日曜日, 6月 16, 2024
ホームGITMOケイティ・ホッブス軍事法廷、初日

ケイティ・ホッブス軍事法廷、初日


By Michael Baxter – 2023年12月13日(Real Raw Newsより翻訳)

アリゾナ州元国務長官ケイティ・ホッブスを国家反逆罪、合衆国詐取罪、殺人謀議罪で起訴した。

グアンタナモ湾で始まった法廷では、気弱で冷淡なホッブスが弁護を担当した。彼女は「妥協した」軍の弁護人は引き受けないとJAGに通告しており、軍が彼女の金融資産を凍結したため、外部の弁護人は彼女の事件の審理を拒否した。彼女はやせ細り、か弱く、睡眠不足か栄養失調のためか目がかすんでいた。まるでホッブスの堕落した頭の中にある歌のビートに合わせるかのように、指がリズミカルに机を叩いた。

「聞いていないのか? 私は、あなたが直面している罪を理解しているのかと尋ねたのです」とダース・E・クランドール副提督は言った。

彼はその質問を3回繰り返したが、どうやら思考に耽っているようで、ホッブスは耳をふさいでいるのか、副提督の賢明な質問を無視しようとしているのか、どちらかだった。

彼女はついに首を傾げ、副提督に言った。「私は死人とは話しません」。

「それは通常、それほど包み隠さない脅しから始まる」と副提督は言った。

彼は単刀直入に本題に入った。「ホッブス被拘禁者は勝てないと分かっていながら選挙に出た。彼女はアリゾナで嫌われている。2019年から2023年にかけて州務長官を務めていたとき、彼女のオフィスは汚職にまみれ、嫌われ、憎まれたと言っても過言ではない。そして彼女が知事選に出馬することを決めたとき、選挙スタッフでさえ、対立候補のカーリー・レイクを破る可能性はゼロに等しいと告げた。ホッブスは統計的不利に足をすくわれたくなかったので、自尊心のないディープ・ステーターなら誰でもすることをした」と、副提督は、ホッブスに不利な証拠を聞くためにJAGが選んだ3人の役員パネルに語った。

2022年8月22日頃、ホッブスはカリー・レイクを殺害し、彼女が実質的に無投票で出馬できるように画策したと副提督は説明した。

クランドール副提督はJAGの最初の証人として、ホッブスの選挙資金担当のローズ・フエルタを宣誓させた。彼女はホッブスが逮捕された9月26日に軍が逮捕した人物だ。彼女は元雇い主に不利な証言をするため、司法取引に応じたと伝えられていた。副提督は彼女に、法廷にいるホッブスに見覚えはないかと尋ねた。

「テーブルにいるのがケイティ・ホッブスです」とフエルタは言った。

「あなたは2022年8月、被告がカリー・レイクを暗殺させる計画を知っていましたか」とクランドール副提督は率直に尋ねた。

「知っていました」とフエルタは答えた。

「あなたがどのようにそれに気づいたのか、またあなたが知っている直接的な詳細をこの委員会に話してください」と副提督は言った。

「ケイティ被告は当時、世論調査がうまくいっていませんでした。選挙運動はほとんど毎日世論調査やアンケート調査を行っていましたが、彼女、ケイティ・ホッブスは、数字が気に入らないたびに、それはいつもでしたが、カリー・レイクにますます腹を立てていました。世論調査が悪化すればするほど、彼女はもっと酒を飲みました。ある日の午後、私は彼女の事務所で一緒にいたのですが、彼女はカリー・レイクを消せば勝てると言いました。最初は冗談か、酒のせいかと思いました。でも、彼女の目にはとても真剣な、決意のこもった表情が見えました。その2日後、彼女は私に、レイクを始末するために選挙資金から35万ドルを取り崩せと言いました」とフエルタは証言した。

彼女は “殺人”や “暗殺”という言葉を使いましたか?

「いいえ。彼女は “事故”と “失踪”と言いました」とフエルタは答えた。

「被告がなぜ35万ドルを欲しがったのか、あるいはあなたがそれを撤回するよう求めたのか、被告に尋ねましたか」と副提督は尋ねた。

「聞きたくなかったし、聞く必要もありませんでした。しかし、彼女は私が言ったように、かなり飲んでいて、カリー・レイクを消すためだと言っていました」とフエルタは言った。

「彼女の指示どおりに金を引き出したのですか?」とクランドール副提督。

フエルタは力強くうなずいた。「そうです」。

「彼女が自分で金を引き出せなかった理由はありますか?」と副提督が尋ねた。

「彼女はできたかもしれません」とフエルタは言った。

「しかし、そうすれば、その取引にはあなたの名前ではなく、彼女の名前が付いていたことになります」とクランドール副提督が言った。

「はい、そのとおりです」とフエルタはため息をついた。

ホッブスが自分の席から割って入った: 「ばかばかしい、でっち上げだ。ローズ・フエルタは自分のケツを守ろうとする利己的なクソ女だ。カリー・レイクについて酔っぱらってわめいたりはしていない。彼女を消すことを話し合う秘密会議もない。すべて作り話だ。もし金が紛失したのなら、初めて聞く話だ。もしそうなら、彼女は自分のために盗んだんだ」。

「被告を拘束しなさい」とクランドール副提督が命じると、2人の憲兵がホッブスに猿ぐつわをし、すでに手錠がかかっている手首をテーブルに縛り付けた。「ここでは手に負えない暴挙は許しません」。

彼は証人に視線を戻した。「フエルタさん、もし彼女の選挙資金が監査されたら、あなたが財務責任者であり、引き出しを承認したのだから、あなたが責任を問われることは知っていたはずです」。

「はい。しかし、彼女は非常に強力です。彼女は国務長官だったし、有力な友人もいた。正しいことではないと分かっていましたが、とても怖かったのです」と彼女は言った。

「お金を受け取って、どうしたのですか」と副提督は尋ねた。

「ケイティ・ホッブスに渡しました」。

「どこで被拘禁者ホッブスに渡したのですか?」

「事務所のそばの駐車場の私の車の中です」とフエルタは言った。

「それは彼女の意図的な指示ですか?」

「はい」と彼女は言った。

副提督はパネルに向かい、「私には密会としか思えません」と言いながら、出金レシートのスクリーンショットを見せた。「フエルタさんはホッブスを恐れていたかもしれないが、自分の生存のために保険をかけるほど賢かった」と述べた。

彼はホッブスがこう言っているのを録音した音声を聞かせた。 「よくやった、ローズ。全部ここにあるんでしょ? 私が数えないことを期待して、少しは自分のために取っておこうという誘惑には駆られなかったんでしょう?」と言ったのに対し、ローズ・フエルタは 「いいえ、奥様、そんなことは考えもしませんでした」と答えた。ホッブスの最後のコメント: 「あと数日で、カリー・レイクの問題は解決するわ」。

「フエルタさん、お金のやり取りを車の中で録音しましたね?”」とクランドール副提督が尋ねた。

「そうです。彼女にばれないかドキドキしていました」。

「彼女が誰に渡したか知っていますか?」

「知りません。知りたくもありませんでした」とフエルタは言った。

「この隠蔽工作はさておき、カリ・レイクは暗殺も失踪もされずに生きている。我々は知っている。フエルタさん、その後、お金やレイクの話が出たのですか?」とクランドール副提督が尋ねた。

「もちろんです。たぶん3日後、ケイティはカリー・レイクを消すために誰かに金を払った後、怖じ気づいたと私に言いました。もしカリー・レイクが消えたら、自分が第一容疑者になるのが怖かったし、支払った相手が35万ドルを返済しないことにとても腹を立てたから、中止したと言っていました。彼女は私に、カリー・レイクを打ち負かす別の方法を見つけると言いました。私が知っているのはそれだけです」とフエルタは言った。

副提督は証人を退席させた。「ホッブス被拘禁者が逃げ出したからといって、彼女が政敵の殺害を謀ったという事実に変わりはありません。フエルタさんのきょうの証言がそれを証明しています。そして彼女は殺人罪で刑務所に入る気はなかったので、古き良き選挙詐欺に頼ったのです」。

彼は、別の証人の到着を待って、法廷を水曜日の朝まで休廷させた。

ホッブスに関する前の記事

トランプの真実
RELATED ARTICLES

Most Popular

Recent Comments

ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
やまとたける の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 GITMO襲撃犯を特定
ナッキーこと山田直樹 の上 軍がビル・ゲイツに有罪判決を下す