOに向かう2機の敵機を探知した。同時に、基地を守る2隻のアーレイ・バーク級駆逐艦のうちの1隻に搭乗していたレーダー技術者が、その軌跡を確認し、敵機は高高度の攻撃・監視用ドローンで、42,000フィート、時速300マイル(482.8km)で飛行しているのではないかと疑った。ドローンはモードCトランスポンダに応答せず、無線にも応答しなかった。

「すべての兆候はドローンの侵入を示していた。我々はドローンがどのような被害をもたらすか知っており、MCLBアルバニーで彼らが引き起こしたことも知っている。レーダーマンは彼らがリーパーかそれに類するものだと強く疑っていた」と情報筋は述べた。

ゼネラル・アトミクスのMQ-9リーパーは、主に米空軍のために開発された遠隔操縦無人偵察機である。その66フィート(20.1m)の翼幅と240馬力のターボプロップエンジンは、最大50,000フィート(15.2km)で240ノットの飛行速度を可能にする。武装はAGM-114ヘルファイア・ミサイルで、発射高度にもよるが射程は〜11km。リーパーの作戦航続距離は約1,150海里と言われている。

急速に降下するボギーがGITMOから35マイル以内に接近すると、アーレイ・バーク級駆逐艦は接近する目標に向けて2発のRIM-66地対空ミサイルを発射した。ミサイルはUAVに命中し、消滅させた。

一方、GITMOの指導者たちは、無人偵察機が陽動作戦かどうかを議論したが、他に攻撃が迫っている兆候は現れなかった。

「緊張は高まっている。クリスマスの襲撃からほぼ1年。何事も運任せにはできません」と情報筋は言う。

ヘリコプターが直ちに迎撃地点に送られ、そこで乗組員はリーパーUAVと一致する地表の破片を見たと、彼は付け加えた。

「ディープ・ステートがハイチに秘密基地を持つことはほぼ確実であり、私が言えることは、その場所を確認したら、地図から抹消するということだ。そのとおりだ。実際、すでにそうなっているかもしれない」と情報筋は語った。

GITMOの指導者たちは、ディープ・ステートが艦隊ではなく、すぐに破壊可能な無人偵察機を送った理由を推測しているのか、と尋ねられたが、情報筋は、「いいか、それは我々の防衛力を探ることから、自分たちの仲間を始末したいことまで、何でもあり得るんだ。十分に近づけば、無人偵察機はデルタにヘルファイア・ミサイルを4発撃ち込み、ディープ・ステートの抑留者を大量に連れ出すことができただろう」。

グアンタナモ湾は、無人偵察機撃墜の余波を受け、警戒態勢を強めている。

トランプの真実
RELATED ARTICLES

Most Popular

Recent Comments

ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
やまとたける の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 GITMO襲撃犯を特定
ナッキーこと山田直樹 の上 軍がビル・ゲイツに有罪判決を下す