木曜日, 2月 22, 2024
ホームFEMA海兵隊、テネシー州からFEMAを追い出す

海兵隊、テネシー州からFEMAを追い出す

By Michael Baxter – 2023年12月14日(Real Raw Newsより翻訳)

米国海兵隊は月曜日、テネシー州からFEMA(連邦緊急事態管理庁)を無情にも追い出した。FEMAは、冬の異常な竜巻が土曜の夜にナッシュビルとクラークスビルの一部を襲い、生活が一変した市民を恐怖に陥れ、略奪することを望んでいた。

激しい竜巻は6人を死亡させ、数十人を負傷させ、数千人が電力を失い、家屋は倒壊した。クラークスビルのジョー・ピッツ市長がFEMA第4地域長官ロバート・サマーンに電話したとき、彼はFEMAがすでにボランティアの州への遠征のために荷物をまとめていると聞かされた。ピッツもサマーンも電話に盗聴者がいるとは知らなかった。米陸軍サイバー司令部(ARCYBER)のホワイト・ハットが会話を盗み聞きし、スミス将軍のキャンプ・ペンデルトン事務所の仲間に知らせたのだ。

スミス将軍のオフィスの情報筋はReal Raw Newsに、ホワイト・ハットのリーダーシップが海兵隊の遠征ユニットが嵐に見舞われた地域を訪問するよう手配したと語ったが、彼はFEMAが海兵隊より先にテネシーに到着したことを認めた。

「それは我々の怠慢ではない。資源配分の問題だ。我々は現在、撤収作業や国内外での作戦に携わっており、2025年1月かそれ以前にトランプ大統領が正式に大統領に返り咲く際の道筋をつけている」と情報筋は語った。

月曜の夕方、テネシーに到着してから数時間以内に、海兵隊員たちはFEMAの工作員が人々の目を奪ったという話を聞き始めた。海兵隊員たちは、自宅の破片が散乱した跡の外で、妻のそばにうずくまっていた男性と話をした。彼は海兵隊員たちに、2,000ドルほどの非常用現金と家宝を手に、竜巻が家を襲い、ミキサーにかけられた大根のように家が細切れになる寸前に逃げ出したと語った。夫妻はその夜、友人の家に避難し、翌日の午後にホテルの空き部屋を探す予定だった。そのホテルに向かう途中、夫妻は重大なミスを犯した: FEMAの救援物資ステーションに立ち寄り、救援物資の回収用紙に記入し、数本の水を手に入れたのだ。

FEMAは男性の懸念を認める前に、彼が武装しているかどうかを知りたがった。FEMAは職員の安全を確保するために検査しなければならないと言った。海兵隊員たちは腰に拳銃を持っていたため、興奮した捜査官をなだめすかし、対立を避けるために降参したと彼は海兵隊員に語った。彼は、FEMAが連邦政府の “レッドフラッグ”法に基づき、合法的に所有していたシグ・ザウルP365を “押収”したと主張した。

「彼らは私に、私がビクビクして予測不能だったから銃を取り上げたのだと言った。ああ、緊張していたよ。 FEMAの4人に首を絞められながら尋問され、欲しかったのは書類と水だけだった」と男は海兵隊中尉に語った。

男の拳銃を盗んだFEMAは、次に「余剰」現金を持っているかどうか尋ねた。怒って混乱した彼は、妻と路上で寝たり、一時的な宿泊のために友人に迷惑をかけたりする必要がないように、2千ドル持っていると言った。FEMAは、即座に「財政支援」を受ける資格があるかどうかを判断するために、金を見せろと主張した。その男は、自分の気持ちをうまく表現できないほど興奮し、札入れを開けて100ドル札を23枚数え、「ほら、これで全部だ」と言った。

FEMAの担当者は、信じられないように彼をにらみつけ、こう言った。 「ここには2,300あるのに、なぜ2,000しかないと言ったのか? 他に何を言っていないんだ? 他に何を申告していないんだ?」

その男は、もう何も持っていないと捜査官に告げた。バイデノミクスによって破産し、今は取り壊された自宅のローンを払い、失業中の妻を養うためにできることをやりくりして給料をもらって生活している、と。

「あなたが嘘をついていることは今分かった。賃金は上がっているし、景気もいいからね。この現金は、あなたが正当に稼いだと証明できない限り没収する。民事資産没収法の下でそれを行うことができる」。

破産し、無防備になり、ホテルに泊まる余裕もなかった男性とその妻は、嵐を免れた近所の人たちの家に避難しなければならなかった。

「海兵隊がこの話を信じなかったわけではない。実際、FEMAの過去の行動と一致していた。彼らは直接確認したかったのです」と情報筋は言う。

月曜日の午後、海兵隊の軍曹が嵐の避難民に変装した。彼は制服を汚れたジーンズとオーバーサイズのパーカーに着替え、ニット帽を頭からかぶって髪型を隠した。FEMAの “救護所”に近づく前に、彼は拳銃を腰のベルトの後ろにしまった。仲間の海兵隊員たちは少し離れたところに潜み、彼の一挙手一投足を見張っていた。

海兵隊員が救護所に近づくと、FEMAのチンピラが言った。「病気なのか? この14日間にCovidに感染した誰かと接触していないか?」

軍曹は、健康には全く問題ないと言ったが、略奪者が荒廃した自宅に残っているものを物色し、略奪することを心配していた。

「そこに現金や金塊はありますか? あるいは身につけていますか?」 と、FEMA職員は尋ねた。

「いや、水が欲しいだけだ」と海兵隊軍曹は言った。海兵隊の軍曹は言った。

「FEMA職員は言った。もし何もお持ちでないなら、瓦礫の中にあるものを拝見しましょう」と、FEMA職員が言った。

「そうだな、何か持っているよ」と、軍曹が言った。

「それは何ですか?」と、FEMAの男が言った。

「これだ!」軍曹は拳銃を抜き、捜査官の胸に2発の弾丸を撃ち込んだ。それから標的を変え、ほんの1秒前まで大笑いしていた他の2人のFEMA職員にも銃弾を撃ち込んだ。

海兵隊は、FEMAの救護所で現金1万6,500ドルと金の宝石が入った鍵箱を発見した。

海兵隊の偵察隊と斥候/狙撃隊は、クラークスビルとナッシュビル周辺の6つのFEMA救護所を組織的に襲撃し、27人のFEMA職員を殺害または重傷を負わせ、50人以上を被災地から脱出させたと伝えられている。

情報筋によると、海兵隊は州間高速道路24号線沿いのナッシュビルから逃げようとした4台のFEMA車両を破壊し、クラークスビルとナッシュビルのFEMA救護所から盗まれた現金と宝石類14万ドル以上を回収したという。

「まだ完全な戦闘被害評価はできていないが、連邦政府の略奪者たちを押し出した。軽傷者は出たが、死者は出ていない。我々は、貧しい人々が金と持ち物を取り戻せるようにしている」と、情報筋は語った。

トランプの真実
RELATED ARTICLES

Most Popular

Recent Comments

ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
やまとたける の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 GITMO襲撃犯を特定
ナッキーこと山田直樹 の上 軍がビル・ゲイツに有罪判決を下す