日曜日, 5月 19, 2024
ホーム外部ソースサプライズ、パニック、そして運命の選択。アメリカが最も長い戦争に敗れた日

サプライズ、パニック、そして運命の選択。アメリカが最も長い戦争に敗れた日

8/28/2021Washington Postより翻訳)

カブールアフガニスタンの首都がタリバンに陥落し、20年近くも曖昧なままであった戦争に決定的な判決が下された日、街の治安当局のトップの一人は戦いの準備のために目覚めた。


前日、北部最大の都市であり、反タリバンの拠点として知られるマザール・エ・シャリフでは、政府軍がほとんど戦わずに降伏していた。アフガニスタンの王の伝統的な冬の別荘地であり、東への主要な玄関口であるジャララバードでも、一晩のうちに同じことが起こった。


815日、カブールを囲む霧のかかった山々から夜明けが訪れると、カブールは突如として孤立した。米国が何兆ドルもの費用と何千人もの命をかけて支援してきた政府の最後の砦である。しかし、それでも守る覚悟を決めた人たちがいる砦だった。


「誰もがタリバンと戦う準備ができていた。すべての治安部隊は準備ができていた」と、前日の夜に新しい制服を警官に配っていたアフガン治安当局者は語った。


彼はそう思っていた。その日の朝、街を守る主要なチェックポイントを強化しようとしたところ、司令官に手を振られたという。彼は、「『今はそれでいい』と言われた。『数日後にはできるだろう』と言われた」と振り返る。


しかし、カブールには日がなかった。


数時間のうちに、髪の長いタリバンの戦闘員がそれらのチェックポイントを占領した。大統領は、米政府関係者や多くの副官にも伝えずに、宮殿のドアから逃げ出していた。そして、近代史において何度も暴力的な転覆を繰り返してきたこの国は、混沌とした破壊的で屈辱的なアメリカの時代の終わりを迎えようとしていた。


この結果は、米国の高官たちを驚かせた。週末が始まったとき、休暇をとっていた高官たちは、親欧米派の政府が数週間、いや数か月、あるいは数年は持ちこたえるだろうと予想していた。アフガニスタンの人々も、自分たちの政府が崩壊する速さに驚いていた。タリバンでさえも驚いた。


両国とも、何十年にもわたって暴力的な反乱を繰り返しながら、過激派グループを政権から遠ざけようと尽力してきた人々は、ある一つのことで一致していた。:8月中旬の日曜日、いくつかの運命的な選択をしていなければ、すべてがまったく違った方向に進んでいたかもしれない。


その中でも最も影響が大きかったのは、アドバイザーからの明らかに間違った情報に基づいて、大統領が咄嗟に国外逃亡を決断したことだった。その後、米国はカブールでタリバンに対抗する最後のチャンスを得たが、空港から国民を脱出させることに全力を注ぐことを選択した。


このカブールの陥落という文書ーアメリカの最長の戦争のクライマックスーは、アメリカとアフガニスタンの政府関係者、タリバンの司令官、街の住民への20数回のインタビューに基づいて描いている。


アメリカの悲惨な撤退

陥落の前に


ワシントンでもカブールでも、カブール陥落までの数日から数週間は、自己満足に終始していた。米国は軍を撤退させていた。タリバンは成果を上げていた。しかし、両国の首都では、アメリカのプレゼンスの中心であった約500万人の都市が反政府勢力に支配されるまでには、まだ十分な時間があるという見方が主流であった。


アフガニスタンと米国の政府関係者が、機密事項を話すために匿名を条件に語ったところによると、アシュラフ・ガーニ大統領はそのような信念を醸し出していたという。


技術主義的で気まぐれな元教授であるガーニは、アメリカが去った後、アフガン軍はタリバンを食い止めることができると側近に語り、政府は状況を好転させるために6か月あればよいと語ったと、元アフガン政府関係者は語った。アフガニスタンの地方や州都でタリバンの攻撃が激化しても、彼の自信は揺るがなかった。


19世紀に建てられたカブールの大統領官邸「アーグ」にいる彼は、「我々は現地で戦っているので、ここで戦う必要はない」と主張していた。


しかし、現地からの報告によると、アフガン政府軍がまったく戦っていない場合もあるという。


6月下旬から7月上旬にかけて、タリバンがイランやタジキスタンとの重要な国境を越えて進撃したとき、政府軍は持ち場を放棄した。ガーニ大統領の国家安全保障顧問を務めていたが、軍事や安全保障に関する経験がほとんどない欧米出身の若手官僚、ハムドゥラ・モヒブは、政府軍がすぐに奪還するだろうと周囲に語っていた。


しかし、大きな試みは実現せず、政府は重要な収入源を失ってしまった。モヒブはコメントを求められても答えなかった。


タリバンが勝利を重ねるにつれ、米政府関係者は大統領の自信を錯覚だと思うようになった。


ガーニ大統領がタリバンの脅威に焦点を当てていないことに、米政府関係者、特に米中央軍のトップであるケネス・フランク海兵隊元帥とロス・ウィルソン大使は困惑していた。


7月にカブールで行われたガーニ大統領との会談で、2人はガーニ大統領に対し、「現実的で、実行可能で、広く支持される国防計画」が必要であり、34の州都すべてを防衛するという考えは捨てなければならないと語ったと、この会談に詳しい関係者は語っている。


「彼らは、実際に守れるものに集中しなければなりませんでした。すべての州は重要だが、カブールの防衛に不可欠な州もある」と関係者は述べた。


ガーニは同意したように見えたが、フォロースルーはなかったと関係者は言う。


「アドバイスが与えられ、正しいことが言われても、何も起こらない。彼らはそれをしなかった。彼らは一度も実行しなかったし、そのような計画を思いつかなかった」と関係者は言う。


86日の南西部のザランジを皮切りに、その後9日間で20数か所の州都が次々と陥落していく中でも、大統領は気が抜けたように見えた。


「ガーニは経済のデジタル化について話したがっていました」と関係者は言う。大統領が計画している政府の給与支払いシステムのことだ。「それは悲惨な脅威とは何の関係もありませんでした」。


カブールが陥落する前の土曜日の午後になっても、ガーニ大統領は出発の準備や上級スタッフの安全について緊急性を示唆していなかった。


宮殿の庭で一人の顧問を迎え、彼特有の柔らかな口調で、国の経済を支えるための準備をしていた。彼はその日の夜、国民に向けて演説をするはずだった。しかし、彼が演説することはなかった。


一方、アメリカ人は自分たちの妄想に苦しんでいた。


6月の時点では、アメリカの情報機関は、アフガン政府は少なくともあと6か月は持ちこたえるだろうと判断していた。8月には、タリバンがカブールに深刻な脅威をもたらすのは秋の終わり頃だろうという見方が主流になっていた。


アメリカの政府関係者は、ガーニ大統領にもっと急いでほしいと思っていたかもしれない。しかし、彼ら自身の行動は、すぐに心配するようなものではなく、8月のワシントンの慣習的なリズムに身を任せていた。


カブールが陥落する前の金曜日の午後、ホワイトハウスは空っぽになり始め、多くの上級スタッフがバイデンの大統領としての最初の休暇を取る準備をしていた。その日のうちに、バイデンはキャンプデービッドに到着し、アントニー・ブリンケン国務長官はすでにハンプトンズに行っていた。


しかし、土曜日になると、1990年代に親タリバーンと反タリバーンの間で激しい戦闘が繰り広げられたマザリシャリフが陥落したことで、米政府関係者は急いで行動する必要があると確信した。どのくらい早く行動するかは、国防総省と国務省の間で議論された。


この日、ロイド・オースティン国防長官は、バイデン大統領と安全保障担当の側近との電話会議で、米国大使館の全職員を直ちにカブール空港に移動させるよう求めたという。


ウィルソンの大使館の同僚は、金曜日から敷地内の機密書類や機器の廃棄作業に追われていた。ワシントン・ポスト紙が入手した内部メモには、焼却炉、分解機、「バーンビン(焼却ボックス)」を使って機密資料を破棄するようにと書かれていた。また、「アメリカの国旗やプロパガンダに悪用される可能性のあるもの」を廃棄するようにとの指示もあった。


ウィルソンは、米軍関係者が作業を完了するには時間が必要だと言った。しかし、オースティンは時間切れを主張したという。


カブール時間の土曜日夜、ガーニとブリンケンは電話で話した。首都での対決を避けたいブリンケンは、米国が仲介したタリバンとの協定へのガーニの支持を求めた。その協定とは、アフガニスタンの指導者が身を引いて暫定政府が主導権を握れば、タリバンはカブールの外に留まるというものだった。米政府高官によれば、その目的は、タリバンを含む包括的な政府の樹立に向けた交渉の時間を稼ぐことであった。


大統領はしぶしぶ同意した。


このようにして、アフガニスタンでは平和的な政治的移行の道が開かれた。


陥落


日曜日の朝、カブールが目を覚ましたときのニュースは不吉なものだった。多くの店がシャッターを下ろしたままで、人々は仕事を休んでいた。しかし、買収が迫っているという感覚はなかった。


元人権活動家のナデリは、タリバンとの交渉に参加するため、その日の朝、カタールのドーハに向かっていた。タリバンの戦闘員がカブールに近づいていることは知っていたが、外交によってタリバンの完全な支配を免れ、1990年代の暗黒時代に戻ることはないと信じていた。


空港入口手前のロータリーに到着すると、検問所にいた警官が車のドアを開けて彼を確認した。その警官は疲れ切っていた。


「彼の目が忘れられません」とナデリーは言った。「長い間、寝ていなかったのです。彼は絶望的な様子で、状況は悪くなっていると言っていました。しかし、彼は私にこう言ったのです。『あなたはドーハに行くのだから、平和をもたらしてほしい。何とかしてください』」。


大統領官邸はカブールの中心部に位置しているが、迷路のような防空壁に囲まれているため、市内の大半の場所からは遮断されており、朝は平穏な時間が流れていた。


いつものように会議が行われた。一部の高官がパニックに陥り、ガーニをはじめとする人々を避難させるための不測の事態に備えた計画を尋ねても、大統領の個人秘書は「何も知らない」と言い張ったと、元アフガニスタン政府関係者が語っている。秘書官によると、政府は米軍が8月31日に退去するまでは、前夜に行われたガーニとの交渉の結果、退去することになったという。


「多くの安心感が与えられた。アメリカ軍とイギリス軍はまだそこにいました。私たちは普通に生活していました」と語るのは、宮殿でシニア・コミュニケーション・マネージャーをしていたマルジャン・マティーンさん(28歳)。


その日の深夜、彼女は装甲車でカブール中心部を移動しながら出勤していたが、何かが大きく変わったと感じ始めた。


まず、バックパックを持って帰宅する大学生を見かけ、次に店が閉まり、人々がパニックに陥っていた。街の主要な入り口ではタリバンの戦闘員が目撃されており、住民は戦闘が始まることを恐れていた。


「まるでホラー映画のようで、自分もその一部になっている」と彼女は言った。


宮殿の中でも、平穏な空気は失われつつあった。正午頃、職員の多くは昼食のために退出していた。関係者によると、彼らがいない間に、トップアドバイザーが大統領に「武装勢力が宮殿に入ってきて、部屋を回って大統領を探している」と伝えたという。


しかし、それは事実ではなかったようだ。タリバンは、治安部隊が撤退した後、カブールの主要な検問所から侵入した戦闘員がカブールの端にいるが、暴力的に占拠するつもりはないと発表していた。平和的な移行のための合意がなされており、それを尊重するつもりだと。


しかし、それはガーニ大統領に伝えられたメッセージではなかった。大統領は、側近から「早く逃げろ」と言われていた。


ある顧問の話によると、大統領は「宮殿の警備員かタリバンのどちらかになるだろう」と言われ、「ここに留まれば殺されるだろう」とも言われた。


1996年にタリバンがカブールを制圧したとき、勝利した戦士たちが旧ソ連の支援を受けていた大統領を探し出し、彼の体を切断して信号機に吊るしたことを思い出し、ガーニは行くことに同意した。


大統領は自宅に戻って荷物をまとめたいと考えていたが、顧問からは時間がないと言われた。その日の午後早く、大統領はビニール製のサンダルと薄いコートを着て、ファーストレディーと数人の側近とともに、軍のヘリコプターで宮殿の敷地から飛び立った。


大統領と一緒に逃げた宮殿関係者の一人は、窓の外にヒンドゥークシ(カブールの北にある巨大な山脈)がそびえているのを見るまで、どこに向かっているのか分からなかったと語った。


一行は最終的にウズベキスタンに上陸した。そこからはアラブ首長国連邦行きの小型機に乗り込んだ。


急な避難に参加しなかったガーニ大統領の側近たちが昼食を終えて戻ってくると、大統領は姿を消し、オフィスには誰もいなかった。


コメントを求められても答えなかった大統領は、後にFacebookに、「殺されるか、過去20年間、自分の人生を捧げて守ってきた愛する国を離れる」かの選択を迫られたと書き、自国の「大量の流血」を避けるために避難したと正当化した。しかし、彼は2人の副大統領を含む政府のほとんどの幹部に自分の出発を知らせなかった。また、米国政府にも連絡していないため、米国政府は噂やメディアの報道から不在のリーダーの動向を把握するしかなかった。


アフガニスタンの高官の中には、ガーニが去ったことを知らずに、宮殿に助けを求め続ける者もいた。しかし、その日の午後になって、ガーニの秘書がメッセージに答えなくなった。


置き去りにされた関係者は、その日の夕方には民間機に乗れるようにと、自ら空港に向かってダッシュした。


国会議長を含む一握りの人々は、パキスタンに連れて行かれた。国防相のビスミラ・カーン・モハマディはUAE行きの軍用機に乗り込んだ。ガーニ大統領の第二副大統領であるサルワール・デニッシュや、アフガン情報機関のトップであるアフマド・ジア・サラジも、なんとか帰国することができた。


しかし、それ以外の人たちは運が悪かった。元タリバンで、かつての仲間に強く反論していたハッジ大臣は、フライトがキャンセルされ、友人から敵に変わった者たちが事実上の支配者になりつつある街に戻ることを余儀なくされた。


安全が確保された後も、大統領とその一行は、彼らの助けを求めていた高官たちのもとに戻ってくることはなかった。ガーニ氏と長年親交のあった人々の中には、「自分たちを見殺しにした」と裏切られたと感じる人もいた。


混沌とする首都


その日の朝、検問所の補強作業から手を引かれたカブールの治安当局の幹部は、友人から、自分が戦う覚悟を決めた政府がもう存在しないことを知ったという。


「大統領はいなくなった。政府が崩壊したんだろう」と友人は報告した。


彼は自分の目で確かめようと、空港に駆けつけた。パイロットやクルーが飛行機に乗り込み、突然の空白に直面した国からの脱出を急いでいた。


誰もがお互いに「何が起こったのか? 何が起こったんだ? 何が起こっているのか』と話し合っていました」。


米国の政府関係者も同様に驚いていた。アメリカ政府は、ドーハでの交渉で合意されたとおり、暫定的な権限を持つ人物への秩序ある移行のために、ガーニが留まると考えていた。ドーハでの交渉で約束されていたように、ガーニは秩序ある暫定政権への移行のために留まるものと期待していた。


「彼は国を捨てただけでなく、カブールの治安状況を崩壊させた。人々は空港からどこかへ消えていってしまった」と米政府高官は語っている。


空虚な空間では法と秩序が崩壊し始め、武装したギャングが街中を動き回っているとの報告もあった。


急遽手配されたドーハの米軍幹部(米中央軍司令官マッケンジーを含む)は、タリバンの政治部門のトップであるアブドゥル・ガニ・バラダーと直接会って話をした。


米政府関係者によると、バラダーは「我々は問題を抱えている」と語った。「我々には2つの対処法がある。あなた方(米軍)がカブールの安全を確保する責任を負うか、我々がそれを行うことを許可しなければならない」。


この日、バイデンは、アフガニスタンからの米軍撤退を断固として主張していた。アフガン政府が崩壊しても、彼の考えは変わらなかった。


マッケンジーがバラダーに語ったところによると、アメリカの任務は、アメリカ国民やアフガンの同盟国など、危険にさらされている人々を避難させることだけだという。そのためには空港が必要なのだと。


他の2人の米政府関係者によると、その場で合意が成立したとのことである。アメリカは8月31日まで空港を持つことができる。空港は8月31日までアメリカが持つが、街はタリバンが支配するというものだった。


タリバンのスポークスマンは以前のガイダンスを修正して、カブール中の戦闘機を移動させた。タリバンはその日のうちにカブールを占領するつもりはなかった。しかし、ガーニの退陣により、タリバンは選択の余地がなくなった。


「政府はすべての省庁を去りました。さらなる混乱を防ぎ、公共の財産とサービスを混乱から守るために、街に入らなければなりません」というメッセージが、ムハンマド・ナシル・ハッカニの携帯電話に届いた。


タリバンの司令官であるハッカニは、その日の朝、部隊を率いて街の門に向かったが、その様子には驚かされた。


「兵士や警察は一人もいなかった」と彼は言った。それから数時間、彼は言われた通りに行動し、それ以上の前進を控えていた。


しかし、政府が崩壊したという情報を得て、彼と部下たちは1時間以内に市の中心部に到着した。昼過ぎには宮殿に到着していた。


「嬉しさのあまり、感情を抑えられなかった。戦闘員のほとんどが泣いていた。こんなに早くカブールを占領できるとは思わなかった」と語った。


カブールの多くの人々にとって、ハッカニの喜びの源は深い絶望の原因となった。


タリバンはそれが変わったと主張している。アフガニスタンの未来は、それが本当かどうかにかかっている。


タリバンの戦闘員がカブールの街中に陣取っている光景は、すでに始まっていた脱出を加速させた。いつも渋滞しているカブールの街は、仕事帰りの人々や、飛行機に乗るために空港に向かう人々で、いつも以上に混雑していた。


宮殿のコミュニケーション・マネージャーであるマティーンは、騒乱の中、装甲車の中で同僚からの電話に対応していた。


マティーンによると、彼らは「来ないでくれ」と言っていたという。「現地スタッフはみんな帰ってしまう。現地のスタッフはみんな帰ってしまうから、書類を取りに行くのを手伝ってくれ」と言われた。


ジーンズとシャツを着ていたが、それでは新政府とのトラブルになりかねないと思ったからだ。


「目の前で政府が崩壊するのを見たのです。何もかもなくなってしまったような気がしました。私たちの国の旗は、もうそこにはありませんでした。タリバンに支配された新しい国に目覚めたのです」。


戦争で家を失ったアフガンの少女たちに写真を教えていたアフガン系アメリカ人のアリア・ラオフィも、車で戦車の前を通りかかったとき、同じようなことを感じた。


「あれはアフガンの兵士ではない。あれはアフガン兵ではなく、テロリストだ」と。彼女は急いで家に戻り、アパートに隠れた。すると、近所の検問所にいたアフガンの治安部隊がいなくなっており、代わりにタリバンの武装集団がいた。彼女はすぐに出発の準備をした。


宮殿でもタリバンが支配していた。一人の警備員が残り、武装勢力を中に入れて案内していた。彼は、アルジャジーラの記者に、ガーニから電話があり、ハミド・カルザイ前大統領と協力して引き渡しの調整をするように言われたことを、少しぼんやりした様子で話した。


アルジャジーラのカメラは、20年間影に隠れていた戦闘員たちが、金色に輝く権力の象徴に目を奪われている様子を映し出していた。


日曜日にカタールに飛んで以来、アフガニスタンに戻っていないナデリーは、タリバンが政権を取ったというニュースを最悪の失敗のように感じたという。


「私はただそこに座って、『今日、自分の国を失った』と思いました。何年もかけて戦ってきたものが、目の前で崩れていくのを見ました」と、国の国家公務員機関の長を務めていた40歳のナデリーは語った。


アメリカにとっての敗北は完全なものであり、ヘリコプターで大使館員を空港に避難させている様子が生々しく映し出されていた。最後にアメリカ国旗が降ろされる前に、外交官たちは書類を燃やしたり、精密機器を壊したりと、破壊活動に熱中していた。


「非常に大きな音がした。統制された火災、機密書類のシュレッダー、そしてハードディスクや武器の破壊による絶え間ない打撃音がありました」と米政府高官は語っている。


彼らが作業を終える頃には、かつて世界最大の外交機関であった場所は「奇妙な姿」になっていたと、その高官は言う。「看板も写真もなくなっていました。コンピューターは部品が抜かれていて、オフィスは妙に殺風景でした」と関係者は語る。


国務省では、ブリンケン副長官のウェンディ・シャーマン、政治担当次官のヴィクトリア・ヌーランドをはじめとする幹部たちが、必死になって各国の外務大臣に電話をかけ、避難活動への協力を要請するとともに、114か国が署名したタリバンに避難民の安全な通行を認めるよう求める声明の調整を行っていた。これは、歴史的な避難活動になると考えたからである。


アフガニスタンからカタールへの避難者が殺到し、多くの人々が暑い格納庫に詰め込まれ、先行きの見えない状況に置かれている。


暗闇に包まれた空港には、どんどん人が押し寄せ、ついには質素なターミナルを圧倒し、駐機場にまであふれ出た。


しかし、すでに脱出することをあきらめている人もいた。その夜、カブールの治安当局の幹部は家に帰らず、友人の家に行った。それ以来、彼はそこに身を隠しているが、遅かれ早かれタリバンに見つかるだろうという事実を受け入れている。


彼の運命を決定づけたのは、アフガニスタンの大統領が自分の身を守ることを決めたときだという。


「その瞬間から、すべてが粉砕されました。私は何百人ものタリバンを殺しました。だから確実に彼らは私を殺すでしょう」と彼は言った。*

トランプの真実
RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

CAPTCHA


Most Popular

Recent Comments

ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
やまとたける の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 GITMO襲撃犯を特定
ナッキーこと山田直樹 の上 軍がビル・ゲイツに有罪判決を下す