木曜日, 4月 18, 2024
ホームCovid-19特殊部隊がマニラでWHOのCovid犯を摘発

特殊部隊がマニラでWHOのCovid犯を摘発

By Michael Baxter -2024年2月16日(Real Raw Newsより翻訳)

海外で活動するアメリカ特殊部隊がフィリピンの世界保健機関(WHO)事務所を包囲し、Covid-19の立役者で気候変動詐欺の拡散者であるルイ・パウロ・デ・ジーザス博士と、彼の指揮下にあった6人のいわゆる科学者を殺害したと、エリック・M・スミス将軍の事務所の情報筋がReal Raw Newsに語った。

2月8日午後の大胆な攻撃は、ホワイト・ハットが、少なくとも170万人のアメリカ人を死亡させた、いわゆるワクチンの製造につながった、今世紀最高の詐欺を指揮した科学者、保健当局者、臨床医、政府機関に対して絶え間ない戦争を繰り広げてきた戦場を拡大したようだ。先週木曜日のマニラでの対決は、我々の知る限り、ホワイト・ハットがアメリカ国内でWHOの手先を捕らえたり殺したりするのとは対照的に、敵の玄関口に報復地獄を放った初めてのケースである。私たちの理解では、今回の強襲は、将来の裁判のためにCOVID-19の犯罪者を拘束したり逮捕したりするのではなく、「捜索と破壊」を命じて、大規模な軍隊が敵の巣に潜入した2回目の作戦である。回目は12月にモンタナ州のNIHバイオ研究所を襲撃し、ホワイト・ハットが34人のNIH職員を銃殺した事件である。

情報筋によれば、ホワイト・ハットは昨年、ルイ・パウロ・デ・ジーザスが、すでに致死的なmRNA凝固注射薬にカスピ海コブラやキングコブラから入手した神経毒を混入するアイデアを練った “専門家”の中の一人のヤブ医者であったという反論の余地のない証拠を入手した。毒の存在は無数の死因の一因となった。

ホワイト・ハットは、ルイ・パウロ・デ・ジーザスが以前、伝染病対策地域アドバイザーや持続可能な健康政策担当技術官などの要職に就いていたにもかかわらず、ライソゾームへのダメージによって細胞死を引き起こすことで悪名高い毒性神経毒を、無防備な人々に偶発的に勧めたとはとても考えられないと考えた。

当時、ルイ・パウロ・デ・ジーザスはWHOのブータン代表を務めていたが、2023年4月に昇進し、彼の蛇毒プロジェクトに協力したチームを連れてマニラに赴任した。情報筋によれば、ルイ・パウロ・デ・ジーザスの故意による悪意は、適切な対応に値するという。

「今は絶望的な時代であり、要請があれば、我々は絶望的な手段をとる」と情報筋は語った。

エリック・M・スミス将軍と第5特殊部隊群司令官のブレント・リンデメン大佐は、作戦の指揮をとり、1月中旬までにルイ・パウロ・デ・ジーザスを監視するために地上軍を派遣したと付け加えたが、ホワイト・ハットがフィリピンにある5つの米軍施設のいずれかを直接支配していたかどうかについては、肯定も否定もしなかった。

「私たちは必要な場所にたどり着いた」と彼はこれについて言うだけだった。

しかし、彼はこう主張した。WHOの3階の事務所で、ルイ・パウロ・デ・ジーザスを含む7人全員が射殺された。WHOのサン・ラザロ・コンパウンド(実際はマニラ北部のサン・ラザロ市内にあるオフィス・パークで、州保健局と共用している)には、戦闘に慣れた分遣隊が電撃的に侵入し、WHOの3階の事務所で7人全員(そのうちの一人、ルイ・パウロ・デ・ジーザス)を射殺した。少なくとも2台の携帯電話とノートパソコンを押収し、手榴弾による煙のベールに隠れて逃走した。情報筋によれば、特殊部隊は全員、無傷で脱出地点にたどり着いたという。

「この犯罪者たちに免罪符はない。どこに隠れようと、必ず見つけ出す」と情報筋は語った。

ホワイト・ハットは今、裁判よりも銃による処刑を支持しているのか、と訊かれ、「その決定は私の上にあります。私たちは大雑把に、断定的に、すべてのケースを処理する方法を持っているとは思いません。それぞれ異なる判断が下されるのです。今回の場合は、まあ、そういうことになりました」と語った。

トランプの真実
RELATED ARTICLES

Most Popular

Recent Comments

ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
やまとたける の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 GITMO襲撃犯を特定
ナッキーこと山田直樹 の上 軍がビル・ゲイツに有罪判決を下す