木曜日, 2月 22, 2024
ホームアメリカ軍がモンタナのNIHバイオラボを襲撃

軍がモンタナのNIHバイオラボを襲撃

By Michael Baxter -2023年12月8日(Real Raw Newsより翻訳)

ホワイト・ハット部隊が木曜日、モンタナ州にあるディープ・ステート・バイオラボを急襲し、そこで国立衛生研究所(NIH)の職員が兵器化された病原体の人体実験を行っていたと、エリック・M・スミス将軍の事務所関係者がReal Raw Newsに語った。

共和党議員から提供された信頼できる情報に基づいて、スミス将軍は海兵隊の偵察小隊と陸軍第48化学旅団の兵士を動員し、モンタナ州ハミルトンの郊外にある国立衛生研究所のロッキー・マウンテン研究所(バイオレベル4の施設)を監視した。

情報提供者は将軍のオフィスに、NIHの職員が「催眠術をかけられたホームレス」を乗せたバスを安全な施設に案内しているのを見た、と語った。彼は、乗客が不潔で手入れがされておらず、ぼろぼろの服を着ていたので、ホームレスだと思ったという。そして、一旦その恐ろしい隠れ家に足を踏み入れると、決して出てくることはなかった。

「不気味でシュールな映像を見た。不気味で、超現実的で、トランス状態だった。NIHは彼らをバスから誘導して中に入れた。頭がおかしいと言われるかもしれないが、彼らが本当に進んでそこにいたとは思えない。それで、そのビデオを入手した人物が、1週間研究室を追跡したところ、彼らはそこから出なかったと言うのです」と情報筋は語った。

スミス将軍はその映像をホワイト・ハットの評議会に見せ、モンタナ州の住民が “キャンプ・デス”と呼んでいる場所に潜入する計画を練ったという。爆弾で粉々にするのは非現実的だった。というのも、影の研究所には、もし逃げ出せばハミルトン、モンタナ州全体、そしてそれ以遠を壊滅させるであろう病原性の微生物がいたからだ。天然痘。エボラ出血熱。マールブルグ。その他、NIHの邪悪な頭脳が密かに作り上げたどんな疫病でも。プーチンがウクライナの西側バイオラボに対して成功させたサーモバリック兵器の投下も一時は検討されたが、結果として生じる圧力波と爆発が過剰な巻き添え被害を引き起こすと判断した。

「その案はすぐに却下されたけど、でもね、それは国のためになっただろう。内部の犠牲者については、もし彼らが生きていたとしても、おそらく生きていたくはないだろう。私たちの知る限り、NIHは腸チフスを大量に街に送り出そうとしていたかもしれない。あの研究室からは、いいものは何一つ生まれなかった。あそこは悪の巣窟だった」と情報筋は言う。

ロッキーマウンテンの研究所は以前から監視の目を向けられていた。2018年、故アンソニー・ファウチ博士が監督するNIHは、SARSに似たコロナウイルスがコウモリに感染するかどうかの実験を行った。また、モンタナの研究所でライム病が作られたという疑惑もある。

「あそこを永久に廃業させる時期は過ぎていた」と、この情報筋は言う。

スミス将軍の対策本部は木曜日の朝ハミルトンに到着し、その場所の長距離監視を開始した。彼らはすぐに、ビデオ映像にはない予想外のものを見た。そこは武装したFEMA(連邦緊急事態管理庁)の捜査官がうようよしていて、建物の周囲をパトロールし、駐車場の車のナンバープレートを定期的にチェックしていたのだ。FEMAとNIHは、歴史的に自治権を持つ機関であるが、不倶戴天の同盟で結ばれていることを示唆している。

「FEMAは、暴力的な対立の恐怖を煽った。計画では、最少人数がいる夜に入ることになっていた。NIHがそれほど抵抗するとは思っていなかった。彼らのようなタイプは臆病者だ」と情報筋は言う。

海兵隊員たちは夕方まで現場を観察し続けた。午後10時には、駐車場の80パーセントが空になり、NIHの職員400人のうち約40人が、敷地内のさまざまな建物に残っていた。海兵隊員たちは、その全員がレベル4の生物隔離室がある建物の中にいるわけではないことを知っていた。その1時間後、新しいFEMA部隊が既存の20人を解放した; しかし、到着したのは12人だった。

「海兵隊は設計図や見取り図を持っていたし、監視カメラがいたるところにあることも知っていた。だから、誰かがそれをモニターで見て、電話で助けを求めなければ、FEMAを切り捨てることはできなかった。スミス将軍は戦術の天才であり、あらゆる事態を想定していた」。

海兵隊は当初、FEMAのパトロールをこっそり避け、周辺に携帯電話と無線妨害装置を仕掛けた。この装置が作動すれば、彼らの通信は妨害され、使い物にならなくなる。この技術は、NIHのワイヤレスビデオもブロックしてしまう。

計画を開始する前に、海兵隊はスミス将軍のオフィスに電話して重大な懸念を伝えた: もし、NIHが攻撃を受けていることに気づいて、BSL-4研究室の減圧ドアの封印を解き、エボラを放出したらどうするのか、ということである。海兵隊員たちは、気弱なNIHの研究者たちは、たとえ睨み合いになったとしても、自分たちの命を故意に危険にさらすようなことは決してしない、と言われた。

侵入は真夜中に始まった。見張り役の海兵隊員が2人組のパトロール隊3人を殺害し、FEMAの人数を半減させた。残ったFBIは接近戦に持ち込まれた。

「中にいた者は、なぜビデオが切れたのか、なぜ電話が通じないのか、不思議に思っていたはずだ」と情報筋は言う。

CBRNスペシャリストが背後に立っているとき、海兵隊員は生体認証で密閉されたドアにC4爆薬を設置して爆破し、進路に立つ民間警備員2人にライフルを向けて突撃した。海兵隊員は警備員の頭と胸に穴を開けた。

白衣を着た男女が角を曲がって突進してきたが、殺戮と6人の海兵隊員が迫ってくるのを目撃して突然立ち止まった。海兵隊中尉は女性をつかみ、膝をつかせた。

「被験者の居場所を教えろ」と彼は要求した。

「一体何のことだか分かりません」とその女性は言った。

「答えが違う」と中尉は言った。

彼はピストルの銃口を彼女のこめかみに押し当て、引き金を引いた。小さな入り口の傷口から血液と脳内物質が漏れ出し、反対側の頭の出口にぽっかりと空いた傷口から吹き出した。

「ああ、神様、いや、神様、こんなことはありません」と彼女の仲間が言った、 中尉のピストルが彼の額に向けられた。「ああ、神よ、オーケー、話します」。

その男は海兵隊員に不気味な話をした。NIHがホームレスの人々に天然痘と出血熱の突然変異をエアロゾルで浴びせたのだ。何日もかけて、彼らは腫れ物や膿疱ができ、破裂し、臓器は停止し、体中の開口部から出血した。

「よくしゃべった。君は生き残るんだ」と中尉は言った。

一方、他の海兵隊員たちは、ビルからビルへ、部屋から部屋へ、隙間から隙間へと、34人のNIH職員を駆除していった。問答無用である。

CBRNスペシャリストは防護服を着て、BSL-4の病原体をすべて回収し、「フェイルセーフ」チェストと呼ばれる箱に入れて輸送し、最終的には破壊した。

「我々は何十台ものコンピューターと何トンもの書類を押収した。海兵隊はすべての建物のすべての設備を瓦礫が残るまで破壊した。そして、囚人とともに去る前に爆弾を仕掛けた。安心してください、猛毒は安全に処分され、もはや米国への脅威ではありません」。

無防備な女性だけでなく、非武装の従業員数十人を射殺したことの倫理的、道徳的影響を問われ、情報筋はこう答えた。「モラルについて話したいのか? これは戦争だ。彼らは敵だ。男も女も違いはない」。

最後に、彼は最後の情報を共有した: 「習近平の訪問に先立ち、FEMAがサンフランシスコの路上からホームレスを拉致したと囚人が言っている。調査は進行中だ」。

トランプの真実
RELATED ARTICLES

Most Popular

Recent Comments

ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
やまとたける の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 GITMO襲撃犯を特定
ナッキーこと山田直樹 の上 軍がビル・ゲイツに有罪判決を下す