日曜日, 6月 16, 2024
ホームGITMOJAGはシェナ・ベローズを反逆罪で処刑

JAGはシェナ・ベローズを反逆罪で処刑

By Michael Baxter – 2024年6月6日(Real Raw Newsより翻訳)

名誉を失ったメイン州の州務長官シェナ・ベローズは、アメリカ合衆国に対する反逆罪でグアンタナモ湾で絞首刑に処され、5月26日に儀式もなく無情に旅立った。

報告によると、軍のパネルは1週間前にベローズを有罪とし、JAGに対して最高刑を課すよう勧告した。予想どおり、その評決はディープ・ステートの手先であるベローズを激怒させ、彼女は人生の最後の6日間を泣き続け、ジョセフ・R・バイデンに上訴する機会を懇願して過ごした。

ウィットに富み、ブラックジョークで知られるクランドール副提督はベローズの要求を受け入れ、彼女がホワイト・ハウスに電話をかける間にそばに立った。ベローズはオペレーターに自分の身元を明かし、自由のためにバイデンと交渉する必要があると伝えた。しかし、「ジョセフ・バイデンはここにいません」と言われ、電話を切られた。副提督は彼女に真実を伝えた:バイデンは実際のホワイト・ハウスに足を踏み入れたことがなく、もしそうしていたら、すぐに逮捕され、戦争犯罪者として裁判にかけられ、処刑されていただろう。副提督は彼女に「長い昼寝」の準備をするよう促した。

その「昼寝」は5月26日午前10時少し前にやって来た。ベローズは絞首台の上でロープの輪を首にかけ、黒い袋で頭を覆われたまま、命乞いをした。

「どうか殺さないでください。何でもします」とベローズは叫んだ。

「トランプ大統領に謝罪し、彼の許しを求めますか?」とクランドール副提督は尋ねた。

「はい、はい、そうします」とベローズは答えた。

「テレビに出て、トランプは反乱者ではなく、彼の名前を投票用紙から外すことを望んだのは間違っていたと言いますか? メイン州およびアメリカの全住民に謝罪しますか?」と副提督は言った。

彼女は頭を激しく縦に振った。「はい、はい、はい…全部やります。何でもします。死にたくありません」。

「裏切り者よりも悪いのは、臆病な裏切り者です、収容者ベローズ。せめて自分の信念を貫いて、勇敢に死を迎える勇気を持ちなさい」と副提督は軽蔑的に言った。

「おお、神よ。いやです」と彼女は泣き叫んだ。

「神の名を持ち出さないでください。これはあなた自身の行いです」。

副提督はベローズの後ろに立っていた執行人に、彼女の震える足の下のドアを開けるよう指示した。

彼女は数分後に死亡が確認された。

「彼らは皆同じだ」と副提督は出席していたホワイト・ハットの将校たちに語った。

トランプの真実
RELATED ARTICLES

Most Popular

Recent Comments

ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
やまとたける の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 GITMO襲撃犯を特定
ナッキーこと山田直樹 の上 軍がビル・ゲイツに有罪判決を下す