月曜日, 6月 17, 2024
ホーム2024選挙2024年選挙日のカーツ大佐:「血が流れるだろう」

2024年選挙日のカーツ大佐:「血が流れるだろう」

By Michael Baxter- 2024年6月6日(Real Raw Newsより翻訳)

カーツ大佐のレッド・ハットは、2024年大統領選挙において民主党の選挙作業員が投票用紙を操作し、投票機を改ざんするのを防ぐために「必要なあらゆる力を行使する」予定であり、たとえそれがアメリカの街頭での武力衝突を意味しても構わないとしている。

エリック・M・スミス将軍のオフィスの情報筋がReal Raw Newsに語ったところによると、気性の荒いカーツ大佐は最近、彼の部隊が次の選挙を守るために準備が整っており、選挙の盗みに再び参加する愚かな陰謀論者に対して致命的な力を行使する用意があるとするメッセージを送ったという。彼の罵倒を含むメッセージは、スミス将軍に対し、二つのグループが戦場で対峙した場合、レッド・ハットに向けて発砲しないように部隊を適切に訓練するよう警告していた。これらの戦場は、七つの激戦州である。

「暴力は避けられないものであり、不可避なものだ。だから、部下がライフルを向ける相手に注意を払え。こちらも君がそうするなら目標を見失わない」と、カーツはスミス将軍への手紙に書いている。

5万人以上の部下を持つと主張するカーツは、レッド・ハットがどこでも迅速にバロットハーベスター(選挙票収集者)を攻撃し、アリゾナ州やネバダ州のような州でディープ・ステートの悪行の兆候を注意深く見守ると述べている。彼のしばしば不安定な口調からは、ホワイト・ハットも武器を持って激戦州を巡回することを予測しているように思える。スミス将軍のオフィスの情報筋によると、アメリカ海兵隊、JAG(法務官)、陸軍犯罪捜査局が共同で2020年の再現を防ぐために働く予定だが、武装した公開対立には言及していなかった。むしろ、ホワイト・ハットは一般的に直接行動よりも秘密作戦を好む。なぜなら、アメリカの街頭を事実上の流血戦場に変えたくないからであり、付随的被害や民間人の犠牲を避けたいからだ。

もし彼の言葉が本気であれば、カーツはバイデンとその政権を再びアメリカに押し付けようとする邪悪で影のある勢力に対して、紛争をエスカレートさせる意思と能力があるようだ。

「共和党地区で一つでも投票機が突然動かなくなったり、投票機が票を変更したりすることを耳にしたら、血が流れ、通りが川のように赤く染まるだろう。我々は戦争状態にあり、怠慢は容認できない。君には君の計画があり、私には私の計画がある。そして、必要ならば全てを壊す覚悟がある。君が最もよく知っているように、スミス将軍、5万人の訓練された決意を持った男たちが何を成し遂げることができるかを」と、カーツは書いた。

情報筋によると、スミス将軍はカーツの5万人の部隊の主張を懐疑的に見ているという。

「カーツがその人数を持っているという証拠は見ていないし、カーツは自分をより強力に見せるために人数を水増ししている可能性がある。しかし、それが彼を無視しているわけではない。もし彼が5千人の訓練された男を持ち、彼らを装備できるなら、彼らは信じられないほどの惨事を引き起こす可能性がある」と彼は言った。

アメリカの街頭でレッド・ハットの銃撃にホワイト・ハットがどのように対応するか尋ねられた彼は、「明らかに、私がそれを知っていてもその計画を事前に伝えることはできない。私自身について言えば、我々と彼らはそれほど違わない。我々は同じ結果を望んでいる。ただ、カーツの許容範囲が我々よりも高いだけだ」と付け加えた。

情報筋は、ホワイト・ハットとレッド・ハットの間には不一致があることを忘れていたようだ。前者はディープ・ステートを壊滅させ、トランプの大統領再任を確実にすることを目的としているのに対し、後者は45(第45代大統領、トランプ)に対して曖昧な感情を抱いており、彼を二つの悪のうちの少ない方と見なしているのだ。先月のスミス将軍との対面で、カーツはディープ・ステートが2016年にトランプの内閣に侵入し成功を収めたため、2024年にもその目標を達成するだろうと述べた。そして、トランプ大統領の「計画」について、カーツによれば、彼は自分をより強力で手強く見せるために常にそれを修正しているという。

トランプの真実
RELATED ARTICLES

Most Popular

Recent Comments

ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
やまとたける の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 GITMO襲撃犯を特定
ナッキーこと山田直樹 の上 軍がビル・ゲイツに有罪判決を下す