日曜日, 5月 19, 2024
ホームアメリカトランプ大統領、エイミー・コニー・バレット判事に封印された起訴状を作成

トランプ大統領、エイミー・コニー・バレット判事に封印された起訴状を作成

By Michael Baxter -March 27, 2021(Real Raw Newsより翻訳)

ホワイトハウスでの最後の日となった1月19日、ドナルド・J・トランプ氏は次々と封印された起訴状を共同で作成した。そのうちの1つは、エイミー・コニー・バレット最高裁判事を、アメリカとその国民に対する重大な犯罪と軽犯罪で告発したものであると、トランプ氏と当時のジェフリー・ローゼン司法長官代理の事件調査を手伝った元米国防総省職員が語った。


情報源によると、トランプ氏は、49歳で7人の子供を持つ母親を正式に告発するかどうか何日も考えたが、自分と米国憲法に対するバレット氏の裏切りについては、罰を免れることはできないと結論付けたという。

「トランプ氏は、誰の謝罪でも喜んで受け入れる慈悲深い人だが、彼女を自由にすることはできなかった。彼女の究極の裏切りの後ではね」と関係者は語った。

9月26日、トランプ氏はホワイトハウスのローズガーデンで、ワシントンの政府高官や要人、家族などを前に、エイミー・コニー・バレット氏の指名を発表した。バレットは、最高裁に平等性をもたらし、リベラル左派が2020年の大統領選挙を乗っ取ることを阻止する、保守派の申し子と見られていた。トランプ大統領は何週間にもわたって彼女を擁護し、あらゆる機会に彼女を誇示した。

10月26日、上院は彼女を最高裁判事に承認したが、その2日後、彼女はトランプを後ろから刺した。10月28日、最高裁はペンシルバニア共和党対キャシー・ブックバー(ペンシルバニア州長官)の判決を下し、彼女に有利な判決を下した。ブックバーは不在者投票の期限を延長したいと考えており、共和党は差し止めを求めていた。

バレットは、この投票を拒否した。自分を任命するために徹底的に戦った人物を支持する最初の機会だったのに。

「トランプ氏は公には何も言わなかったが、内心は非常に失望していた。自分の判断を疑う日々が続いた。彼女の一票が決定を左右することはなくても、彼女は正義のために一票を投じることが期待されていたのだ」と関係者は語ります。

バイデンが選挙を盗んだわずか数日後の12月8日、トランプ氏の盟友であるテキサス州のケン・パクストン司法長官は、違法・違憲な選挙を行ったジョージア州、ミシガン州、ペンシルバニア州、ウィスコンシン州を提訴した。パクストンは、違法投票の無効化を最高裁に申し立てたが、裁判所はその申し立てをてきぱきと却下した。最高裁は短いメモの中で、「テキサス州はこの裁判所に、各州の選挙プロセスを仲裁するよう求めている。そのファウスト的な招待は断固として拒否されなければならない」と述べた。

そのメモにはAmy Coney Barrettの署名が入っていた。

「これは、トランプの腹に吸い込まれるようなパンチだった。彼のチームは不正選挙の紛れもない証拠を提示した。彼は、エイミーがディープステートの仕業だと気付いた非常に賢い人だ。トランプは警戒心の強い男だが、彼女は彼の防御を崩し、うまく騙したのだ。そこで、彼女を封印した起訴状を出すことを考え始めたのだ」と関係者は語った。

トランプ氏とローゼン氏は、1月19日午後9時30分に起訴状に署名した。バレットの容疑は、反逆罪、敵との共謀、最高裁判事にあるまじき行為など。トランプ氏は、年内に政権に復帰すると、他の多くの人物とともに彼女の起訴状を開封すると予想されている。

「トランプ氏は、最高裁が根底から腐敗していることを認識している」と関係者は語る。「だからこそ彼は軍に頼り、この不正な混乱を元に戻そうとしているのだ。それが実現すれば、裏切り者が並べられ、軍事裁判のためにGITMOに送られるような清算が行われるだろう」。
トランプの真実
RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

CAPTCHA


Most Popular

Recent Comments

ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
やまとたける の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 GITMO襲撃犯を特定
ナッキーこと山田直樹 の上 軍がビル・ゲイツに有罪判決を下す