日曜日, 7月 14, 2024
ホーム2024選挙ホワイト・ハット、トランプ大統領の資産を強化

ホワイト・ハット、トランプ大統領の資産を強化

By Michael Baxter -2024年3月22日(Real Raw Newsより翻訳)

マー・ア・ラーゴの海軍特殊部隊。トランプ大統領のベッドミンスター・リゾートに駐留する海兵隊。ニューヨークのトランプタワーとウォール街40番地を警備するデルタフォース。そしてウェストチェスター郡にあるドナルド・トランプの広大なセブン・スプリングス・ゴルフコースとエステートをパトロールする陸軍レンジャー。

エリック・M・スミス将軍とホワイトハット評議会は、彼の不動産資産を差し押さえるというディープ・ステートの脅威に対する強力な抑止力として、ニューヨーク、フロリダ、ニュージャージー、ネバダ、カリフォルニアにあるトランプの不動産に2,500人の兵士と海兵隊を配備した。ディープ・ステートのエージェントは、来週までに4億5400万ドルの保釈金を確保しない限り、トランプの土地を没収すると言っている。

先月、ディープ・ステートのアーサー・エンゴロン判事は、トランプ大統領とその息子たちがニューヨークとフロリダに所有する不動産を過大評価したと誤った判決を下した後、この恣意的な数字を流した。これに対してトランプ夫妻は、どちらかといえば保険引受業者がトランプ・タワー、マー・ア・ラゴ、ウォール街40番地などの保有不動産を過小評価していたと主張し、エンゴロンの判決はトランプの選挙資金を枯渇させようとするディープ・ステートの広範な陰謀の一部であると述べ、偽りの申し立てを否定した。

ディープ・ステートの耳障りなレトリックにもかかわらず、共謀した主流メディアによって増幅され、根拠のない罰金は法的に執行不可能である。トランプがエンゴロンに屈服しない限り、この行為はトランプの権限を低下させ、ディープ・ステートにさらに力を与える可能性がある。

既報のとおり、マール・ア・ラーゴの情報筋がReal Raw Newsに語ったところによれば、ディープ・ステートはトランプの金を一銭も見ることはなく、トランプはホワイト・ハットが故オプラ・ウィンフリーの莫大な財産から手に入れた現金で罰金を支払うという申し出を拒否したという。トランプ大統領はスミス将軍に、バイデン一味が全滅したら、オプラの資産を経済に注入して繁栄を回復させるべきだと言ったと伝えられている。

合法的な最高司令官であるトランプ大統領は、ディープ・ステートがトランプ所有の不動産を強制的に奪い取ろうとした場合の防衛を強化するというスミス将軍の対案を受け入れた。

トランプ大統領がホワイト・ハットを自分の土地に迎え入れたのは、これが初めてではない。2021年4月以来、第1特殊部隊作戦分遣隊デルタ(1SFOD-D)と未知数の海軍特殊部隊シールズがトランプのマー・ア・ラーゴ本部を守ってきた。

今、ホワイト・ハットはトランプの最も貴重な建造物7つを強化している。

「何人の兵士や海兵隊員が特定の場所を監視しているかは言えないが、我々は2,500人以上の兵士を配置しており、そのことは秘密にしていない。実際、トランプ大統領とスミス将軍は必要な関係者に、トランプ氏の地所が軍の警備下にあることを通知した。我々は、彼らが動くようにかなり挑発した」と情報筋は語った。

ホワイト・ハットは、ディープ・ステートがトランプの土地を武力で奪おうと計画していることを示唆するような話は聞いていないが、ディープ・ステートが愚かにも正面攻撃を仕掛けてきた場合の対応策を準備している。

「我々はどんな規模の攻撃でも撃退する用意がある」と、この情報筋は大胆に語った。

連邦軍の侵攻やニューヨーク州兵がトランプのゴルフコースにヘリコプターを着陸させた場合、ホワイト・ハットはどのように対応するのかと尋ねられたが、情報筋は「ディープ・ステートは、トランプの財産を破壊するのではなく、差し押さえて売りたいのだから、ありえないシナリオだ。だから、彼らが本格的な門の襲撃という危険を冒すとは思わないが、もしそうなった場合に備えている。」と述べた。

トランプの真実
RELATED ARTICLES

Most Popular

Recent Comments

ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
やまとたける の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 GITMO襲撃犯を特定
ナッキーこと山田直樹 の上 軍がビル・ゲイツに有罪判決を下す