日曜日, 6月 16, 2024
ホームアメリカロシアの主張:ウクライナでオースティンが死亡

ロシアの主張:ウクライナでオースティンが死亡

By Michael Baxter -2024年1月7日(Real Raw Newsより翻訳)

ロイド・オースティン国防長官が1月3日、キエフで殺害されたとされる。ロシアの巡航ミサイルが、オースティンとウクライナ軍総司令官ヴァレリー・ザルジニ中将が、「プーチンを屈服させる」ための非対称攻撃について密会していた司令部壕を直撃したのだ。ウクライナにおけるプーチンの特別軍事作戦の背後にある貴重な情報と真実を提供することで知られるロシア連邦保安庁(FSB)の情報筋の主張である。

しかし、FSB諜報員アンドレイ・ザハロフの話は、オースティンが未知の病気でウォルター・リード病院に密かに入院していたという政権の説明と真っ向から矛盾する。金曜の夕方、ポリティコがオースティンが入院し、上司であるジョセフ・R・バイデン大統領に連絡することなく1週間入院していたという記事を掲載したため、熱狂的なメディアは大騒ぎになった。この報道は瞬く間に政府全レベルを巻き込む想像を絶するドラマへと発展し、複数の議員がオースティンの判断ミスや透明性の欠如を理由に一挙に辞任を求めた。オースティンの抜き打ち不在は、政権維持に奮闘する犯罪政権を困惑させた。

ザハロフは病院の話に反論している。というのも、オースティンとウクライナのお偉方たちは、キエフ中心部のペチェスクリ地区の通りの地下20フィート(約3メートル)にある安全な軍の司令部だと思われる場所に隠れていたからだ、と彼は主張している。

ロシアの諜報機関は、2023年初頭以来、オースティンのウクライナへの出入りを追跡するのに苦労したと彼は付け加えた。ザハロフ氏は、オースティンはキエフに長く滞在していたため、ウクライナの市民権を申請した方がいいと冗談を言い、秘密主義で自他ともに認める引っ込み思案なオースティンは、2023年にポーランドからウクライナに8回渡航していたと付け加えた。

11月初旬、スペツナスの “ハンターキラー”チームは、オースティンがゼレンスキーに素晴らしいニュースを伝えるためにウクライナに到着したことを知り、発見されずにキエフに入った: アメリカとイギリスは、彼にさらなる資金と武器を無償で提供することを決定したのだ。スペツナスはオースティンとゼレンスキーに目をつけ、殺害寸前までいったが、予期せぬ不特定の複雑な事態のため、チームは最後の瞬間に作戦を中止した。

ウラジーミル・プーチンはオースティンに “戦争犯罪人”の称号を与えたとザハロフは言った。

プーチンはオースティンの死を喜んだ、と彼は付け加えた。

「オースティンがウクライナにいることは知っていた。ブタのザルズィーニが女性と子供を殺したことも知っている。彼らは我々の標的だった。オースティンはおまけだった」。

20発の巡航ミサイルが地表の建物を破壊し、地下の迷路のように連なる部屋を崩壊させた。戦闘被害評価では、攻撃は建造物を破壊し、地下にあるものを崩落させた。瓦礫だけが残った。

「この地球上の何物も、我々が送ったものには耐えられなかった。彼は死んだ。彼は死んだに違いない」とザハロフは言った。

Real Raw Newsのホワイトハット・コミュニティーのアメリカ人情報源は、ザハロフの話を希望的観測として否定することはしないが、自分たちの “最重要指名手配”リストからオースティンの名前を消す前に、オースティンが死んだという反論の余地のない証拠を見たいと言っている。というのも、もしオースティンがウォルター・リードに行ったのなら、彼らの情報源はそれに気づき、スミス将軍のオフィスに報告したはずだからである。

「ロシアの話がでたらめかどうかは分かりません。リードの情報源は揺るぎないもので、彼はそこにいなかったと言っています。もう一つの質問だが、マイク、我々は彼に会っていない。もっと情報が入り、共有できるようになれば、お知らせします」と将軍オフィスの関係者は語った。

トランプの真実
RELATED ARTICLES

Most Popular

Recent Comments

ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
やまとたける の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 GITMO襲撃犯を特定
ナッキーこと山田直樹 の上 軍がビル・ゲイツに有罪判決を下す