水曜日, 5月 22, 2024
ホーム2024選挙トランプ大統領を支持する軍部

トランプ大統領を支持する軍部

By Michael Baxter -2024年4月13日(Real Raw Newsより翻訳)

たった1通のメールが、重武装した海兵隊員を乗せた4機のOV-22オスプレイがキャンプ・ペンドルトンを東へ、そして反対側へと出発する軍事動員のきっかけとなったようだ、 反対側では、特殊部隊の分遣隊がフォート・リバティを出発し、「結集地点アルファに到達せよ」との命令を受けた。

予期せぬホワイト・ハットの集結は、昨日の朝、ドナルド・J・トランプ大統領が資金調達のために送ったEメールと正確に一致した: 「大混乱に陥るまで72時間だ!」表向きは、ディープ・ステートの違法な「口止め料」裁判がニューヨークで開始されると予想される4月15日を指している。

トランプがメールを送った数分後、Real Raw Newsはキャンプ・ペンドルトンの情報筋から次のようなメッセージを受け取った。「スミス将軍は憲法と大統領を守る準備ができている。我々は空へ飛び立つ」

その後、その情報源は暗転し、詳しい説明を求めても応じなかった。

突然の沈黙に、私たちは何度も電話をかけて説明を求めた。もう一人のペンドルトン関係者は、オスプレイが “満載されて”離陸したことを確認したが、任務と飛行機の最終目的地について尋ねられると、曖昧に答えた。

「潮目はすぐに変わる。現時点では作戦の詳細は明かせない」と彼は言った。

もう一人の情報源は、フォート・リバティ(以前はフォート・ブラッグと呼ばれ、今は亡きロイド・オースティンが南軍のブラクストン・ブラッグ元帥は人種差別主義者であったと虚偽の主張をした後に改名された)にいる人物で、RRNによると、オスプレイが空に飛び立つと同時に、特殊部隊が「オスカー・マイク」(軍事スラングで「移動中」を意味する)になったという。先の情報源と同様、彼はロジスティクスの共有には消極的で、作戦を限定することも、作戦に関与した部隊の数を定量化することもせず、特殊部隊がリバティーから目標(おそらくニューヨーク市)までどのように移動していたかは語れなかったし、語ろうともしなかった。

情報筋の口が堅いのは奇妙だ。ホワイト・ハットは過去にも、トランプ大統領を守るためのミッションの詳細を率直に語っている。例えば、2023年6月、トランプがスミス将軍の忠告を無視してマイアミでディープ・ステートの連邦文書起訴に答えないようにした後、RRNはディープ・ステートの欺瞞からトランプを守るために500人のホワイト・ハットがそこにいることを事前に知らされていた。

RRNは、この出動がディープ・ステートに対する攻撃的な動きなのか、それとも単なる警護なのかを判断するのに十分な情報を欠いているが、トランプの宣言的な声明と合わせて、この出動の素早さは、この作戦が大統領を中心としたものであり、訓練や無関係な任務ではないことを示唆している。

軍隊の部隊がどのように戦闘態勢に移行するかは、さまざまな要因によって決まる; 通常、精鋭部隊は行軍命令を受けてから2~4時間以内に出動できる。昨日、リバティとペンドルトンはトランプの投稿を予知しており、兵士と海兵隊員を警戒態勢に置き、即座に出動できるようにしていたことを示唆している。

Real Raw Newsでは、追加情報が入り次第お伝えする。

トランプの真実
RELATED ARTICLES

Most Popular

Recent Comments

ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
やまとたける の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 GITMO襲撃犯を特定
ナッキーこと山田直樹 の上 軍がビル・ゲイツに有罪判決を下す