日曜日, 6月 16, 2024
ホームアメリカジェームズ・コミー、ギロチンによる死刑宣告を受ける

ジェームズ・コミー、ギロチンによる死刑宣告を受ける

By Michael Baxter -2021年6月13日(Real Raw Newsより翻訳)

6月4日(金)、グアンタナモ湾の軍事法廷は、ジェームズ・コミー前FBI長官を反逆罪と殺人罪で有罪とし、ギロチンによる死刑を宣告した。これは、コミーが他人の首をはねることに倒錯した喜びを感じていたことを象徴している。

米海軍法務顧問団のジョン・G・ハンニンク副提督が、コミーが、法を守るアメリカ市民に対して確かに非合法な残虐行為を行ったと証言した元FBI職員を尋問し終えた直後に、軍のコミーに対する訴訟を裁く将校たちは評決に達したのである。

最初に証言したのは元FBI現場監督のクリフォード・コルビンで、彼は2015年から2017年にかけてコミーの下で、社会に捨てられたホームレスである浮浪者を拉致して処刑するという秘密の「ベータテスト」に取り組んでいた。ハンニンク副提督に迫られたコルビンは、コミーの私的な「ヒットチーム」が、「誰かが行方不明になったと報告する」可能性が最も低い人物を探し出してターゲットにし、しばしば連邦緊急事態管理庁と共同作戦を行ったことを熱弁した。自然災害の際には、ホームレスの人々に、連邦政府が自分たちを送り込んできたのだと信じ込ませ、希望を失った人々や忘れ去られた人々に食事や避難所を提供していたのである。コルビンの証言は、デリック・ホワイトの証言を裏付けるものであった。

「私は自分のしたことを深く後悔しています。不法な命令に従ったことを後悔しています。しかし、私は自分の行動に責任を持ち、自分の罪を償う覚悟です。指示はジェームズ・コミーから下されたものでした」とコルビンは述べた。

「ジェームズ・コミーはデリック・ホワイトの父親の殺害に関与していたのですか? そして、ギロチンにかけられた他の人たちは? 犠牲者は具体的にどのように選ばれたのですか? コミーが個人的に誰をターゲットにするか言ったのですか?」とハンニンク副提督が尋ねた。

「私たちは自分の裁量で、ホームレスや浮浪者、麻薬中毒者など、そういう人たちだけを選ぶように言われました。ジェームズ・コミーが名前のリストをくれたわけではありません。この作戦は、型破りな方法で確実に死ぬという状況に直面したとき、人々がどのように反応するかを調べる心理的ストレステストの一環だと言われました」とコルビンは説明した。

「何のために?」とハンニンク副提督が尋ねた。

コルビンはこの話を詳しく説明し、もしコミーの最終計画が成功していたら、愛国者や民兵が全国的に一斉検挙され、全員がFEMAキャンプに送られてギロチンで処刑されるのを待つことになっていただろうと主張した。コルビンによれば、FBIとFEMAは、ハリケーン・カトリーナの時にさかのぼって、数え切れないほどのホームレスを「練習」していたという。オバマ大統領が就任した2008年、FBIはこのプログラムを加速させ、週に50人ものホームレスを処刑することもあったという。

「オバマがコミーにこれらの指示を実行するように指示したことは確かですか」とハンニンク副提督は尋ねた。

「私は言えません。私への命令はジェームズ・コミーからでした」とコルビンは言った。

コルビンの証言の大半について黙って聞いていたコミーは、突然、コルビンの証言を遮り、「明らかに金をもらって嘘の証言をしている大胆な嘘つき」と言った。コミーは、コルビンの虚偽の証言を非難し、自分を不当に陥れようとする「あからさまな嘘」を見逃すように法廷に訴えたという。

しかし、コルビンは、立ち上がって、しっかりと人差し指をコミーの方向に向けて立ち上がった。「少なくとも私は、自分にどんな運命が降りかかってきてもいいと認めている。あなたは病人だ、コミー。あなたは無実の人々を処刑するよう私に命じたのです。その理由は、自分の変態的でサディスティックな心を満足させることにほかなりません」。

ハンニンク副提督は、コミーに激烈な一撃を与えた。ハンニンク副提督は法廷で、コミーのイニシャルが入った25枚のFBI内部メモを見せた。そのメモには、ニューオーリンズ、ニューヨーク、フィラデルフィア、オースティン、ロサンゼルスの街中で、FBIのギロチンプログラムに参加する「ボランティア」を探し回るよう、各地域の上司に指示されていた。コミーはいくつかの文書で、FBIのノルマを達成できなかった部下を叱っている。

「コミーの手は刃を放さなかった。彼自身があまりにも臆病なので、他人が彼の汚い仕事をしたのだ。しかし、彼は、法務総監が少しの努力で見つけた書類で自分自身を巻き込むほどずさんだった。彼は何でも否定できるし、目撃者の証言はさておき、これらの文書だけで、アメリカ人に対する最大の虐殺の1つにコミーが関与していることになる。はっきりさせておきたいのは、軍事委員会事務局によれば、コミーは大量殺人の罪に問われるためにその刃物を公開する必要はなかったということだ。彼が故意にこれらの犯罪に参加したことは、あなた方将校がそれを受け入れるならば、有罪にするのに十分な証拠である。よく言われるように、ボールはあなた方のコートにあるのです」とハンニンク副提督は締めくくった。

15分後、委員会はすべての訴因について有罪の評決を下し、コミーを、彼が多くの人々の処刑を命じた方法であるギロチンで処刑するよう勧告した。

ハンニンク副提督は、法務総監には判決に関する広範な裁量権があると述べ、コミーの首をまな板の上に置くことに同意し、その判決は2021年7月4日までに実行されることになった。

トランプの真実
RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

CAPTCHA


Most Popular

Recent Comments

ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
やまとたける の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 GITMO襲撃犯を特定
ナッキーこと山田直樹 の上 軍がビル・ゲイツに有罪判決を下す