木曜日, 2月 22, 2024
ホームアメリカ海兵隊、スミス将軍暗殺未遂の容疑者を逮捕

海兵隊、スミス将軍暗殺未遂の容疑者を逮捕

By Michael Baxter -2023年12月9日(Real Raw Newsより翻訳)

ホワイト・ハットが、先月のエリック・M・スミス将軍暗殺未遂事件の “容疑者”を逮捕した、と情報筋がReal Raw Newsに語った。

しかし、捜査の詳細については口を閉ざしており、この事件はまだ未解決であり、さらなる関係者を追っている可能性を示唆しているようだ。情報筋はその推測を肯定も否定もしない。

判明していることは以下のとおりである:

12月5日火曜日、バーモント州ラットランドのホテルの外で、海兵隊のおとり捜査官が、元中央情報部諜報員の47歳ロナルド・ダールを追い詰めた。ダールと1人の海兵隊員は、ダールが捕獲から逃れるためにフェンスを乗り越えようとした後、短い銃撃戦で負傷した(命に別状はない)。ダールはバランスを崩して倒れ、足首のホルスターからピストルを取り出して1発撃ったが、その銃弾を腕に受けて武器を落とした。ダールの銃弾は海兵隊員の足に命中したが、大動脈は外れた。

海兵隊がダールとの距離を詰めたとき、彼はボールペンで自殺を図った。そのボールペンは、通常ペン先がある場所に中空の針がついていた。クリッカーを押しても毒は注入されなかった。

海兵隊はダールの腕に包帯を巻き、尋問のために身柄を拘束した。

RRNの問い合わせに対し、ある情報筋は「申し訳ないが、現時点では尋問の情報は話せない」と答えた。

彼は、ホワイト・ハットはスミス将軍襲撃事件が起こったその日から調査を開始し、狙撃犯が将軍に心臓発作用の銃を突きつけたとき、狙撃犯が腰を下ろしていた場所を見つけたと認めた。彼は “証拠”を見つけたと言ったが、調査を続けていることを理由に詳しい説明は避けた。

具体的な事実ーDNAは見つかったのか? ダールが口を滑らせて手がかりを残したのかーは徒労に終わった。

この件に関しては、”できるようになったらまた話す”というのが情報筋の答えだった。

最後に、スミス将軍はダールと個人的に対決するつもりなのかと尋ねた。

「将軍は、捜査の成り行きに任せている。スミス将軍とダールが一緒の部屋に入ったら、生きて出てこられるのは一人だけだろう。そして、それはダールではないでしょう」。

トランプの真実
RELATED ARTICLES

Most Popular

Recent Comments

ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
やまとたける の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 GITMO襲撃犯を特定
ナッキーこと山田直樹 の上 軍がビル・ゲイツに有罪判決を下す