木曜日, 4月 18, 2024
ホームアメリカ不法入国者を愛するディープ・ステート判事、JAGに逮捕される

不法入国者を愛するディープ・ステート判事、JAGに逮捕される

By Michael Baxter -2024年3月20日(Real Raw Newsより翻訳)

ホワイト・ハットは、沿岸から沿岸へ、そして海外へと、12もの複雑な取り組みに関与しているが、リベラルなディープ・ステートの裁判官を、建国の父たちによって消えないインクで記された憲法を破壊した罪で追及し、逮捕し、投獄するために、資源と人員を割いている。3月19日、米海軍の捜査官は、イリノイ州北部地区のシャロン・コールマン連邦地裁判事を反逆罪で逮捕した。重罪犯を含む不法移民が米国内で銃器を所有することを認める彼女の事実上の判決を受けたのだ。

コールマンの判決は、2020年6月1日にシカゴのリトル・ビレッジ地区で拳銃を所持していたところを摘発された不法入国者、ヘリベルト・カルバハル・フローレスに対するものである。カルバハル=フローレスは、不法入国者の銃器・弾薬の所有・所持を禁じる米国刑法第18条に基づき起訴されていた。

オバマ大統領が任命したコールマンは、刑法第18条を “不法滞在のアメリカ人”を差別する時代遅れの法律と呼び、米国で生まれた者、帰化した市民、そしてメキシコでは手に入らないが米国では手に入る亡命と繁栄のために命がけでリオ・グランデ川を渡る “南の隣人”の間には何の相違もないと述べた。

「シカゴで生まれた人が銃器を所持できるのなら、カルバハル=フローレス氏も同様だ」とコールマンは言い、イリノイ州は全米で最も厳格な銃刀法のひとつであり、毎年30%の携帯申請を恣意的に却下していることを忘れているようだ。

「裁判所は、カルバハル=フローレスの犯罪歴には武器の不適切な使用が含まれておらず、また逮捕時の状況も暴力的でないことから、彼が責任を持って武器を使用することを信頼できず、自衛のために武器を所持する憲法修正第2条の権利を剥奪されるべきというような、公共の安全に対するリスクをもたらすという認定を支持するものではないと判断する」と、コールマンは8ページの要約で書いている。

JAG(米海軍法務官)は彼女の判決に激しく反対した。

「リベラル派の判事がディープ・ステイトのプログラムに合わせて法律を曲げても、クランドール副提督は驚かなかった。彼はそれを何度も何度も見てきた。私たちにできることは、ディープ・ステイターが本性を現すのを待つことだけです。そして副提督は、コールマン判事が反逆罪を犯したと言ったのです」と、あるJAG関係者はReal Raw Newsに語った。

JAGの捜査官は火曜日の朝、コールマンの家に到着し、玄関から私道の車まで歩いているところを逮捕したという。彼女は軍の逮捕状を見せられ、平和的に投降するか、抵抗するかの2つの選択肢があると告げられた。

「あなたが逮捕に抵抗しても、私たちはあまり気にしません」と捜査官は彼女に言ったと伝えられている。

コールマンは財布からペッパースプレーの缶を取り出したが、捜査官が彼女の手首をつかみ、鋭くひねって両足を一気に振り抜いた。彼女は泣きながら歩道に転げ落ちた。

「バラク・オバマは私を任命した。バラク・オバマが私を指名したのです」と彼女は言った。

「アメリカに対するあなたの罪です」と捜査官が答えた。

彼らはコールマンに手錠をかけ、車まで案内した。

「彼女には自分を守るチャンスがある。みんなそうです。「しかし、彼女は自分のしたことに答えなければならない。沼地の掃除は負担の大きい仕事だ。 しかし、我々は前進しているのだから、このような小物裁判官を、金曜日に裁判があるメリック・ガーランドと同じように扱わなければならない」と、この情報筋は最後に語った。

トランプの真実
RELATED ARTICLES

Most Popular

Recent Comments

ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
やまとたける の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 GITMO襲撃犯を特定
ナッキーこと山田直樹 の上 軍がビル・ゲイツに有罪判決を下す