木曜日, 2月 22, 2024
ホームGITMOグレッチェン・ウィトマー、GITMOで絞首刑

グレッチェン・ウィトマー、GITMOで絞首刑

By Michael Baxter – 2023年6月26日(Real Raw Newsより翻訳)

軍事法廷がグレッチェン・ウィットマーに反逆罪の有罪判決を下し、絞首刑を言い渡したとき、失脚したミシガン州知事は判決を嘆き、ダース・E・クランドール副提督が弁護人の権利を否定したと非難した。彼女はキャンプ・デルタ版の死刑囚監房に入れられ、まだ裁判の日を待っている収監者たちとは別に隔離された独房棟で、自分の無実を証明するための再審をひたすら要求した。

その口うるささは、ウィットマーに残酷な悪ふざけをするほどスタッフをいらだたせた。

6月22日午前9時、憲兵隊は、クランドール副提督が彼女の無罪主張を裏付ける証拠を見つけて、評決を一方的に「無罪」に修正したという朗報でウィトマーを目覚めさせた。

彼らはウィットマーに、彼女をリーワード・ポイント飛行場まで護送し、そこで燃料を満タンにした飛行機が待機しており、これ以上遅れることなくミシガン州の自由な場所まで飛んでいくようにとの命令を伝えた。

ウィットマーは、5月30日の逮捕以来初めて、にっこりと笑みを浮かべたと伝えられている。高揚したウィットマーは、憲兵がハマーの後部ドアを開けると世間話をし、クランドール副提督が証拠を司法的に評価し、彼女が犯罪を犯していないことを認めたことに拍手を送った。彼女は知事の職務を再開することを熱望し、大統領選への願望さえ自慢したという。

しかし数分後、ウィットマーは、なぜハマーが基地のウィンドワード側とリーワード側を行き来する人や車を運ぶフェリーのある南ではなく、マリンヒルに向かう北に向かって走行しているのかを知りたがった。

運転手はウィットマーに、彼女の “免責書類”を取りに立ち寄る必要があると言った。

それからウィットマーは、更地と絞首台とクランドール副提督を見た。

絞首台の上には絞首刑執行人と海軍の牧師が立っていた。

「嘘をついたな」とウィットマーは怒鳴った。

運転手は「ちょっとしたミスで、嘘ではありません」と答えた。

ウィットマーは抗議し、クランドール副提督と憲兵に騙されたと告げた。その日に処刑されるとは誰も言っていない、と彼女は訴えた。副提督は儀礼に違反した憲兵に激怒し、彼らを処分すると言ったが、彼らの不適切な行動はウィットマーの運命には関係ないと言った。

別の二人組の憲兵が彼女を壇上に案内し、絞首刑執行人がゆっくりと彼女の首に縄をかけた。

恒例のように、副提督はウィットマーに、最後の儀式と悔恨の声明のどちらを望むか尋ねた。

彼女は、話したい相手はバイデンとカマラ・ハリスだと言った。

副提督は絞首刑執行人にスイッチを入れるよう指示し、その1秒後、ウィットマーはロープから振り下ろされ、唇から小声のうめき声を漏らした。

彼女は数分後、正式に死亡が確認された。

「また一人、Covidクイーンがいなくなった」とクランドール副提督は言った。

あるGITMOの情報筋がReal Raw Newsに語ったところによると、このいたずら好きな憲兵たちは無許可のユーモアのために懲戒処分を受けたという。

トランプの真実
RELATED ARTICLES

Most Popular

Recent Comments

ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
やまとたける の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 GITMO襲撃犯を特定
ナッキーこと山田直樹 の上 軍がビル・ゲイツに有罪判決を下す