木曜日, 2月 22, 2024
ホームアメリカディープ・ステートがホワイト・ハット・パイロットを殺す

ディープ・ステートがホワイト・ハット・パイロットを殺す

By Michael Baxter – 2023年12月22日(Real Raw Newsより翻訳)

ホワイト・ハットの調査によって、11月10日に地中海で行われた定期訓練飛行中に死亡した5人の米陸軍特殊作戦兵士の死因が明らかになった。

その日、MH-60はMC-130Pコンバット・シャドー・タンカーに給油した直後に火だるまになって海に墜落した。数日後、ロイド・オースティンの国防総省は事故について曖昧な説明をし、ヘリコプターの給油プローブがタンカーのドローグ(フレキシブルホースにバルブが取り付けられた「バスケット」)と不適切に結合したため、静電気放電が発生し、燃料に引火してヘリコプターが破壊されたと主張した。

訓練中の事故とはいえ、ホワイト・ハットはオースティンの説明を疑った。パイロットと副操縦士は第160特殊作戦航空連隊のメンバーで、2023年にエリック・M・スミス将軍のために4回の任務を飛行していたからだ。もしオースティンがパイロットの忠誠を発見したら、ヘリを破壊して他の兵士を殺してでも彼らの死を手配するだろう、と将軍のオフィスの関係者はReal Raw Newsに語った。

「私たちはすぐに疑惑を抱いたが、公式発表を聞いて疑惑はさらに深まった。12月上旬に起こったことが、それをより疑わしいものにした」と情報筋は語った。

12月8日、犯罪者バイデン政権に忠実な勢力は、MH-60とその乗員を水葬の墓場から掘り出した。契約した多目的船NGワーカー号が、ディープドローン遠隔操作車(ROV)に搭載された最新鋭の水中調査・回収装置を使って機体を回収した。ディープ・ドローンは4,100ポンド(約1.86t)のROVで、最大深度8,000フィート(約2.44km)までのサルベージ(海難救助)要件を満たすように設計されている。オースティンは、EODMU 8の司令官であり、タスクグループ(CTG)68.1の司令官であるジョン・ケネディ中佐が、悲嘆に暮れる家族に終結をもたらす手助けをした船上の全員を高く評価していると述べていた。しかし、ホワイト・ハットはそれが嘘であることを知っていた。ケネディ中佐は12月1日からハワイで長期休暇をとっており、引き揚げ作業のどこにもいなかったからだ。

オースティンは、残骸と死体はディープ・ステートの拠点であるデラウェア州のドーバー基地に運ばれたと主張した。事故調査官が残骸を復元し、何が爆発の引き金になったのか(パイロットのミスか、装備の欠陥か)をより正確に把握するためである。

「私たちは残骸がそこにあることを確認し、その時点での私たちの目標は、それを検査するために現場に人を集めることでした」と情報筋は語った。

スミス将軍は、ドーバー基地の第5列士官(政権の独裁的な支配を敬遠するが、必ずしも内戦に巻き込まれたくはない軍人)の好意に乗じて、組み立て直される残骸への立ち入りを許可した、と彼は付け加えた。あるスパイが将軍の付属部隊に驚くべきニュースを伝えた: 死者の遺体は火葬され、ヘリの残骸は格納庫に手つかずのまま散乱していた。彼がその残骸を調べる者を手配すると言うと、将軍の補佐官は「ノー」と言い、スミス将軍は自分の部下にMH-60の機体の断片を調べさせたいと言った。

そのスパイは、スミス将軍の要求に応じるために必要な糸を引いてみると言った。

12月17日、ホワイト・ハットの空軍調査委員会(AIB)調査官2人が、下院軍事委員会のために残骸を評価するために格納庫にこっそり近づいた。格納庫を警備していた米空軍警備隊は、ジョセフ・R・バイデン大統領かロイド・オースティン国防長官が承認した者だけが格納庫に入ることができ、不法侵入者を撃退するために殺傷力を行使する権限を与えられていると言って、この要求をはねつけた。

ホワイト・ハットに隣接するAIIBはサイレンサーを装備した拳銃を取り出し、警備員の頭を撃って殺害した。格納庫に入った彼らは、ヘリの残骸-粉々になったコンソール、壊れたローターブレード、破裂した燃料タンク、つぶれたアビオニクス(航空機のシステム)、壊れた機体-が無造作に散らばっているのを見た。AIBは、敵の増援が現場に到着する前に格納庫と基地を脱出する前に、急いで破片を拭き取り、ヘリの2番の燃料電池の通気口の破片を集めた。

情報筋によれば、スミス将軍はホワイト・ハットに友好的な軍とNTSBの専門家に調査結果を精査させたという。彼らの結論は、セムテックス(RDXとPETNを含む汎用プラスチック爆薬)の痕跡を座席のクッションとコックピットに発見したことである。

「誰かが仕掛けて爆発させたとしか考えられない。それ以外に論理的な説明はない。我々の考えでは、パイロットが我々のために働いていることを知った陰謀団は、メッセージを送りたかったのだろう。 政権を弱体化させるために働いているなら、死ね、というメッセージを送りたかったのだ。パイロットは小児性愛者の奴隷から子供たちを救った英雄であり、だからバイデンは彼らの死を望んだ。我々の仲間はリスクを承知でそれを受け入れている。安心してくれ、報復はある」 と、彼は言った。

トランプの真実
RELATED ARTICLES

Most Popular

Recent Comments

ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
やまとたける の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 GITMO襲撃犯を特定
ナッキーこと山田直樹 の上 軍がビル・ゲイツに有罪判決を下す