火曜日, 5月 21, 2024
ホームGITMOヌーランド、予定より早くGITMOで絞首刑

ヌーランド、予定より早くGITMOで絞首刑

By Michael Baxter -2024年4月12日(Real Raw Newsより翻訳)

ビクトリア・ヌーランドは、木曜日の午後グアンタナモ湾で絞首刑に処された。クランドール副提督は「臆病な弱虫」であり、彼女のような卓越した人物を処刑したり、処刑を命じたりする「度胸」がない、と仲間の被拘禁者に語ったからだ。彼女はまた、「オバマ大統領」がGITMOの活動に関する情報収集のために彼女を内部で必要としていたため、欺瞞か妄想によってJAGに自発的に投降したと自慢した。「私はいつでも好きなときに、きょうにでも出て行くことができるのよ。ここにいる誰にも私を止めることはできないわ」とヌーランドは自慢した。

キャンプ・デルタの “死刑囚”は通常、最後の数日を隔離された状態で過ごし、身近な隣人との接触すらない。快適さも特権もなく、シャワーを浴びるために週に2回、厳重な警備のもとで独房を出る。しかし、過密状態であることと、JAGが即日死刑執行(有罪判決を受けたら即座に絞首刑)に消極的であることから、受刑者たちは廊下で交流し、メモを渡し、通風孔から互いに目立たないように会話している。

ヌーランドは “慎重さ”の意味を知らず、自分の自由は彼らとは違い、電話一本で手に入ることを居住者に理解してほしかった。「電話一本、バイデンかオバマに電話一本、それだけで私はここから出られる。あなたは家に帰れないけど、私は帰れる。私はいつでも、きょうでもここを出ることができる」とヌーランドは受刑者に言った。

ある看守がヌーランドの自慢話を耳にし、彼女を看守長に報告した。看守長はヌーランドの行動が耐え難く、破壊的であることをクランドール副提督に伝えたという。

クランドール副提督は彼女を個人的に訪問し、敬意を表した。

「巷の噂では、ヌーランド被拘禁者、きょう中にGITMOを出られるらしい。あなたの言うとおり、きょう出ることにしました」。

ヌーランドの顔から血の気が引いた。「いやいや、16日と言ったじゃないの。約束したじゃない。きょうはまだ11日よ」とヌーランドは言った。

「約束などしていない。私は16日に “暫定的に”と言ったのだ。そしてそれは今を意味する」と副提督は言った。

2時間後、ヌーランドは首にロープをかけられ、恐怖に震えながら絞首台の上に立っていた。副提督が最後に何か言いたいことはないかと尋ねると、彼女は、まるで恐怖が彼女の口から息を吸い取ったかのように答えなかった。

「最後のチャンスだ」と副提督は言った。

ヌーランドは少し勇気を出したようだった。彼女は背筋を伸ばし、深呼吸をした。

「私はオバマ大統領に忠誠を誓います」。

「彼は君のためによくやってくれたよ」。副提督は首をかしげながら、ロープにぶら下がったヌーランドのもうすぐ息絶えそうな体を見て言った。

オバマの名前が発せられると、彼はヌーランドの足下のドアを開けるよう絞首刑執行人に命じた。

彼女は3分後に死亡が確認された。

トランプの真実
RELATED ARTICLES

Most Popular

Recent Comments

ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
やまとたける の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 GITMO襲撃犯を特定
ナッキーこと山田直樹 の上 軍がビル・ゲイツに有罪判決を下す