日曜日, 7月 14, 2024
ホームFEMA赤十字、JAGに裁判と処刑の中止を指示

赤十字、JAGに裁判と処刑の中止を指示

By Michael Baxter -2024年2月16日(Real Raw Newsより翻訳)

フロリダ州ペンサコーラにある米海軍法務官事務所は先週、アメリカ赤十字社CEOのゲイル・マクガバンから、「ドナルド・トランプの政治的野心と利害関係のある軍関係者」に対し、超法規的裁判を直ちに中止し、グアンタナモ湾に不法に拘留されている人々に対する人権侵害を停止するよう求める活字の手紙を受け取った。

さらに、マクガバンの3,650単語の論説は、JAGが訴訟手続きを「不正に操作」していると非難している。それは、被告が弁護を受ける権利を完全に否定するか、あるいは捏造された証拠、伝聞、「非人道的」な処刑をもたらす有罪判決を下すよう命じられたパネル・メンバーによって、被告に不利な「札を積み重ねる」方法である。

ある段落でマクガバンは、容赦ない挑発を何日も聞かされ、抑えきれない怒りに屈した二人組の憲兵に殴り殺された元FEMA副所長、エリック・フックスについて具体的に触れている。マクガバンは、フックスがJAGに “誘拐”され、GITMOに放り込まれるまでは、愛情深い家庭人であり、忠実なFEMAの職員であった、と書いている。

マクガバンの手紙で明らかになった詳細について、ペンサコーラの情報筋はReal Raw Newsに、JAGの中に裏切り者がいることを証明したと語った。ある一文で、彼女はJAGが公表していなかった、あるいは以前RRNに伝えていなかった事実を述べた:憲兵の一人がポケットナイフでフックスの背中にイニシャルを刻んだのだ。マクガバンがその詳細を知ることができたのは、内部の誰かからだけである。この情報源は、おそらく十数人のうちの一人で、血まみれの死体がポリウレタンのポーチに入れられ、保管されるときに、その場に居合わせたと推測している。

「こぼれたディープ・ステートの血を見るに耐えかねて、赤十字に連絡したらしい何人かがいるのは明らかだ」と情報筋は語ったが、JAGが密告者を特定したかどうかは明言しなかった。

マクガバンの手紙はJAGの「戦争犯罪」を告発し、故意の殺害、拷問、非人道的な扱い、公正な裁判を受ける権利の故意の剥奪、人質の奪取、軍事的必要性によって正当化されず、不法かつ無計画に実行された財産の広範な破壊と横領、不法な国外追放、移送、監禁、睡眠と栄養の剥奪、標的による殺害など、ジュネーブ条約第2条と第3条の34の違反の疑いを黄色のマーカーで強調している。彼女の書簡は、ダース・E・クランドール副提督を名指しし、米国内外の米軍施設に不法に収監されているすべての人物を直ちに釈放するよう懇願し、指揮権を放棄してオランダの国際刑事裁判所に自首するよう促した。

マクガバンはまた、トランプ大統領に不健全なほど熱中しているようで、彼の名前を34回も挙げている。「トランプに耳を傾ける人々にとって、これを教訓としよう…トランプは蚊帳の外だ…トランプによって与えられたいかなる保護も終わりつつある…トランプはどうしてこんなことをしているのか…トランプの足跡をたどってひどい間違いを犯している…トランプはあなた方の破滅のすべてとなるだろう」等々。

情報筋によると、マクガバンの壮大な願い事リストのコピーは、GITMOのクランドール副提督のオフィスとトランプ大統領のマー・ア・ラーゴ本部に送られたという。

「トランプ大統領が読んだかどうかはわからないが、クランドール副提督は読んだ。「彼女の申し立ては、当然ながら、すべて証明可能な虚偽である」 と、この情報筋は締めくくった。

トランプの真実
RELATED ARTICLES

Most Popular

Recent Comments

ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
やまとたける の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 GITMO襲撃犯を特定
ナッキーこと山田直樹 の上 軍がビル・ゲイツに有罪判決を下す