木曜日, 4月 18, 2024
ホームGITMO4月4日に絞首刑になるガーランド

4月4日に絞首刑になるガーランド

By Michael Baxter -2024年3月29日(Real Raw Newsより翻訳)

メリック・ガーランド司法長官は、反逆罪と、現在連邦刑務所やディープ・ステートの秘密刑務所に収容されているJ6メンバー殺害の共謀罪で有罪判決を受け、来週グアンタナモ湾で処刑される。

極悪非道で狂信的なディープ・ステイターは、木曜日の朝、法廷ではなく、キャンプ・デルタの独房で、朝食のトレイから乾いたトーストをかじりながら、自分の運命を知った。クランドール副提督は3人の看守に付き添われ、自らその知らせを伝えた。

「決心はついたのか、クランドール」ガーランドは鼻で笑った。「この食事はひどい。私を倒すことはできても、殺すことはできない」。

ガーランドの左目は腫れ上がり、顔にはグレープフルーツ大の紫色のしこりがあった。

「そうだ。有罪だと判断する。そして絞首刑だ」と副提督は告げた。

「間違った判断だ、クランドール副提督」とガーランドは言った。

「そうは思いません」と副提督は答えた。「朝食を楽しみなさい」

数年前、JAGがディープ・ステイターの起訴を始めて以来、最も大胆な法廷劇が繰り広げられた。ガーランドは自分の自由と32人の拘留者の釈放を要求し、もしJAGが彼を処刑すれば、不当に投獄された軍人を含む何十人ものJ6が同じ運命をたどるだろうと付け加えた。この脅迫にクランドール副提督はしばし沈黙した。彼は法廷を後にして執務室に引きこもり、木曜日に法廷を再開することを誓った。

しかし、クランドール副提督は、その日の午後に行われた一連の会議と電話の後、証言の続行を見送ることにした、とGITMOの情報筋がReal Raw Newsに語った。しかし、彼がエリック・M・スミス将軍やドナルド・トランプ大統領と長時間の電話会談を予定していたことは知っていた。その結果、トランプもスミスもガーランドの脅しを信用できないと考えていることが分かった。

我々の情報筋によれば、トランプ大統領はクランドール副提督に、メリック・ガーランドの「殴打」を命令するよう促したようだ。2人が話した後、すぐに2人のJAG調査官がガーランドを独房から取調室に引きずり込んだ。ガーランドは尋問を受ける前、目に見えるあざや切り傷はなかったが、部屋から出てきたときには鼻を潰され、目を腫らして閉じた血まみれの状態だった。

「ガリガリのチビは見た目よりタフなようだ。彼は殴られたが、倒れなかった」と情報筋は言う。

副提督はその後、JAGが選んだ3人のパネリストと話し、ガーランドを反逆罪で有罪とするのに十分な話を聞いたかどうか尋ねた。彼らはそう答え、死刑執行に立ち会いたいと表明した。

「私は神を信頼している。これは正しい決定であり、連邦政府に拘留されている無実の人々に危害が及ぶことはない」と情報筋は語った。

彼は、トランプ大統領がガーランドの絞首刑に立ち会う可能性もほのめかした。

最後に彼は、死刑執行は4月4日に行われると述べた。

トランプの真実
RELATED ARTICLES

Most Popular

Recent Comments

ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
やまとたける の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 GITMO襲撃犯を特定
ナッキーこと山田直樹 の上 軍がビル・ゲイツに有罪判決を下す