木曜日, 2月 22, 2024
ホームFEMAJAG、モンタナ・バイオラボに関係するNIH幹部を逮捕

JAG、モンタナ・バイオラボに関係するNIH幹部を逮捕

By Michael Baxter – 2023年12月11日(Real Raw Newsより翻訳)

アメリカ海軍のJAG調査官は土曜の夕方、NIH副所長のアルフレッド・C・ジョンソンを逮捕した。彼がモンタナ州ハミルトンにあるNIHのBSL-4施設用の “ヒト研究対象”を調達するためにFEMAと契約した疑いがあると、JAG情報筋がReal Raw Newsに語った。

先週報告されたように、ホワイト・ハットは、NIHの職員がBSL-4の入口でバス一杯の茫然自失のホームレスを降ろしている映像を入手した後、絶望の巣窟を急襲した。海兵隊と陸軍第54化学旅団の化学・生物・放射線・核(CBRN)専門家が建物を確保し、捕虜となった1人の職員を除いて全員殺害した。彼は、対象者はホームレスであり、エアロゾル化出血熱と天然痘に意図的にさらされ、無惨な死を遂げたと認めた。NIHは遺体を火葬にしたと彼は言った。

同様に不穏なことに、彼はFEMAが中国の習近平国家主席の訪米に先立ち、サンフランシスコの路上からホームレスを引き抜き、金銭、宿泊、食料、アルコール、ドラッグの約束で彼らを誘ったことを告白した。その代わりに、FEMAは彼らに精神安定剤を飲ませ、カリフォルニアからモンタナへの飛行と “死のキャンプ”へのバス移動のために “ゾンビ化”させた。さらに囚人によれば、NIHは何年も前からホームレスの実験を行っており、ジョンソン副所長がFEMAとの連絡役だったという。

ジョンソン副所長はFEMAとの連絡役であった。ジョンソン副所長は、絶大な権限を行使していたにもかかわらず、ホワイト・ハットには襲撃以前はほとんど知られていなかった。ジョンソンはNIHの日常業務を管理する副所長として、2022年2月に故フランシス・コリンズが無情にも首を吊った後任のモニカ・M・ベルタニョーリ所長の直下で働いていた。ジョンソンは1985年にテネシー大学で生物医学の博士号を取得し、1979年にアルバニー州立大学で化学の学士号を取得した。彼はオークリッジ国立研究所の生物病原体部門で博士研究を行い、1985年にNCI分子生物学研究所の博士研究員としてNIHでのキャリアをスタートさせた。

「ジョンソンという人物は、非常に胡散臭い人物であることが分かりました。海兵隊がロッキー・マウンテン研究所から持ち出した装置に、ジョンソンという囚人の名前がありました。それが何であったかは、クランドール副提督がジョンソンの法廷で明らかにすることですが、ジョンソンは長い間悪事を働いており、反逆罪と殺人罪で起訴する十分な理由があったのです。我々は彼の居場所を突き止め、捕まえに行きました」と情報筋は述べた。

JAGの調査官は、ジョンソンがマイアミで税金を使った休暇を楽しんでいるのを発見した。彼はビスケーン湾に面したインターコンチネンタルホテルの豪華なスイートを予約していた、という。一人旅をしていたジョンソンは、土曜日の夕方ホテルを出て、観光客で賑わうルーフトップバーや高価な高層マンションが立ち並ぶ裕福なブリッケル地区をのんびりと散歩し始めた。彼は歩きながら口笛を吹き、彼を尾行する6人のJAG調査官には気づかなかった。彼が6番街を曲がり、カクテルバー「ベター・デイズ」に足を踏み入れようとしたとき、JAGは彼が高機能アルコール依存症でクローゼット・ホモセクシュアルであることを知っていた。

ジョンソンは仕事仲間で、もう飲みすぎてしまったので、家に連れて帰って寝かせるところだと通行人に告げ、彼らはジョンソンが地面に倒れこむ前に捕まえた。彼らは彼を車に乗せ、JAGのディープ・ステート犯罪者用秘密処理センターのひとつに向かった。

「彼は確実にGITMO行きの切符を手にするだろう。退職者を含む多くのNIH関係者を深く掘り下げている」と、情報筋は語った。

トランプの真実
RELATED ARTICLES

Most Popular

Recent Comments

ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
やまとたける の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 GITMO襲撃犯を特定
ナッキーこと山田直樹 の上 軍がビル・ゲイツに有罪判決を下す