木曜日, 4月 18, 2024
ホームGITMOJAGが提督を絞首刑に

JAGが提督を絞首刑に

By Michael Baxter -2024年3月22日(Real Raw Newsより翻訳)

3月15日、米海軍法務官は、軍事委員会が憲法上の誓約を裏切り、犯罪者バイデン政権を幇助したとして国家反逆罪で有罪判決を下した沿岸警備隊のマイケル・プラット少将を絞首刑に処した。

評決直後、動揺し激怒したプラットは、クランドール副提督は法廷を欠席し、より劣った将校に自分の運命を裁かせた臆病者だと国会議員に語った。彼の泡立つような敵意と限りないわだかまりは、不本意ながら独房に戻り、動揺を鎮めるために軽い鎮静剤を強制的に与えられた後も続いた。しかし、それは彼の怒りに火をつけるだけだった。彼は看守に、制服を着られないのなら服を着ないと言い、オレンジ色のジャンプスーツと囚人靴を脱ぎ捨て、独房の中で全裸で狂気を体現するまでになった。そして、将校の食堂で食事ができないなら、自分で餓死すると言った。

「好きにしろ。餓死する前に絞首刑だ」と看守が言った。

プラットの餓死への決意は3日間続いたが、その後、彼は刑務官が適切な栄養を奪っていると非難し、他の死刑囚が適切な配給を受けているのに対し、自分は米と豆とバタートーストにひれ伏していると訴えた。

あるGITMOの情報筋がReal Raw Newsに語ったところによると、職員はプラットの食事のカロリーを減らしたが、それでもプラットは中毒になった愚か者のように振る舞い、毎日全裸で柵で囲まれた雄鶏のように独房の中を歩き回り、まるでクランドール副提督を呼び出すかのようにの彼の名前を連呼していたという。クランドール副提督は拘禁者を相手にするのに忙しく、しかも処刑には立ち会わないと告げられると、プラットの狂気は本物であれ芝居であれ激しさを増した。

「神はいない、神はいない。私は教会にも行ったし、正しいこともした。なぜこんな目に遭うんだ?」とプラットは唱えた。

彼はその場で走り出し、それから勢いあまって独房のセメントの壁に頭から突っ込み、こう叫んだ。額の傷から血が漏れたが、その傷が彼を活気づかせたようで、さらに2度、彼の頭は動かないコンクリートにぶつかった。負傷しながらも生きていたプラットは、基地の病院に運ばれ、手当てを受け、MPが絞首台まで彼を送るために現れるまで回復に3日間与えられた。

彼はその朝、首にロープをかけられ、頭に袋をかぶせられて死んだ。ダース・E・クランドール副提督に会うことはなかった。

プラットの裁判を担当した若い大尉が処刑を監督したため、プラットの狂気はますます悪化した。死ぬ直前、自作自演の苦しみ、鬱、精神的トラウマ、抑圧のすべてが、最後の苦悶の叫びとなって彼の唇から漏れた。

「クランドール副提督に、あの世で待っていると伝えてくれ。おまえら全員だ。おまえたちが私にしたことを見ろ」と彼は言った。

トランプの真実
RELATED ARTICLES

Most Popular

Recent Comments

ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
やまとたける の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 GITMO襲撃犯を特定
ナッキーこと山田直樹 の上 軍がビル・ゲイツに有罪判決を下す