木曜日, 2月 22, 2024
ホームアメリカ海兵隊、ジョン・ケリー前ホワイトハウス首席補佐官を逮捕

海兵隊、ジョン・ケリー前ホワイトハウス首席補佐官を逮捕

By Michael Baxter -2024年1月23日(Real Raw Newsより翻訳)

ジョン・ケリー前ホワイトハウス首席補佐官が昨夜、ペンシルベニア州の田舎にある彼の家で反逆罪で米海兵隊に逮捕されたと、エリック・スミス将軍の事務所の関係者がReal Raw Newsに語った。彼は、エリート斥候/狙撃兵小隊がケリーの4エーカーの牧場を取り囲み、ケリーが両手を頭の上に上げて、丸腰で外に出る命令を拒否した後、それを襲撃したと言った。

ケリーは米海兵隊員で、2017年に政治の世界に入り、2017年7月31日から2019年1月2日の間、第5代アメリカ合衆国国土安全保障長官、後に首席補佐官を務めた。それ以前は、バリー・ソエトロとしても知られるバラク・フセイン・オバマの下で米南部軍司令官を務めた。ケリーは海兵隊出身で、ベトナム戦争中に海兵隊に入隊し、瞬く間に出世し、2012年から2016年まで4つ星将官を務めた。

昨日のケリーの逮捕は、彼がCNNのジェイク・タッパーとの電話インタビューで、合法的な最高司令官であるドナルド・J・トランプ大統領を中傷した直後のことだった。

「まだ言われていないことに、何を付け加えればいいのだろう?軍服を着て国を守る人、戦闘で撃墜されたり重傷を負ったりする人、捕虜として拷問を受けながら何年も過ごす人を、『自分たちには何の得もない』から、みんな『カモ』だと思っている人。軍人の両手切断者の前では、『自分には似合わない』という理由で見られたくなかった人物。2016年の選挙期間中、テレビでゴールドスターの家族(すべてのゴールドスターの家族)に対して公然と侮蔑を示し、アメリカの防衛に命を捧げた最も尊い英雄たちは『負け犬』だとわめき、フランスにある墓参りもしない人物」とケリーはトランプ大統領について語った。

「胎児の生命保護、女性、マイノリティ、福音派キリスト教徒、ユダヤ人、働く男女に対する立場について、真実を語っていない人物」とケリーは続けた。「アメリカが何を支持し、アメリカとは何なのか、まったくわかっていない。平時と戦争で40年間国のために尽くしてきた無私の戦士に、誰かが行動を起こすことを期待して、反逆罪で命を落とすべきだと軽率に提案する人物。独裁者や殺人独裁者を賞賛する人間。民主主義制度を軽蔑している。これ以上何も言うことはない」。

「トランプは反乱主義者だ。これ以上言うことはない。神のご加護を」とケリーは締めくくった。

我々の情報筋は、ケリーの逮捕とタッパーへの発言のタイミングは偶然であり、米海兵隊は彼の不愉快な発言の前にすでにペンシルバニアにおり、ケリーを逮捕する態勢を整えていたと主張した。ホワイトハウスで働いていたとき、ケリー氏はホワイトハウスを “働くにはひどい場所”、ドナルド・トランプ氏を “一緒に働くにはひどい人”と呼んだ。彼は数々のインタビューでトランプ大統領に陰口を叩き、マイケル・ペンスを真のアメリカン・ヒーローと呼び、トランプを殺伐とした人間と呼んでいる。

「私の知る限り、トランプ大統領とスミス将軍はケリーについて話していない。トランプ大統領は事前に相談も受けていないし、作戦を知らされてもいない」と、このタイミングについての質問に対し、情報筋は答えた。「多くの裏切り者のように、ケリーは永遠に私たちのリストにあった。そして、我々はできる限りリストを作業してきた。これは偶然であり、ケリーの逮捕は反逆罪の証拠に基づいており、トランプ大統領に対する彼の感情ではない」。

我々の情報源は、証拠の大部分がケリーの法廷において明らかにされるであろうと言い、彼は、ケリーが犯罪者ヴォロディミル・ゼレンスキーとのバイデン政権の同盟を促進するためにディープ・ステートと共に働いたことに関連すると言及した。

「彼の犯罪は反逆的であり、アメリカ社会の土台を崩す恐れがある。今言えることはそれだけです」と情報筋は語った。

ケリーの反逆容疑にもかかわらず、スミス将軍は、戦時中に人命を救い、その愛国心がアメリカ史に記録されるであろう海兵隊将校を逮捕することに強い不安を感じていたと伝えられている。

「兄弟を逮捕する。ケリー将軍を逮捕するんだ」とスミス将軍は小隊に言った。

RRNが確認した事後報告によると、小隊は月曜日の午後11時にケリーの家を包囲した。小隊のリーダーである2等陸尉は雄たけびを上げ、両手を頭の上に高く掲げて家から出てくるようにケリーに命じたが、不機嫌な態度で知られるケリーは開いた窓からこう叫んだ。「だから、こうなったんだな。トランプとあの裏切り者のスミス将軍がおまえを送り込んだんだろう? 彼らが私を必要とするなら、私を捕まえに来なければならない。俺はおまえたちよりずっと海兵隊員だ」。

ケリーはライフルの銃口を窓の外に向け、威嚇射撃を行った。海兵隊は発砲を止めた。中尉は、ダース・E・クランドール副提督が署名した合法的な逮捕状を持っており、ケリーを裁判にかけるために “必要なあらゆる力”を使う権限があると言った。彼は、海兵隊が32対1で彼を上回っていることを不祥事を起こした将軍に知らせ、ケリーが彼のディープ・ステートの同盟国に連絡するのを防ぐために、携帯電話の妨害装置を配備した。中尉は、逃げ場がないと言った。

ケリーはさらに数発発砲した。気合の入った海兵隊員が突進し、一部開いた窓から催涙ガスを発射した。同時に、海兵隊員が隠れた位置から現れ、家に閃光手榴弾を打ち込み、ケリーの家の玄関のドアを叩き壊した。ケリーはガスマスクを持っていたとしても、脇に置いておくのを忘れていた。海兵隊が居間に入ったとき、ケリーは床に突っ伏して息をのみ、親指で目をこすっていた。

彼はそのまま逮捕され、尋問のために処理センターに連れて行かれた。

「勲章を授与された将校たちがディープ・ステートに売られるのは本当に残念だ。彼らがかつて英雄だったことは問題ではない。今や彼らは裏切り者であり、裏切り者の裁判を受けることになる」と情報筋は述べた。

トランプの真実
RELATED ARTICLES

Most Popular

Recent Comments

ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
やまとたける の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 GITMO襲撃犯を特定
ナッキーこと山田直樹 の上 軍がビル・ゲイツに有罪判決を下す