木曜日, 4月 18, 2024
ホームアメリカトランプ大統領就任式は2021年7月4日

トランプ大統領就任式は2021年7月4日

 By Michael Baxter ー 2021年4月3日(Real Raw Newsより翻訳)

ドナルド・J・トランプは7月4日の独立記念日にホワイトハウスにめでたく復帰するだろう。ディープ・ステートの腐敗の最後の痕跡が大規模なおとり捜査で一網打尽にされ、GITMOに送られて軍事裁判を受けることになるからだと、2020年の違法選挙を無効にするためのトランプの作戦に関わっているマー・ア・ラゴの関係者が語った。

「トランプと彼の仲間はマー・ア・ラゴにこもってこの混乱を解決している。彼らは、ペロシ、AOC、アダム・シフといった人々だけでなく、彼らのスタッフも狙っている。彼らのスタッフも排除しているし、スタッフにスタッフがいる場合は、そのスタッフも倒れるかもしれない。これは完全な粛清だ。リベラルなエリートの廃止と、ハリウッドの根絶だ。ペドのトム・ハンクスがオーストラリアに市民権を求めたのはなぜだと思うか? 彼らは何が起こるかを知っているのだ」と関係者は語った。

8人の統合参謀本部のうち6人がドナルド・トランプ氏を支持していると、情報源は付け加えた。残っているのは、マーク・ミリー統合参謀本部議長とカール・L・シュルツ沿岸警備隊司令官ですが、この2人にはトランプ氏が忠誠心を見直す機会を与えるでしょう。もし、バイデンを支持するなら、彼らもまたグアンタナモ湾への片道切符を手にすることになるだろう。


「誰もフリーパスではない」と関係者は言う。


トランプ大統領は、逮捕が始まれば、戒厳令を発令するだろう。ディープステートが粛清に抵抗した場合、罪のない、法を守る愛国的なアメリカ人が銃撃戦に巻き込まれることを望まないからだ。トランプ氏は、抵抗勢力を鎮圧するのに十分な軍事的支援を得ていると考えており、ディープ・ステートの掃討には10日間かかると考えている。


「彼は、憲法上の権利を侵害するために戒厳令を発令するのではなく、危険な日々の中でアメリカ人を守るために発令するのだ。トランプはアメリカを愛している。彼はアメリカ人を愛している。彼は無実の傍観者に危害が及ぶことを望んでいない。ディープステートの自暴自棄には限界がなく、自分たちが倒れると分かっていれば、罪のない人々を連れて行こうとするかもしれない」と情報源は語った。


粛清後、トランプ氏は戒厳令を解除し、正当に就任した国民に米国を返還することになる。

最後に、多くの人が予測していたように、トランプが3月4日にその約束を果たさなかった理由を情報源に聞いてみた。

「トランプはその日を教えなかった。もしそれが実現するとしたら、それはいつも独立記念日になるはずだった」と彼は語った。

マー・ア・ラゴのコマンド・センターでは、トランプとその評議員たちが、アメリカとその国民への宣誓を反故にしたすべての選出・任命された高官の名前を洗い出すという、ほとんど解けないジグソーパズルを解くために精力的に働いている。トランプ氏は第一、第二の人物を把握しているが、その下には封印された起訴状に名前が記載されていないディープステートの第三の工作員が複雑に絡み合っており、その中の誰かがトランプ氏の政権復帰計画を阻止する可能性がある。
トランプ氏が計画を実行するために十分な戦力をどのように集める予定なのかを聞かれた情報源は次のように答えています。”トランプには軍の支援がある。軍がバイデンを支持しているというMSMのシナリオを信じてはいけない。トランプは愛国者だ。彼が命令を出せば、軍はすぐに反応し、ジョー・バイデンをその場で逮捕するだろう。『シスの復讐(スター・ウォーズ、エピソード3)』のオーダー66(極秘命令)のようになるだろうが、今回は善人が命令することになる」。

トランプの真実
RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

CAPTCHA


Most Popular

Recent Comments

ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
やまとたける の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 GITMO襲撃犯を特定
ナッキーこと山田直樹 の上 軍がビル・ゲイツに有罪判決を下す