日曜日, 7月 14, 2024
ホームアメリカノースカロライナ州でホワイト・ハット職員の妻が不審な状況で遺体で発見される

ノースカロライナ州でホワイト・ハット職員の妻が不審な状況で遺体で発見される

By Michael Baxter -2024年3月25日(Real Raw Newsより翻訳)

Lt. Gen. Christopher Donahue oversees the Fort Liberty Redesignation Ceremony on June 2, 2023. Photo: Tony Wooten

エリック・M・スミス将軍の事務所関係者がReal Raw Newsに語ったところによると、ホワイト・ハット職員の妻が先週木曜日、ノースカロライナ州フェイエットビルの自宅付属ガレージのアイドリング状態の車の中で死亡しているのが発見された。

午後6時ごろ、夫(情報筋では現在のところ名前は明かされていない)が、午前7時半から出勤していた近くのフォート・リバティ(旧ブラッグ基地)から帰宅した。午前7時半から出勤していた近くのフォート・リバティ(旧フォート・ブラッグ)から帰宅した夫は、妻の古いモデルのカマロのステアリングホイールの上に、ぐったりとした体が倒れているのを発見した。ドアと窓は閉まっていたが、鍵はかかっておらず、エンジンはかなりの時間かかっていたようで熱くなっていた。

事件報告書によると、その諸君は妻の遺体を車から引きずり出し、自宅から数マイル離れたフォート・リバティの救急隊に電話するのに十分な時間だけ中断して、心肺蘇生を開始した。応答した隊員は、自分が駐屯地外に住んでいるため、より迅速な対応が可能なフェイエットビル救急隊に電話するよう規定されていると伝えた。

その職員は、応答者に態度を変えさせる認証コードを与えた。彼女は、フォートリバティ救急隊が現場に到着するまで心肺蘇生を続けるよう警官に指示した、 救急隊は奇跡的な速さで到着した。対応時間は、わずか7分だった。

救急隊は妻のバイタルをチェックしたが、バイタルはなく、悲嘆に暮れる職員が救急車の後ろに乗り、妻の蒼白い手のひらを握りながらウォマック陸軍医療センターに急行した。彼女は到着時に死亡が確認されたが、一酸化炭素中毒によるものと推測され、毒物検査はまだ行われていない。

この情報筋によれば、陸軍犯罪捜査部(CID)のホワイト・ハットは、いくつかの理由から、妻の死を不審なものとして扱っているが、彼らはほとんど即座に夫を潜在的参考人として除外しているとのことである。

「妻は33歳の健康な女性で、精神疾患の既往歴はない。一酸化炭素中毒事故は非常に珍しい。ふたりには既往歴も夫婦間の問題もない。そして死亡時、彼は基地にいた」と情報筋は語っている。

車を鑑識した捜査員は、不正行為の証拠と呼ぶべきものを発見した。たとえば、運転席側のドアハンドルには、夫の指紋しかなかった。というのも、夫が運転席から妻を引きずり降ろすためにハンドルを開けたからである。ハンドルやセンターコンソールなどにも妻の指紋があるものと思っていたが、妻の指紋はハンドルから採取されたものだけだった。彼女と夫以外の毛髪や繊維の異常は見つからなかった。

遺体には争った形跡はなく、あざも裂傷もなかったと情報筋は述べた。また、夫妻の家にも車庫にも押し入った形跡はなかった。

これらの要因に加え、捜査当局には、汚職が行われたと疑うより説得力のある理由があった。夫がホワイト・ハットの秘密工作に関与しており、ディープ・ステートに知られていた可能性があったのだ。

夫の任務がどのようなものであったのか、情報源は詳しく語ろうとしなかった。

「こういった極悪非道なタイプは家族を暗殺することに抵抗がない。その男は、妻が自殺するわけがないと言っています。毒物検査やその他の検査を待っているところです」。

夫妻の家にリング式ドアベルや室内カメラなどの監視カメラがあったかどうか尋ねられた彼は、「今すぐには教えられないこともありますが、CIDは徹底しており、事件の真相を解明するでしょう」と答えた。

注:今日の午後、ガーランドの法廷についてGITMOから連絡があるはずなので、その直後に記事をまとめるつもりである。

トランプの真実
RELATED ARTICLES

Most Popular

Recent Comments

ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
やまとたける の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 GITMO襲撃犯を特定
ナッキーこと山田直樹 の上 軍がビル・ゲイツに有罪判決を下す