木曜日, 2月 22, 2024
ホームアメリカ海兵隊、トランプ大統領を州民投票から排除する投票をしたコロラド州判事を逮捕

海兵隊、トランプ大統領を州民投票から排除する投票をしたコロラド州判事を逮捕

By Michael Baxter – 2023年12月21日(Real Raw Newsより翻訳)

エリック・M・スミス将軍の事務所関係者がReal Raw Newsに語ったところによると、アメリカ海兵隊は21日、2024年の州民投票からドナルド・J・トランプ大統領の名前を削除することに賛成したコロラド州最高裁判事4人のうちの1人を反逆罪で逮捕した。

スミス将軍は、クランドール副提督が憲法修正第14条第3項に反する230ページに及ぶ判決を下したことを受けて、海兵隊をコロラドに派遣した 。その内容は以下のとおりである。「合衆国憲法を支持することを……合衆国役員として……宣誓したことのある者は、……文民であれ軍人であれ、合衆国のいかなる役職にも就いてはならない。 合衆国憲法を支持すると誓ったにもかかわらず、合衆国憲法に対する反乱や反乱に関与したり、合衆国憲法の敵に援助や助力を与えたりしてはならない」。

トランプは反乱罪で起訴されたわけでも有罪判決を受けたわけでもないので、クランドール副提督は、裁判所が憲法修正第14条の条文を歪めて、コロラド州民が選択した候補者に投票する憲法上守られた権利を否定し、コロラド州民とアメリカ合衆国に対する反逆罪を犯すという意図に合致させたと断じた。コロラド州民が憲法上保護されている、自分たちの選んだ候補者に投票する権利を否定し、コロラド州民とアメリカ合衆国に対する反逆を犯したのだ。起訴状を作成した後、副提督はスミス将軍に4人の犯罪者の逮捕を依頼した。

しかし、情報概要によると、4人の判事のうち3人は、トランプを2024年の予備選挙への参加資格から剥奪した直後、休暇のために 「消えた」ことが明らかになった。水曜日の午後にコロラドに到着した海兵隊員たちは、リチャード・ガブリエル、メリッサ・ハート、モニカ・マルケス、ウィリアム・フッドの家に監視体制を敷いた後、この報告を確認した。この4人組は、J6(1月6日事件)の出来事がトランプ大統領によって始められた反乱と反乱であると判断することに「ほとんど困難はなかった」と述べた。

4人のうち、モニカ・マルケス判事だけは、レズビアンであり、コロラド州LGBT弁護士会メンバーであり、イェール大学ロースクール卒で、公示された住居にいた。ちなみに彼女は、オーロラとデンバーの子供向け図書館で「ドラッグクイーンの紙芝居の時間」に講演したことがある。他の3人の裁判官の自宅は暗く、閑散としていて、動きがなかった、と海兵隊はスミス将軍のオフィスに報告した。

「将軍は4人全員を同時に捕まえようとしましたが、一人の方がましだと判断し、海兵隊にマルケスを逮捕するよう指示しました。彼はディープ・ステイターが常に犯罪現場に戻ってくることを考え、この先2度目のチャンスがあると考えました。”ネズミと人間の最善の計画”って言うでしょう?」

海兵隊は、マルケスの恋人と思われる身元不明の女性が立ち去るまで、数時間マルケスの住居を観察していた。彼らは無線警報システムを無効にし、玄関のドアを破って中に突入し、キッチンで大声で叫びながら驚いたマルケスと対峙した。

海兵隊が逮捕状を見せ、手錠をかけると、彼女は「私は州の最高裁判事です。ドナルド・トランプの差し金か?」と言った。

マルケスを取り押さえた海兵隊は家宅捜索を行い、いくつかの電子機器と2台の携帯電話を押収した。そのうちの1台には、フロリダ州パームビーチの小売店の外でバロンとメラニアが密かに撮影したと思われる写真を含む、トランプ一家の写真があったと情報筋は語った。

「見たところ、誰かが彼らを尾行して写真を撮っていたようです。マルケスがなぜこのような写真を撮りたかったのか、今は誰にも分かりません。我々は、彼女が近々GITMOに移送されるまで、安全な場所にいます」と、情報筋は語った。

トランプの真実
RELATED ARTICLES

Most Popular

Recent Comments

ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
やまとたける の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 GITMO襲撃犯を特定
ナッキーこと山田直樹 の上 軍がビル・ゲイツに有罪判決を下す