日曜日, 5月 19, 2024
ホームアメリカ海兵隊は国防総省に反抗。ワクチンの義務化はしない

海兵隊は国防総省に反抗。ワクチンの義務化はしない

By Michael Baxter -2021年8月25日(Real Raw Newsより翻訳)

国防総省のジョン・カービー報道官とロイド・オースティン国防長官が、すべての軍人にCovid-19ワクチンの接種を直ちに開始するよう発表した後、海兵隊大将で統合参謀本部議長代理のデビッド・H・バーガー氏は、ワクチン接種の義務化に反対するレトリックを拡大した。

この命令は、腐敗した食品医薬品局(FDA)がファイザー社の接種を全面的に承認した数日後に下されたものである。本稿では触れないが、RRNでは、ファイザー社が、ほとんど試験を行っておらず、安全性と有効性をめぐって熱い議論を巻き起こしている医薬品を承認する見返りとして、FDAに莫大な現金を流したという証拠を調べている。

RRNが8月10日に報じたように、非合法の政権がアメリカの戦闘部隊を危険にさらす可能性のある強硬なスタイルの義務を課す権限を持っているかどうかについて、バーガー元帥と国防長官は大きく異なる意見で衝突していた。オースティンは、自分はカマラ・ハリスとジョー・バイデンにしか答えないと言い、バーガー元帥は、人気取りのために「悪魔に魂を売った」と非難した。バーガー元帥は、海兵隊に不法に予防接種を行おうとするいかなる試みにも、強制的に抵抗すると付け加えた。

水曜日の朝、アフガニスタンに関する記者会見で質問を受けていたカービーが、義務的な予防接種をすぐに開始することをさりげなく口にしたことで、2人の敵意はエスカレートした。

バーガー元帥のオフィスの関係者がRRNに語ったところによると、ブリーフィングが終わった数分後に、彼のオフィスはメモを受け取ったという。そのメモによると、海兵隊員15万6,000人を含む134万6,000人の現役兵のうち、80万人がワクチン接種を拒否しているという。因みに、この数字は全体の59%、海兵隊の86%に相当し、過半数を占めている。

さらに、このメモでは、健康状態や宗教上の理由を問わず、いかなる兵士にも接種免除を認めないとしている。「兵役に就くのに十分な健康状態であれば、Covid-19の予防接種を受けるのに十分な健康状態である」「宗教的信条との対立を理由にワクチンを拒否する軍人を容認することはできない。すべての米軍関係者にワクチンを接種し、直ちに開始する」と、ロイド・オースティンの署名入りで書かれていた。

情報源によれば、バーガー元帥はオースティンに電話をかけ、「君はもう終わりだ」という2つの言葉を発しただけで、そのメモをシュレッダーにかけたという。

彼は、予防接種の義務化に対するバーガーの姿勢は変わっていないと主張している。

「バーガーは、メモを見た直後に他の高級軍人に電話をかけた。彼は憤慨していた」と関係者は語る。「軍隊でのワクチン接種義務化を阻止するために、あらゆる手段を講じると言っていたのを聞きました。彼は普段はとても落ち着いています。こんなに怒っているのは初めてです」と情報源は語った。

「バーガー将軍はバイデン政権を認めていない。彼は権力が不法に簒奪され、選挙が盗まれたことを知っている。ワクチンにはもっと多くのテストが必要であり、完全に健康な軍隊に疑わしい薬を使うことは違憲であり不道徳であると考えている。彼は、この件で決着をつける覚悟をしている」と関係者は付け加えた。

バーガー氏は、陸軍参謀総長ジェームズ・C・マコンビル氏、空軍参謀総長チャールズ・Q・ブラウン氏、海軍参謀総長マイケル・M・ギルデイ氏など、統合参謀本部のほとんどから支持を受けているという。これらの人物は全員、トランプ氏が任命した人物であり、カマラ・ハリス氏とジョー・バイデン氏の退陣を急ぐことを誓っている。

トランプの真実
RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

CAPTCHA


Most Popular

Recent Comments

ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
やまとたける の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 GITMO襲撃犯を特定
ナッキーこと山田直樹 の上 軍がビル・ゲイツに有罪判決を下す