木曜日, 4月 18, 2024
ホームGITMO軍事法廷2日目、ガーランドが優位に立つ

軍事法廷2日目、ガーランドが優位に立つ

By Michael Baxter -2024年3月28日(Real Raw Newsより翻訳)

ダース・E・クランドール副提督が私用で不在だったため、JAGは拘留中のメリック・ガーランドに週末を与え、月曜日ではなく火曜日に軍事法廷を再開した。ガーランドは、要請していた軍事司法と連邦判例法を扱った本を受け取り、彼の容疑を晴らすか、絞首台行きを免れるかもしれない訴訟上の抜け穴を探した。しかし、そのようなものは見つからず、彼は2度目の延期を要求した。クランドール副提督は、ガーランドは60日間拘留されており、その間に膨大な法律書と統一軍事裁判規則を暗記できたはずだとして、ガーランドの要求を却下した。

火曜日の朝、審理が再開されると、クランドール副提督は、逮捕されたガーランドの自宅の机の引き出しから犯罪捜査官が見つけた一枚の紙をパネルに見せた。

「被拘禁者ガーランド、君がシュレッダーという発明を知らないのは、我々にとって好都合だ。マッチもね。君たちは証拠隠滅のプロだと思っていた。素人のやることだ」とクランドール副提督は言った。

その3年前の文書は下書きのようで、受取人の名前はなかった。その背景は十分に明らかだった。: ガーランドはトランプを “特別なプロジェクト”と呼び、彼と司法省はトランプとトランプ帝国を打倒するために山ほど動くだろうと書いた。

「ドナルド・トランプに対処することが使命であり、はっきりさせておこう-我々が彼を始末しなければ、彼は我々を始末するだろう。彼が引退してゴルフに打ち込みたいと思うほど、彼を訴訟に深く巻き込んでやる。彼の名誉を傷つけ、大切なマール・ア・ラーゴを含む資産を差し押さえる。彼は破滅する。私は彼を刑事裁判に深く葬り、彼は破産するだろう。同時に、彼の盟友や信奉者、特にMAGA派や福音派に打撃を与え、彼を支持すると誓った日を後悔させる。私にはそれを実現する権限がある。彼が長い間苦しみ、死んでしまいたいと願うようになったら、それを認めてやるかもしれない。しかし、彼がその言葉の本当の意味を理解するまでは、だ」、と副提督は音読した。

ガーランドはありえない反論をした: 彼は自分が書いたページではない、と言ったのだ。

「捏造だ! フェイクだ! でっち上げだ!」と吠えた。

しかしクランドール副提督は、筆跡アナリストがこの筆跡をガーランドのものだと鑑定したと主張した。「ガーランド被拘禁者はトランプ大統領が嫌いなんだろう?」と副提督は言った。

「彼はトランプ大統領ではなく、トランプ氏だ。おまえたちはどんなめちゃくちゃな世界に住んでいるんだ?」ガーランドは怒りで顔を真っ赤にして言った。「ジョセフ・バイデンが大統領だ。ああ、疲れたよ、クランドール」とガーランドは言った。

「正義が公正なら、すぐに永久に昼寝ができるぞ」と副提督が言った。

ガーランドは手錠をかけられた手で眼鏡を外し、テーブルの上にそっと置いた。彼は副提督をにらみつけた。その目は悪意に満ちていた。

「エリック、クランドール副提督。誰がエリックを撃ったのか知りたくないのか?」とガーランドが言った。

「何ですって?」と副提督は言った。

「エリック。エリック・スミス将軍だ。誰が彼を撃ったのか知りたくないのか?」

クランドール副提督はガーランドに歩み寄った。「そんなことは知らないだろう。君の専門分野ではない」。

「クランドール副提督、ロイドの担当でした。あなたがロイドを殺す前に、ロイドは私にすべてを話してくれた」ガーランドは微笑みながら言った。「警告のつもりだった。私たちが望めば、彼は地面に叩きつけられて死んでいただろう」。

「我々はオースティンを殺していない。ディープ・ステートの諜報活動は不足している」とクランドール副提督。「あなたの諜報が信頼できるものなら、私たちがスミス将軍の狙撃犯を捕まえたことを知っているはずです。実際、彼はここGITMOにいる」。

「そうなのか? で、彼は?」とガーランドはからかった。「たぶん、あなたは、私たちがあなたに捕まえさせるために出した人物を捕まえたのでしょう」とガーランドは言った。

「あなたとは交渉しない」と副提督は厳しく言った。

ガーランドは唇を動かさずに歯を食いしばって笑った。「あなたが見つけられない場所に隠した兵士や海兵隊員の命のためでもない。ご存じでしょう、副提督。私の身に何か不幸なことが起これば、彼らは知ることになり、私たちが抱える軍人や海兵隊員は苦しみながら死ぬことになる。そして、奴らを始末した後、民間人のJ6反乱軍がいる。全員は捕まえられないかもしれないが、私が首を吊れば、ジェフリー・エプスタイン風に何人かは吊るされるだろう」。

「ハッタリだろう。そのカードが使えるなら、とっくに使っているはずだ」と副提督。

「自分の立場をよく考えろ、副提督。私と他の32人を、こことグアムの刑務所から釈放してくれ。他の人がどうなろうと知ったことではない。軽率な決断を下す前に、友人に確認したほうがいい」とガーランド。

クランドール副提督は答弁席から離れたが、ガーランドと目を合わせたままだった。まるで彼の脅しの真偽を判断するかのように、彼はディープ・ステイターをじっと見つめた。しばらくして、「この法廷を明日まで休廷とする。衛兵、被拘禁者を独房に案内せよ」。

「ほら、延期になっただろう」とガーランドは嘲笑した。

あるGITMO関係者がReal Raw Newsに語ったところによると、副提督はこの時間を使ってスミス将軍やホワイト・ハット評議会と話をしたとのことだが、その結果はまだ分かっていない。

続報が入り次第、掲載する。

トランプの真実
RELATED ARTICLES

Most Popular

Recent Comments

ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
やまとたける の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 GITMO襲撃犯を特定
ナッキーこと山田直樹 の上 軍がビル・ゲイツに有罪判決を下す