日曜日, 7月 14, 2024
ホームアメリカ軍は最高裁判事エイミー・コニー・バレットを自宅待機させる

軍は最高裁判事エイミー・コニー・バレットを自宅待機させる

 ●軍は最高裁判事エイミー・コニー・バレットを自宅待機させる

By Michael Baxter-2021年5月19日(Real Raw Newsより翻訳)

封印された起訴状に基づいて、米軍はエイミー・コニー・バレット最高裁判事を自宅に軟禁し、7人の母親である彼女が逃亡しないようにアンクレットを装着した。

4月15日、米海軍法務総監と陸軍検察局検察局の捜査官が、子供たちや夫のジェシーと暮らすバレットのワシントンD.C.の自宅を訪れた。捜査官がバレットに、ドナルド・J・トランプが大統領退任前に発動した1807年の反乱法は、反逆罪で告発された立場にある市民や、国家安全保障への脅威をもたらす市民を拘束・逮捕する権限を与えていると話したとき、そのほとんどが同席していた。

トランプのディープ・ステートとの戦いに関わっている関係者がReal Raw Newsに語ったところによると、明らかに混乱していたバレットは、捜査官が最高裁判事としての公式な立場で彼女の助けを求めていると勘違いして自宅に迎え入れたという。自分が軍の調査対象であることを告げられると、バレットは好戦的になり、市民に対する軍の権限を認めないと言った。彼女は、調査員が自分を偽って自宅に侵入したことを非難し、ワシントンDCの巡回判事が発行した逮捕状がない限り、彼らに立ち去るよう要求した。

「軍隊はエイミーの夫に、彼女と取引する間、子供たちを別の部屋に連れて行くように言いました。そして彼女は、カマラ・ハリスと個人的な友人であり、彼らの首を銀の皿に乗せて持っていくと、捜査官に爆弾発言をしました。捜査官は、カマラ・ハリスには何の権限もなく、エイミーには、すぐにGITMOに送るのではなく、自宅軟禁にするだけの礼儀を示してくれたことが幸いだと言っていました」と情報筋は語る。

既報の通り、軍部とドナルド・J・トランプは12月の最終週に、保守派の間では最高裁に公平性をもたらし、リベラル左派が2020年の選挙を乗っ取るのを防ぐ女性と見られていたバレットを投獄することの是非を議論していた。しかし、彼女は承認公聴会の2日後に、ペンシルバニア州での広範な不正投票を暴露する可能性のある重要な投票から身を引いて、トランプを後ろから刺したのだだ。

「エイミー・バレットはトランプ氏にとって恥ずべき存在です。彼は彼女を支持し、彼女は彼を裏切った」と関係者は語っている。 「「トランプと(ジェフリー)ローゼンは、12月19日に起訴状を書いて軍に渡しました。彼女は反逆罪とその他の重大な犯罪で有罪です」と情報源は語っている。

このような犯罪には、故ヒラリー・ローダム・クリントン氏との関連性も含まれている。クリントン氏の組織であるクリントン財団は、バレット氏がハイチの子どもたちを養子に迎える際に、それまで障害物やお役所仕事を回避する手助けをした。バレットは2005年に2人、2010年に1人の子供を養子に迎えている。軍は2番目の養子縁組に注目していると、関係者は言う。30万人の犠牲者を出した2010年の大地震の後、クリントン財団が何百人ものハイチの子供たちを誘拐したことを証明する証拠を持っているからだ。地震が収まり、騒ぎが収まると、クリントン財団は、孤児を再就職させるという名目で、魚網にかかった小魚のように子どもたちをすくい上げたのだ。

米軍が入手したクリントン財団の文書によると、「救出された」子供たちのうち、米国の地を踏んだのは25%以下だったという。軍は、その大半が奴隷として売られたという紛れもない証拠を持っているとのことだ。

「クリントン財団は、地震で両親が亡くなったと言って子供たちを連れて行きました。実際には、親の多くは生きていて、子供が消えた後もずっと返してほしいと思っていたことが後に判明しました。バレットの子供の公式な養子縁組の記録はありません。何の書類もありません。まるで魔法のように現れて、誰もそれを疑わなかったのです。間違いなく、彼女の最高裁判事指名の前に審査を受けるべきでした。それは明らかにトランプの大きな見落としでした。疑問点は、あの子供は誘拐されたのか、両親は本当に生きているのか、バレットは一体何を知っているのか、ということです」と情報筋は語った。

「トランプはまだバレットに好意的で、彼は思いやりのある人物です。彼は母親を子供から引き離すことと、正義を天秤にかけているのです。だからこそ彼は、反逆者である彼女をGITMOに送還するのではなく、少なくとも当面は彼女を自宅に軟禁するよう法務総監に依頼したのです。最終的な判断が下されるまで、彼女は追跡用の足かせをつけていなければなりません」と情報源は語っている。

バレットは、調査官が彼女の憲法上の権利を侵害していると、言葉巧みに憎悪を込めて攻撃してきた。法務総監と検察局の捜査官は、「反抗的な態度をとれば、グアンタナモ湾に早々に行くことになる」と言って、彼女をなだめようとした。

「追跡用の足錠をつけられ、家族には箝口令が敷かれていた」と関係者は語る。

エイミー・コニー・バレットが逮捕されたのは、「ロー対ウェード裁判」*を脅かす可能性のある裁判が最高裁で行われたばかりの、不穏な時期である。

*訳者注:ロー対ウェード裁判

人工妊娠中絶を規制するアメリカ国内法を違憲無効として争われた裁判。1973年のアメリカ合衆国最高裁判所は違憲無効とした。これにより人工妊娠中絶合法化の契機となった。

トランプの真実
RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

CAPTCHA


Most Popular

Recent Comments

ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
やまとたける の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 GITMO襲撃犯を特定
ナッキーこと山田直樹 の上 軍がビル・ゲイツに有罪判決を下す