日曜日, 7月 14, 2024
ホームGITMOJAG、バイデンの最高科学責任者を反逆罪で絞首刑に

JAG、バイデンの最高科学責任者を反逆罪で絞首刑に

By Michael Baxter -2024年2月29日(Real Raw Newsより翻訳)

合衆国海軍法務官は、先月国家反逆罪で死刑判決を下したアラティ・プラバカール前政権最高科学責任者の死刑を執行した。

報道されているように、プラバカーの錯乱した、おそらく狂気じみた精神は、架空の、疑惑の病気の新興株から継続的に人々を予防接種するための絶望的な入札として、Covid-19ワクチンで飲料水貯水池を毒殺するというアイデアを夢見ていた。JAGは、彼女の歪んだコンセプトは実現不可能であり、達成も不可能であると結論づけたが、プラバカーがディープ・ステートのイデオロギーに固執し、このような不道徳な計画を進んで提案したことは、彼女を絞首刑にする十分な理由であると考えた。−たとえ彼女が精神異常者であったとしても、 そうであったかもしれない。

審理の間、プラバーカルはひょうひょうとした態度で、彼女の水中毒宣言はカマラ・ハリスとの間の無害なロールプレイング・シナリオだと説明した。彼女はダース・E・クランドール副提督に歯を見せて笑いかけ、こう言ったと伝えられている。これはとてもエキサイティングなことです。その直後、彼女は絶望の淵に沈み、2012年から2016年までDARPAで働いていたときに受けた心理実験が原因だとして、定期的に起こる「道徳への無関心」に慈悲を乞うた。彼女は軽度の精神的快活さと完全な狂気の状態を行き来し続けた。

ニューサムが悪魔の呪いを浴びせたりボールドウィンが首を吊る前に服を脱いで地面を這いずりまわったりと、ディープ・ステイターたちが芝居じみたことをするのは以前にも見たことがある。私たちの世界では、心神喪失の抗弁というものは存在せず、プラバーカーも例外ではなかった。このような心神喪失はごく当たり前のことなので、今後ここに来る客の心理を理解するのに役立つかもしれない。クランドール副提督は精神科医に彼女を診てもらいたかったのです」と情報筋は言う。

その検査のために、死刑の執行が遅れたのだと、彼は言った。プラバーカルは当初、1月30日に絞首刑になる予定だった。

3人の精神科医が2月に7回彼女を鑑定したが、狂気の心理を探っているのか、それとも熟練女優のリハーサルされた美辞麗句を聞いているのか、判断がつかなかった。一人は、さらなる評価のために彼女を生かしておくことを勧めた。しかし、クランドール副提督は彼女を死刑執行にふさわしいと判断した。

その判決は火曜日の早朝に下された。プラバカーの最後の言葉: 「さようなら、クランドール副提督、寂しくなるわ。Covid-19による入院を避けるための安全で効果的な方法よ」。

注:テキサス・パンハンドルの不審火を調査しているホワイト・ハットは、現地でFEMAと交戦中と報じられている。私は今朝ダラスから被災地に向かい、土曜日の朝に帰宅する予定である。

トランプの真実
RELATED ARTICLES

Most Popular

Recent Comments

ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
やまとたける の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 GITMO襲撃犯を特定
ナッキーこと山田直樹 の上 軍がビル・ゲイツに有罪判決を下す