日曜日, 6月 16, 2024
ホームNIHNIH長官アルフレッド・ジョンソン、海兵隊員にいたずらされ絞首刑に

NIH長官アルフレッド・ジョンソン、海兵隊員にいたずらされ絞首刑に

By Michael Baxter -2024年1月25日(Real Raw Newsより翻訳)

アルフレッド・ジョンソン元NIH副所長は水曜日、キャンプ・ブラズで絞首刑に処された。しかしそれは、6月にGITMOのMPがグレッチェン・ウィトマーに仕掛けたいたずらを、海兵隊の護衛が忠実に真似た後であった。クランドール副提督が彼女の容疑を晴らす証拠を見つけて、即時釈放を命じたと誤解させたからだ。

この噂は、軍の非公式な連絡網によって広まったようだ。

水曜日の午前9時、海兵隊は寂しげなジョンソンを独房から連れ戻し、バイデン大統領とモニカ・M・ベルタニョーリNIH所長が彼のアメリカ本土への帰還を画策したことを告げた。彼らはジョンソンに、出航準備の整った小型船が波止場にあり、より大規模な脱出作戦の一部であることを告げた。さらに海兵隊は、バイデンが海軍の駆逐艦を手配してジョンソンをフェリーで帰国させたと言った。小型船がジョンソンを駆逐艦まで運ぶのだという。

海兵隊員たちはジョンソンに、時間が最も重要であり、『本物の海兵隊員』が間もなく到着し、彼を絞首台へ運ぶだろうと言った。

「私のために?」ジョンソンは信じられないように言った。「私は消耗品だと言われた。私は本当に必要とされているのだろう。それなら急いだ方がいい」。

海兵隊員に目隠しをされて、ジョンソンはもう一度ためらった。「どうやって行き先を確認するんだ?」

「私たちが先導します。怪しまれないように目隠しが必要だ。生きていたいなら、今すぐ行こう」とジョンソンは言われた。

ジョンソンは、他の海兵隊員6人が独房の廊下の両脇に陣取り、兄たちがアイドリング中のハマーに向かって彼を外に誘導する間、笑いをこらえるのに必死になっているのを見ることができなかった。

「よく来てくれた。どうしてこんなに時間がかかったんだ?」とジョンソンは言った。

「黙れ。黙れ。俺たちはおまえをここから連れ出すために給料をもらっているんだ」と海兵隊員が言った。

数分間運転した後、海兵隊員の一人がもう一人に、誰かに尾行されているのではないかと尋ねた。

助手席の海兵隊員が「いや、もう大丈夫だ」と言った。「ジョンソン、噂は本当なのか? 生物兵器で人体実験したって? 俺たちには関係ないだろ」。

「ホームレスは人間じゃない」とジョンソンは言った。

「冷血だな。もうすぐだ」と運転手が言った。

ハマーが止まった。海兵隊員がジョンソンの目隠しを外した。険しい絞首台が目の前に立ちはだかり、ジョンソンは気が動転しているようだった。

海兵隊員がクスクス笑うと、ジョンソンは「あー、くそー」と言った。

車両を降りたジョンソンは、処刑の指揮官であるウィルソン少将に、”だました”海兵隊員にだまされたのだから釈放すべきだと告げた。

「後で始末をつける。しかし、あなたはそれに騙された。ディープ・ステートの知性については、あまり多くを語っていない」と副提督は言った。

処刑は予定どおり続けられた。ジョンソンは最後の儀式を拒否した。彼の最後の言葉-「この代償は払ってもらう」-は、床が彼の下から落ちるとき、かろうじて彼の唇から漏れた。

グアムのある情報筋はReal Raw Newsに、悪ふざけをした者たちが受けるのは、下品な振る舞いをしたことに対する正式な叱責と60日間のトイレ当番くらいだろうと語った。

「我々はそれを容認しません。海兵隊員としてあるまじき行為であり、規律に反する。しかし、彼らも人間だ。気が動転し、判断に迷うこともある。どんな罰が下ろうとも、本当に恐ろしい人物にいたずらをしたのだから、安いものだと考えたのだろう。非公式に言えば、彼はどうせ絞首刑になるのだから、何の問題もないだろう」。

トランプの真実
RELATED ARTICLES

Most Popular

Recent Comments

ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
やまとたける の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 GITMO襲撃犯を特定
ナッキーこと山田直樹 の上 軍がビル・ゲイツに有罪判決を下す