木曜日, 2月 22, 2024
ホームCovid-19JAG、WHOのチンピラに有罪判決

JAG、WHOのチンピラに有罪判決

By Michael Baxter -2024年1月29日(Real Raw Newsより翻訳)

2024年1月25日 グアンタナモ湾、南裁判所

チクウェ・イヘクウェズ博士は、ダース・E・クランドール副提督の冒頭演説の間、沈黙を守るよう何度も警告を無視したため、軍事法廷から追放され、略式判決を下されると脅された。3回目の警告をはねつけた後、12月に米海兵隊がスパイ行為と米国民に危害を加える共謀の疑いで逮捕したイヘクウェズは、JAGには世界有数の保健当局のメンバーを逮捕したり、刑事告発したりする権限はないとして、審理に異議を唱えた。彼は、副提督が自分を “被拘禁者”と呼んだことに異議を唱えた。

「私は被拘禁者ではありません。私はチクウェ・イヘクウェズ博士で、疫学専門医の資格を持つ。こんなことは許されない。これは私の不可侵の人権の侵害です。しかるべき当局に正式な抗議を申し立て、あなたがたは責任を取らされるでしょう」とイヘクウェズはクランドール副提督に言った。

「あなたの場合、被拘禁者イヘクウェズ、私たちこそが適切な、そして唯一の権威なのです」と副提督は答えた。「あなたの暴言が続くようなら、この委員会を休会し、独断で判決を下します」。

「説明しなさい。どういう意味ですか?」とイヘクウェズは言った。

「あなたは有罪となり、処刑されるでしょう。その説明で十分ですか?」と副提督はぶっきらぼうに答えた。

そのとき、イヘクウェズは弁護席で傍らに座っていたJAG選任弁護士と相談した。イヘクウェズは手首の拘束具を引っ張り、足かせをはめられた足をちらりと見た。彼のささやきは、言葉を重ねるごとに騒々しいおしゃべりになっていった。弁護士は明らかに動揺し、両手のひらを外側に上げて観念した。彼は震える声でクランドール副提督に、依頼人は自分に対する容疑を理解していないと説明した。

「あなたは45日間も拘留の準備をしなかった。そう言いたいんですか?」と副提督は尋ねた。

「いいえ。私はイヘクウェズ博士に熱心に説明し、証拠開示ファイルも見せました。彼は、罪状が自分に当てはまらないので理解できないと言います。イヘクウェズ博士は証言を希望しているようですが、私は反対しました」と弁護人。

副提督は被拘禁者に向かって言った: 「これはあなたの意志ですか? 反対尋問の結果を十分に理解した上で、あなたのために証言したいということですか?」と副提督は言った。

「私に選択の余地がありますか? あなたがたは誰も私を助けてくれません。ここで起きたことは犯罪であり、私は自分の名誉を守らなければなりません」とイヘクウェズは言った。

「それなら、この法廷を速やかに終わらせるために、私たちはこうして話を進めることにしよう」とクランドール副提督が言った。

憲兵がイヘクウェズの足の拘束を解き、証言台に案内し、そこで彼は宣誓し、懲罰の脅しのもと、真実、完全な真実、そして真実以外を語らないことを確認した。クランドール副提督は、イヘクウェズの弁護士が直接尋問を開始する間、JAGがこの裁判を裁くために任命した3人の将校の横に座った。

「イヘクウェズ博士、あなたは疫学博士です。ナイジェリア大学、ハイデルベルク大学、ハインリッヒ・ハイネ大学で学位を取得し、専門は熱帯病です。2021年11月、あなたはWHOの保健緊急情報・サーベイランスシステム部門の事務局長補佐に任命され、それ以前はナイジェリアのCovid-19に関する大統領タスクフォースのメンバーでした。あなたの経歴に問題はありません。その発言は事実ですか?」

「はい、誇りに思います」とイヘクウェズは答えた。

「2023年12月3日頃、あなたはCDCのマンディ・コーエン所長から、JN.1と指定されたCovid-19株の出現に関するCDCの緊急対応チームとの会合に出席するよう招待を受けた。その会議の前に、あなたはメリーランド州アナポリスのホテルの外にいたところ、アメリカ海兵隊に声をかけられ誘拐された。それは事実ですか?」。

「事実です。彼らは私に暴力をふるったのです」とイヘクウェズは言った。

「異議あり: 弁護側は事実を偽っています。被拘禁者イヘクウェズは誘拐も暴力も受けていない。彼は、私が署名した軍の逮捕状に基づいて逮捕されたのです」とクランドール副提督。 「気をつけなさい、カウンセラー、薄氷を踏む思いだ」。

「言い直そう: イヘクウェズ博士、あなたは自分の意思に反して拘束され、スパイ行為とアメリカ市民に危害を加える陰謀で起訴されると告げられました。それは本当ですか?」と弁護人。

「そう言われましたが、すべて嘘です。私は無実です」とイヘクウェズは言った

「イヘクウェズさんは、新しい社会的距離の取り方、マスキング、ワクチン接種の義務化について、マンディ・コーエンと電子メールや音声による会話を交わしたことがありますか」と弁護人は質問した。

「助言はありましたが、強制はありませんでした。私は自分の仕事をしたまでです」とイヘクウェズは言った。

「それが何なのか、パネルに説明してください」と弁護団は質問した。

「パンデミックの予防と緩和です。マスキング、社会的距離の取り方、ワクチン接種がCovid-19の蔓延を防ぐ方法であり、私はそれについて助言しています。私は、世界中の何万人もの医療関係者と同じことをしています」 とイヘクウェズは言った。

「ありがとうございます。もう質問はありません」と弁護人は言った。

副提督は席を立ち、被告に近づいた。

「イヘクウェズ被告、Covid-19の予防接種は受けていますか」と副提督は尋ねた。

「どういう質問ですか? もちろん予防接種は受けていますし、半年ごとに定期的にブースターも受けています」 とイヘクウェズは答えた。

「興味深い」と副提督は言い、逮捕されたイヘクウェズの血液検査結果のコピーをパネルに見せた。「抗体価検査の結果に注目してください。もし彼が主張するように、この被拘禁者が6か月ごとに抗体価を上げたのであれば、血液検査でCovid-19抗体が検出されるはずです。彼はワクチン接種を受けていない。このことを説明できますか、被拘禁者イヘクウェズさん?」

「はい、説明できます。検査が間違っています。あるいは、あなたが結果を捏造したのです」。

服提督は、グアンタナモ湾海軍病院の有資格の医療技術者が検査結果をトリプルチェックし、イヘクウェズの血液にCovid-19抗体がないことを立証し、彼がCovid-19凝血塊を注射されたことがないことを証明したと主張した。そして彼は、12月初旬にイヘクウェズがマンディ・コーエンと交わした電子メールのコピーをパネルに手渡した。彼はその中の一通を読み上げ、イヘクウェズの言葉を引用した。

「WHOは間もなく、JN.1の蔓延を緩和するために予防的なシェルター・イン・プレース命令を勧告する。私たちが会うときには、社会を自分自身から守るための医療戒厳令の利点について議論することが不可欠であり、米国がその道をリードすべきです。もしあなたの政権とバイデン大統領が新たな命令を発表すれば、他の国々はあなたに続くだろう。このメールを書いたのはあなたですか?」

「私が書きました」とイヘクウェズは誇らしげに答えた。

「あなたが “医療戒厳令”という言葉を使っているのは興味深い。医者から聞く言葉とは思えない……もっと……臨床的なものを期待していたのだが」と服提督は言った。「我々は、あなたのように予防接種を受けていないが、1,700万人の死亡につながった実験的な “ワクチン”を世界中に接種しようとした、いわゆる医療専門家を有罪とし、処刑した。危害を加えるな、そうでしょう、被拘禁者イヘクウェズ?」

「異議あり: 反論です」と弁護人。

「私はそれを認め、コメントを撤回します」。副提督はそう言った。

そして、イヘクウェズがCDCのニラブ・D・シャー副所長に、米国は “陰湿に”ロックダウンを実施し、RFIDワクチン・パスポート・プログラムを導入しなければならない、と語った電話会談の記録をパネルに示した。Ihekweazuはワクチン未接種者を収容する収容所の創設を奨励した。彼が使った「服従」「抑圧」「自由の否定」といった言葉は、クランドール副提督を激昂させ、パネルの間に波紋を呼んだ。

「あなたはシャアに、ワクチンへの抵抗感を克服するための “解決策”があり、それについて直接話し合うと言いましたね」と副提督は尋ねた。

「そうです。それが私の仕事です。ワクチンとマスクの否定論者は、社会に対して明白な危険をもたらしています。ワクチン未接種者を隔離することは、蔓延を緩和するための人道的な方法です」と、イヘクウェズは言った。

「私たちはそれを監禁と奴隷化と呼んでいます」とクランドール副提督は反論した。「そして、ワクチン未接種のあなたは、あなたが大好きな拘置所の第一候補になるのでしょうね……最後のコメントは撤回します」。

副提督は不吉な声で、CDCやNIHの職員との関係や、社会へのワクチン接種計画について、イヘクウェズを1時間問い詰めた。イヘクウェズは、ワクチン接種の義務付けと埋葬は、ワクチン未接種者からワクチン接種者を守るための単純な慎重さであると語った。彼は、ワクチン接種の強制は博愛のジェスチャーであり、民衆への贈り物であるかのように語った。

「あなたは分かっていないのです」と彼はクランドール副提督に言った。「私は自分の仕事をしているし、これからもそうするつもりだ」と。

クランドール副提督は身震いした。彼はイヘクウェズを、強欲で情け容赦のない愚かな生き物であり、人道に反する、しかし訴追可能な犯罪を企む無慈悲な犯罪者だと呼んだ。イヘクウェズは態度を変え、突然冷たくなった: 「私はアメリカが嫌いだ。傲慢で、高慢で、科学を否定している。私がしてきたことはすべて、予防接種を受けた者とそうでない者が交わることがないようにするためだ」。

「JAGは裁判を中断する。これ以上の証拠は必要ない」と副提督は言った。

委員会はイヘクウェズを全容疑で有罪とし、最高刑である死刑を勧告した。

クランドール副提督は2024年2月2日に死刑執行を予定している。

トランプの真実
RELATED ARTICLES

Most Popular

Recent Comments

ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
やまとたける の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 GITMO襲撃犯を特定
ナッキーこと山田直樹 の上 軍がビル・ゲイツに有罪判決を下す