日曜日, 7月 14, 2024
ホームアメリカジョン・ブレナン、GITMで絞首刑に

ジョン・ブレナン、GITMで絞首刑に

By Michael Baxter -2021年6月14日(Real Raw Newsより翻訳)


サイコパスであるジョン・ブレナンはもういない。


6月7日(月)、ブレナンはヒラリー・クリントンと同じように、軍事法廷で殺人罪と反逆罪の判決を受け、絞首刑で死ぬという不気味な運命を辿った。首に縄がかけられる瞬間まで黙っていたクリントンとは違い、口うるさいブレナンは、最後の食事を勧められたが断った。看守を罵り、絞首台まで護衛された憲兵を非難し、ウィンドワード・ポイント灯台の近くに集まった軍人や民間人の小さな集会で彼の死を目撃した。


実際、有罪判決を受けてから死刑が執行されるまでの数週間、ブレナンはほとんど口を閉ざしていなかったと、GITMOの関係者は匿名を条件に語っている。彼はReal Raw Newsに対し、ブレナンはあらゆる機会を利用して米軍や市民に対する侮辱を表明していたと語った。投獄されている間、ブレナンはドナルド・J・トランプを嘲笑し、彼を社会の大きな過ちであり、国家安全保障に対する脅威であると呼んだ。彼は、トランプは「挫折」されるべきだと言った。

しかし、彼の威勢の良さは、GITMOのスタッフが彼を早朝の絞首台に連れて行くのを止めることはできなかった。午前8時ちょうど、彼はヒラリー・クリントンが処刑されたのと同じ装置の上に登った。ジョン・G・ハンニンク副提督が5人の死刑執行人に、格子状の骨組みに取り付けられた丸い赤いボタンを押すように命令すると、足元にあるトラップドアが開く仕組みになっていた。


ハンニンク副提督は、実行命令を出した後に、同期してボタンを押すように指示した。たった一つのボタンが、この残忍な装置を作動させる。そして、自分のボタンがブレナンの命を奪ったかどうかを知る兵士はいない。


「お前ら全員腰抜けで臆病者だ。特にお前はな、ハンニンク提督、私に判決を下した3人の卑怯な将校もここにはいない。どこにいるんだ? やる気がないのか。トランプはどこだ? 自分の手柄を見る勇気がないんだろうな。奴は腰抜けだ。奴に従ったお前らは、臆病者で嘘つきだ。さっさと終わらせようぜ。 俺は何も怖くないぜ」とブレナンが言うと、憲兵が彼の首に縄をかけた。


ハンニンク副提督は絞首台に近づき、首を傾げてブレナンの威嚇するような視線を受け止めた。


「これはドナルド・J・トランプのことではない。これはあなたと、あなたが悪の名の下に取った行動についてです。しかし、トランプ氏がいてもいなくても、罪のない一般市民の殺害に加担した時点で、あなたの運命は決まっていたのです。トランプ氏がきっかけになったかもしれないが、あなたがここにいるのは、率直に言って、あなたが邪悪なクソ野郎だからだ」とハンニンク副提督は語った。


「主人の命令に従え。お前とトランプは地獄で会おう」とブレナンは言い返した。


「実行」の命令が下されると、ブレナンの足元のドアが下に向かって揺れた。首が折れて、ロープが切れた。ブレナンの遺体は草むらの上で動かない。軍医が脈を測り、ブレナンの死亡を宣言した。


「今日、法の裁きが下された」とハンニンク副提督は集会で述べた。


ディープステートの最新の犠牲者であるブレナンの死は、ディープステートの粛清に関わった上層部の勝利の瞬間として歓迎された。

トランプの真実
RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

CAPTCHA


Most Popular

Recent Comments

ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
やまとたける の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 GITMO襲撃犯を特定
ナッキーこと山田直樹 の上 軍がビル・ゲイツに有罪判決を下す