火曜日, 6月 18, 2024
ホームアメリカホワイト・ハット、テキサスへ

ホワイト・ハット、テキサスへ

By Michael Baxter -2024年1月27日(Real Raw Newsより翻訳)

エリック・M・スミス将軍の事務所の情報筋がReal Raw Newsに語ったところによると、ライフル銃の木箱とカミソリワイヤーの束を積んだホワイト・ハットの車列が金曜日の午後、テキサス州イーグル・パスに到着した。

エリック・M・スミス将軍とホワイト・ハット評議会は、連邦国境警備隊が不法入国者やテロリストがテキサス州本土に足を踏み入れるのを防ぐため、リオ・グランデ川に張り巡らされた金属ワイヤーを撤去することを認める連邦最高裁判所の判決を受け、迅速な配備を承認したという。

同裁判所の5対4の判決は、テキサス州が移民による高波から市民を守る主権を有しているかどうかを問うものである。テキサス州知事のグレッグ・アボット氏は、政権が新たな不法入国者をすべて終生民主党員とみなしているため、テキサス州との協定を破っていると非難し、移民急増を “侵略”とレッテルを貼っている。

裁判所の裁定は、国境の町イーグル・パスにある市所有の公共公園で、アメリカへの進入路でもあるシェルビー・パーク付近のカミソリ・ワイヤーを切断する許可を国境警備隊に与えたが、テキサス州兵が新しいワイヤーを張り巡らすことを妨げるものではなく、それは記録的なペースで行われている。このエスカレートは、テキサス州兵とホワイト・ハットが “バイデン陰謀団のゲシュタポ”と呼んでいるものとの間で、何度かのにらみ合いを引き起こしている。

この対立は、全面的な内戦の様相を呈しており、20州の知事が、連邦法に対するアボット知事の反論を支持することを表明している。

情報筋によると、スミス将軍のオフィスは、連邦法の意図的な解釈ミスの直後、アボット州知事と話したという。

「将軍はアボット知事に、24時間以内に部隊を招集し、トラックを用意できると伝えた。テキサスは過去に我々を助けてくれた。彼は両手を広げて我々を歓迎すると言った」と情報筋は語った。

我々の情報筋は、テキサスに派遣された人数を数え上げようとしなかったが、タスクフォースには海兵隊と米陸軍レンジャーが含まれていると述べた。長さ50フィート(約1.5メートル)の “何百本ものワイヤースプール”という彼の言葉は、いざとなれば連邦政府のチンピラどもに対抗できる態勢をほのめかしている。彼は、この対策本部はテキサス州兵の制服に身を包み、連帯感を示すと述べた。

「我々の目標は、国境警備隊が憲法上の宣誓に違反することなく、それを守るよう優しく説得することです。彼らがその忠告に耳を傾けてくれることを願っています。我々は流血が目的ではありませんが、連邦軍と対峙することに躊躇はありません」と情報筋は言う。

トランプの真実
RELATED ARTICLES

Most Popular

Recent Comments

ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
やまとたける の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 GITMO襲撃犯を特定
ナッキーこと山田直樹 の上 軍がビル・ゲイツに有罪判決を下す