水曜日, 5月 22, 2024
ホームアメリカ"赤い帽子"の登場

“赤い帽子”の登場

By Michael Baxter -2024年4月6日(Real Raw Newsより翻訳)

エリック・M・スミス将軍の事務所関係者がReal Raw Newsに語ったところによると、金曜の早朝にトリステート地域を襲ったマグニチュード4.8の異常地震について、”Red Hats”と名乗る現役軍人と予備役軍人の分散型連合が犯行声明を出したという。

土曜日の午後、スミス将軍は彼の自宅の住所に、スミス将軍の前任者であるデビッド・H・バーガー将軍の元弟子が書いたとされる内容証明郵便を受け取った。ホワイト・ハットは筆者の身元と主張を確認するまで、筆者の名前を伏せている。

文脈は単純だ:

「オバマとバイデンの部下、ディープ・ステートは金曜日の地震に責任はない。我々に責任がある。我々とは? あなたは民間人が作ったニックネームを受け入れている。ホワイト・ハット、高貴さと純粋さを象徴する色だ。「赤い帽子」は、強さと…血と…戦争を象徴する色だ。血には血を。クリントンが大統領に就任したその日からこの国をめちゃくちゃにし始めた、腐敗し、変質した選挙で選ばれ、任命された役人たちの殲滅だ。スミス将軍、あなたと私は剣闘士だが、イデオロギーは正反対だ。あなたの前任者は、自分の鼻先で選挙が汚されるのを黙って見ていた。グアンタナモ湾にいる友人も、迅速に、効率的にやるべきことをやる資質に欠けている。君たちができないのなら、我々がやる。 あなたは私の戦友であり、私たちの邪魔をしないのであれば、あなたの進行を妨げることはしない。我々が先に仕事を解決するのであれば、それはそれで構わない。いずれにせよ、正義、憲法上の正義は果たされる。知っておくがいい: われわれの数は少ないが、数で不足するものは決意で持っている。そして私たちはあなたの周りにいる。我々と団結するようお願いしたいところだが、これを読みながら歯を食いしばっていることは十分承知している。さて、なぜ私たちが行動を起こしたのか、説明させてください。そうすれば理解してもらえるかもしれません」と手紙の一部には書かれていた。

著者は根拠を示さず、ディープ・ステートが最近、ニュージャージー州にCERNの27キロ・リングの粒子加速器のようなハドロン衝突型加速器を建設し、それを使ってディープ・ステートが力を求める悪意ある幻影が炸裂する次元への「入り口」を開く計画を立てたと主張した。

「衝突型加速器が彼らが考えているような働きをするかどうかは問題ではない。トランプ大統領とその家族が長い時間を過ごす場所からほんの数マイルしか離れていない場所で、密かに完成させたのは偶然ではない。それはメッセージだった。私の命令で、私の部下は地下の複合施設に潜入し、装置を発見し、必要な兵器を配備し、ディープ・ステートがオンライン化する前に破壊した」と手紙は締めくくられている。

著者は、ジョセフ・コンラッドの小説『闇の奥』を原作としたフランシス・フォード・コッポラ監督の1979年の映画『アポカリプス・ナウ』の主な敵役である「ウォルター・カーツ大佐」と象徴的に署名した。

彼の名前の下には、血まみれの拇印と “No war is won without collateral damage”(巻き添えなしに戦争に勝つことはできない)という追記があった。

封筒には手紙のほかに、地震調査のために派遣された米陸軍レンジャーがFEMAとATFの捜査官を監視している写真が入っていた。

「我々が彼らを監視している間、誰かが我々を監視していた。明らかに、手紙を送った人物はカーツという名前ではないが、もしこの手紙が嗅覚テストに合格すれば、我々が話している人物は同様に危険で…献身的な人物ということになる。スミス将軍はその方法を容認していない」 と情報筋は述べた。

スミス将軍は、すべての休暇をキャンセルし、人員を呼び戻したと付け加えた。

この手紙の著者がホワイト・ハット評議会のメンバーだったことがあるかどうか、情報源に尋ねてみた。

「今はまだ何とも言えない」と彼は言った。

トランプの真実
RELATED ARTICLES

Most Popular

Recent Comments

ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
やまとたける の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 GITMO襲撃犯を特定
ナッキーこと山田直樹 の上 軍がビル・ゲイツに有罪判決を下す