水曜日, 5月 22, 2024
ホームアメリカ今後の軍事法廷について(改訂3版)

今後の軍事法廷について(改訂3版)

By Michael Baxter -2021年6月14日号(Real Raw Newsより翻訳)

多くの人が知っているように、私はディープステートの工作員がアメリカとその国民に対する犯罪の責任を問う軍事法廷の突然の増加に対応しようとしている。日程は常に暫定的なもので、関係者からの情報に基づいて変更されることがある。「大規模な逮捕はいつ行われるのか」という質問をよく受けるが、私はこう答える。情報筋によれば、大規模な逮捕は、ドナルド・J・トランプ氏が再就任するまで行われないそうだ。 この「大規模掃討」に向けて、米軍、特に法務総監は「ディープ・ステート・リーダーシップ」を取り締まっている。つまり、アメリカを国民の手に取り戻すというトランプ氏のミッションを妨害する力と財力を持つ権力者たちである。

以下は、予定されている軍事法廷のリストである。
ウィリアム・ジェファーソン・クリントン 現在GITMOで行われている。
ジョン・ベイナー – 6月17日に予定されており、短時間で終わる見込み。
ウィリアム・バー氏 – 6月21日に移動
俳優のトム・ハンクスと妻のリタ・ウィルソン – 6月21日に変更
俳優のケビン・スペイシー-6月23日に移動、先に報告したティエラ・デル・フエゴにある米軍の収容施設に収容される。
デボラ・バークス博士・・・6月23日、GITMOにて。
最高裁判事エイミー・コニー・バレット-6月28日、GITMOにて
元FEMA長官クレイグ・フゲイトとブロック・ロング、6月29日、ティエラ・デル・フエゴにて。
スーザン・ライスとサマンサ・パワー、7月2日、現時点で場所は不明。
ミット・ロムニー、7月2日、場所は不明。
ジョージ・ソロス、7月5日、場所は不明。
ツイッターCEOのジャック・ドーシー、7月9日、GITMO。
レックス・ティラーソン、7月17日、場所は不明。
ウォーレン・バフェット、7月19日。
フーマ・アベディンの法廷は1週間前に行われたが、GITMOでは行われなかったため、私の報告が遅れている。早急に報告する。
このリストはすべてを網羅しているわけではない。
<Michael Baxter氏からのお知らせ>
2月に、私はこのウェブサイトからすべての寄付リンクを削除しました。現在、Googleはより積極的な姿勢を見せており、「憎悪的または軽蔑的なコンテンツ」という理由で、私の記事をほとんど即座に無効にしています。広告収入は、私の主な収入源です。私はコンテンツを「ペイウォール」することはありませんが、金銭的な寄付をしたい方のために、以下に私のGoFundmeのリンクを掲載します。ありがとうございます。

トランプの真実
RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

CAPTCHA


Most Popular

Recent Comments

ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
やまとたける の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 GITMO襲撃犯を特定
ナッキーこと山田直樹 の上 軍がビル・ゲイツに有罪判決を下す