日曜日, 7月 14, 2024
ホームGITMOJAG、D.C.地方検事を反逆罪で有罪判決

JAG、D.C.地方検事を反逆罪で有罪判決

By Michael Baxter -2024年3月24日(Real Raw Newsより翻訳)

先週、アメリカ海軍法務官部隊は、コロンビア特別区担当検事マシュー・グレイブスに反逆罪の有罪判決を下した。グレイブスは沈黙を守ると誓っていたが、結局は自ら死刑宣告を受けることになった。

1月に報道されたように、デルタフォースのオペレーターは、コロラドのスキーリゾートで休暇を過ごしていたグレイブスを捕らえた。ディープ・ステートの手先となったグレイブスは、収容施設に連行され、のちにグアンタナモ湾で収容と尋問を受けた。予想どおり、彼はJAGの寛大な司法取引を拒否した。罪を認め、連邦秘密刑務所に収容されているとされる退役軍人や現役軍人の所在を明らかにする代わりに、終身刑にするというものだった。グレイブスは、自分は罰を与えるだけで、秘密の刑務所が存在するなら、メリック・ガーランドがその座標を持っていると捜査官に語ったと伝えられている。そして、JAGは最終的にバイデンの怒りを買うことになるだろうと、はったりと虚勢を張った。

グレイブスの決意は固まり、トランプを軽蔑するようになった。彼はトランプを黙示録9章11節の破壊者アポリオン、MAGAを破壊的なイナゴの大群になぞらえた。

「トランプの行くところには破壊がつきまとう。彼は悪の化身であり、破壊者だ」とグレイブスは言った。

グレイブスはグアンタナモ湾の南法廷に足を踏み入れると、2人の憲兵に挟まれながら、自分の人生における唯一の後悔は、国内のすべての「ウジ虫」MAGA愛国者を起訴し、獄中生活か地獄での永遠の刑に処すことができなかったことだと叫んだ。

「グレイブス被拘禁者よ、空想はいいから座りたまえ」ダース・E・クランドール副提督が言った。「この手続きは、できるだけ早く、苦痛の少ないものにします」。

副提督は、グレイブスに不利な証拠を公平に検討するためにJAGが任命した3人の海兵隊将校を紹介した。それにもかかわらず、グレイブスが着席し、裁判に参加しないと宣言すると、彼らの目は侮蔑的に細められた。

「きょう言うべきことはすべて今言います。私はこの法廷を拒否する。それは虚偽だ。私は違法に拘留されており、報復があるだろう」 とグレイブスは述べた。

「その胸の内を明かしてくれてよかった」とクランドール副提督が言った。

彼はパネルに近づいて言った。「グレイブス被拘禁者は、1,000人以上のJ6メンバーの全国的な訴追をコーディネートするという重要な役割を果たしたことで、アメリカがより安全な国になったと自慢しています。彼が決して言わなかったこと、そして公開されているビデオ証拠によって証明されていることは、1,000人の圧倒的多数が何の犯罪も犯していないということだ。彼らは、平和的な抗議行動、盗まれた選挙への抗議行動を通じて、憲法修正第1条の集会権と意見表明権を行使したのだ。彼はこれらの事実を否定しない」。

「そのとおりだ」とグレイブスは漏らした。「彼らは自業自得だ。私は彼ら全員を椅子に縛り付けて、震えながらジュージューと焼いて欲しかった。バイデンの勝利を疑問視する者は、毒を静脈に注射されるか、感電死させられるべきだった。そしてそれは、あなたがた全員を意味する! 私がここを去るとき、特にこの後、そうなることを保証する」

「落ち着け、被拘禁者グレイブス。自分の無実を危険にさらしたくはないだろう」クランドール副提督は嘲笑した。もちろん、あなたは正しいと思ったことをした。

「彼らの罰が彼らの罪にふさわしくないと感じたんだろう?」とクランドール副提督は煽った。

「そうだ。全員、あなたがたと同じように国内のテロリストであり、終身刑か死刑に値する。でも、それはできなかった。反乱罪で最高22年、場合によっては禁固刑だと言われたんだ。D.C.は我々のものであり、彼らのものではない、そして我々にはMAGA野郎どもを追い詰める権限があった。MAGA、MAGA、MAGA……MAGAについては聞き飽きた。軍の裏切り者も同じだ。ドナルド・トランプをいまだに支持しているアホどもも同じだ。おまえたちはどうしたんだ?」とグレイブスは言った。

「我々は合衆国憲法を支持する、被拘禁者グレイブス」と副提督は答えた。

「もう十分だ」とグレイブスは言ったが、とにかく非難を続けた。「憲法、憲法、憲法、お前たちが口にするのはそればかりだ。とっくの昔に燃やされているはずの文書に、いつまでもこだわり続けている。憲法なんて、もうどうでもいい。それは、塵と化した男たちによって書かれた前時代的な化石だ。私が死ねば、他の誰かが松明を拾うだろう。何人殺した? クランドール副提督、あなたは偽善者だ」。

副提督はグレイブスを拘束し、猿ぐつわをするよう憲兵に命じた。彼は、グレイブスが2021年4月にFBI長官クリストファー・レイに送ったメールのコピーをパネルに見せ、”1月6日の反乱分子”への憎悪と撲滅への願望を強調した。彼の言説は、トランプ大統領への誹謗中傷と、MAGAは民主主義への脅威であるというレッテルの間を行き来していた。「MAGAと名乗る13歳以上の男女は即刻死刑にされるべきだ。愛国者と名乗る男女も同様にガス室に入れられるべきだ」とグレイブスは書いた。

ある段落では、トランプ大統領のカリスマ性を魔術になぞらえ、トランプ大統領は友人や家族、支持者に「呪文をかける」と述べた。

「レイ長官、それは案外合理的です。メラニアのような女性が、なぜあの愚か者と一緒にいるのか? 他になぜ国の半分が彼にひれ伏すのか? そう、みんな頭がおかしいのだ」。グレイブスはこう書いている。

「この委員会は、心神喪失やオカルトを防衛手段として認めていない。事実は明白であり、議論の余地はない。被拘禁者は、無実の人々を起訴し投獄するために、故意にまやかしの罪を利用した。その多くは、起訴され釈放された政府の工作員だった。ディープ・ステートは、どれが仕組まれたものであるかを難解にするのに非常に良い仕事をしたが、私たちは、多くの合法的な市民が獄中に残っていることも知っている。グレイブス被拘禁者は国家反逆罪を犯した」とクランドール副提督は言った。

グレイブスは座席で震え、うわ言のようにつぶやいた。

パネルは全員一致で有罪の評決を下し、死刑を勧告した。

クランドール副提督はこれに同意し、グレイブスの死刑執行を3月26日火曜日に予定した。

明日、メリック・ガーランドの法廷に関する情報を得られると期待している。

トランプの真実
RELATED ARTICLES

Most Popular

Recent Comments

ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
やまとたける の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 GITMO襲撃犯を特定
ナッキーこと山田直樹 の上 軍がビル・ゲイツに有罪判決を下す