日曜日, 6月 16, 2024
ホームアメリカニューヨーク市の保護観察官とのビデオ会議でトランプ大統領が激怒

ニューヨーク市の保護観察官とのビデオ会議でトランプ大統領が激怒

By Michael Baxter -2024年6月11日(Real Raw Newsより翻訳)

米陸軍サイバー司令部(ARCYBER)は月曜日、ドナルド・J・トランプ大統領が自宅での量刑前ビデオインタビュー中に使用したコンピュータに、軍用グレードの暗号化ソフトウェアをインストールした。このセキュリティ強化は、ニューヨーク市の保護観察官とその上司がトランプのネットワークをハッキングして、2024年の選挙キャンペーンのアジェンダやその他の機密資料を盗むのを防ぐことを目的としていた。トランプの個人用デバイスには、ホワイト・ハット作戦に関するデータは保存されていないと、エリック・M・スミス将軍の事務所の情報筋がReal Raw Newsに語った。

情報筋によると、スミス将軍は、トランプが最初の提案「ビデオ通話に参加せず、ディープ・ステートがどのように反応するかを見る」を拒否した後、この予防策を提案した。しかし、トランプは自身の漠然とした「計画」に言及し、自分の洞察力がすぐに保護観察官が犯罪者のフアン・メルシャン判事やそのディープ・ステートの同盟者から指示を受けているかどうかを判断できると言った。将軍は、ディープ・ステートが不適切に介入する場合に備えて、ARCYBERが暗号化プロトコルをさらに強化することをトランプと彼の弁護士トッド・ブランシュに説得した。

追加の予防措置として、新しいラップトップを購入した。ニューヨーク州検事総長のオフィスから、ビデオインタビューには携帯電話を使用できないと言われていたためだ。ARCYBERの専門家がマー・ア・ラゴに赴き、ラップトップを開封し、検査した。

月曜日の午後のインタビューは、保護観察官「ステファニー」姓のイニシャル「G」が、事件に関係のない侵襲的で非専門的な質問をするところから始まった。トランプを挑発するために、彼女はメラニアとバロンが、すぐに刑務所に入るかもしれない有罪判決を受けた犯罪者と一緒に暮らすことについてどう感じているかを尋ねた。さらに、彼女はトランプに、ビジネス記録を偽造しただけでなく、妻に対する連続的な不貞も認める準備ができているかどうかを尋ねた。

トランプの弁護士は即座にその質問に異議を唱え、通話を終了させると脅した。この時点で、ステファニー・Gはマイクをミュートし、カメラ外の誰かと話しているように見えた。彼女は手を口元に置き、トランプ側から口の動きを読まれないようにしていた。1分後、彼女はマイクを再開し、フアン・メルシャン判事が慈悲深い気持ちを持っていれば、トランプを刑務所に送るのではなく、長期の保護観察に置くかもしれないと説明し、さらに、裁判所がトランプの動きを追跡するために彼が足輪を着けることになるかもしれないと付け加えた。

この時点で、トランプ大統領は彼女の強制力のない脅しを拒絶し、自分こそが彼女に足輪を着ける権限と影響力を持っていると述べた—しかし、それは彼女がそれをいじったり、自宅の敷地から2フィート以上離れたりすると爆発するようにセットされたものだと言った。

ブランシュは彼のクライアントをなだめようとしたが、トランプ大統領は沈黙しなかった。彼はステファニー・Gに、ディープ・ステートに仕える卑しい矯正官よりもはるかに強力な人物に足輪を着けるよう命じたことがあるとほのめかした。

トランプは、「足首にブレスレットをしているなんて信じられないような人たちがいる。そして、次はあなたがそうなるかもしれない」と言ったと報道されている。

通話は突然終了した。ステファニー・Gまたは彼女の見えない指導者がそれを終了させたようだ。

情報筋によると、ステファニー・G側の誰かがトランプのコンピュータの脆弱性をスキャンしたとのことだ。

「そのラップトップには何も見つからなかった。しかし、彼女は確かに好奇心旺盛だった」と情報筋は言った。

ちなみに、Real Raw Newsは、我々の情報筋の会議の報告がワシントン・ポストの報告と矛盾していることを認識している。ワシントン・ポストは、会議は和やかであり、保護観察官が異常な質問をしなかったと主張している。

トランプの真実
RELATED ARTICLES

Most Popular

Recent Comments

ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
やまとたける の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 GITMO襲撃犯を特定
ナッキーこと山田直樹 の上 軍がビル・ゲイツに有罪判決を下す