日曜日, 5月 19, 2024
ホームアメリカ4月8日に開催されるクリントン軍事法廷

4月8日に開催されるクリントン軍事法廷

By ”Real Raw News” Michael Baxter 3/30/2021

正確に4月8日、ヒラリー・クリントンは、アメリカとその国民に対して犯した罪に回答するため、軍事法廷にかけられることになる。


既報の通り、トランプ大統領の指揮下にある米海軍特殊部隊は、3月2日、クリントン氏のニューヨーク州チャパクアの邸宅を急襲してクリントン氏を拘束し、元ファーストレディと無数の残虐行為とを結びつけるノートパソコンを押収した。彼女は3月5日からグアンタナモ湾収容所のキャンプデルタで軍の監視下に置かれている。

あと1週間余りで、この極悪非道で下劣な生き物は、ドナルド・J・トランプとその諮問委員会が厳選した6人の米軍将校で構成される軍事法廷の前に立つことになる。裁判官と陪審員を兼任する将校は、0-3(大尉)から0-9(中将)までの幅広い階級をカバーしており、米軍の全部門から選ばれていると、手続きに詳しいトランプ氏の関係者がRRNに語った。

「この人選は急いで行われたものではない。トランプ氏のチームは、何週間もかけて役員を選んだのだ。トランプ氏は、自分を方程式から外し、選ばれた士官がクリントン氏への偏見に汚染されないようにしたかったのだ。何があっても、彼女には不利な状況が続く。法廷は普通の裁判ではないし、クリントンは、もはやアメリカ市民ではない」と情報源は語る。

市民権を剥奪されたクリントン氏は、もはや米国憲法やジュネーブ条約の保護を受けることはできない。彼女は抑留者、つまり敵の戦闘員であり、何の権利もなく、黙秘権さえもない。軍事法廷では、沈黙は有罪と同義である。

「クリントン氏は、自分のために話してくれる弁護人が必要かどうか尋ねられたが、この気の狂った人は自分で弁護すると言った。 彼女は軍事法廷という考えを狂気の沙汰だと断じ、自分の仲間がどうやって彼女を解放するかをべらべらしゃべっている。彼女にとっては良いことではない。彼女は反逆罪、扇動罪、暗殺、暗殺未遂などの罪に問われている」と関係者は語る。

さらに、トランプ氏は、ベンガジ事件で4人のアメリカ人が死亡したことについて、クリントン氏の責任を追及している。クリス・スティーブンス大使、ショーン・スミス情報官、そしてCIAの契約者であるグレン・ドハーティとタイロン・ウッズ(ともに元米海軍特殊部隊員)の死亡についてである。クリントン氏の不作為が彼らの死を招いたのだから、トランプ氏は彼女に責任を取らせるべきだとしている。

情報源によると、クリントン氏は、無罪、GITMOでの終身刑、銃殺刑の3つの可能性のうち1つに直面しているという。
トランプの真実
RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

CAPTCHA


Most Popular

Recent Comments

ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
やまとたける の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 GITMO襲撃犯を特定
ナッキーこと山田直樹 の上 軍がビル・ゲイツに有罪判決を下す