日曜日, 5月 19, 2024
ホームアメリカJAG、ウクライナ人犯罪者を処刑

JAG、ウクライナ人犯罪者を処刑

By Michael Baxter -2024年1月17日(Real Raw Newsより翻訳)

アメリカ海軍法務官兵団は1月9日、ウクライナ大統領補佐官のアンドリー・ヤーマクとユリア・スビリデンコ経済相を処刑するという約束を果たした。彼らは今月初め、キャンプ・ブラズで米国に対するスパイ行為で有罪判決を受けた。

アメリカの税金で一時的に潤っていたこの暴君二人組は、先週水曜日の早朝、キャンプ・ブラズの絞首台の上に立っていた。JAGと軍事委員会事務局は、不朽の自由作戦のベテランである海兵隊の下士官、ダニエル・A・ソト少佐を絞首刑の監督に選んだ。我々の知る限り、将校ではない者がディープ・ステートの暴君の処刑を指揮したのは初めてのことである。

絞首台の足元に立ったソトは、ウクライナの犯罪者たちに対する自分の考えを恥ずかしげもなく語った。ソトは、ウクライナの犯罪者たちを、あくなき貪欲と合法的な統治を蔑ろにすることで犯罪に走らせた、狡猾な凶悪犯、不名誉な専制君主と呼んだ。新世界秩序の下僕であり、ヴォロディミル・ゼレンスキーと犯罪者ジョセフ・R・バイデンの従者であると。罪のない人々を搾取し、ラテン語で”それ自体が悪である犯罪”を意味する “malum prohibitum”は、絶対的な罰を正当化する。

ソト少佐は、死刑執行における自分の役割をリハーサルしていたかのように見えた。

そして、彼は自分の辞書を緩め、ヤーマクとスビリデンコを単に “ナメクジ”と呼んだ。

ソト少佐は言った。「言いたいことがあるなら、許しを請う言葉であってほしい。私は君たちを許すことはできないが、全能の神は許してくれるかもしれない」。

スビリデンコが最初に話した。「もし私が死ぬなら、ゼレンスキー大統領のために死にます。ゼレンスキー万歳」と片言の英語で言った。

ヤーマクは言った。「未来は避けられない。止めることはできない。始まったことは止められない。私はウクライナのために、そしてウクライナ合衆国のために死にます」。

「それを期待しろと私は言われた」と、ソト少佐は、死刑囚の背後で待機している吊り手たちをジェスチャーで示しながら言った。

吊り手たちは黒い袋を彼らの頭にかぶせ、首に巻かれたロープを再確認し、試練を速やかに終わらせるボタンを押した。死亡時刻はそれぞれ午前10時57分と11時3分と記録された。

トランプの真実
RELATED ARTICLES

Most Popular

Recent Comments

ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
やまとたける の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 GITMO襲撃犯を特定
ナッキーこと山田直樹 の上 軍がビル・ゲイツに有罪判決を下す