火曜日, 5月 30, 2023
ホームアメリカ米海軍軍事委員会クオモ軍事裁判を決定

米海軍軍事委員会クオモ軍事裁判を決定

By Michael Baxter -2021年9月3日(Real Raw Newsより翻訳)

米海軍軍事委員会(Office of Military Commissions)と米海軍法務顧問団(Judge Advocate General’s Corps)は、アンドリュー・クオモ前ニューヨーク州知事の法廷日程を決定した。数々の性的不正行為疑惑の中で辞任した不名誉な政治家は、9月20日から3人の士官パネルの前に立つことになる。

既報の通り、クオモは8月15日、米海軍特殊部隊がイーストハンプトンの自宅を未明に襲撃し、身柄を拘束された。クオモは一時的な収容施設で2日間過ごした後、手続きのためにGITMOに空輸された。現在は、GITMOのキャンプ・デルタ収容ブロックに収容されている。

逮捕に詳しい関係者によると、クオモは「手に負えない」被収容者であり、GITMOのスタッフとしばしば口論していたという。

「ほとんど眠らず、誰にでも罵声を浴びせ、食事のトレイを壁に投げつけ、いつも弟のクリスと話すことを要求しています。また、独房からシャワー室に移動する際には、唾を吐きかけられたため、看守が猿ぐつわをしなければなりませんでした。彼は、人々が自分を救ってくれると叫び続けています」と関係者は語っている。

米軍は、世界的な疫病の最初の波の中で、不必要に死亡した少なくとも3万2千人のアメリカの高齢者の死について、クオモに責任を負わせている。軍事委員会事務局は、クオモが病院、老人ホーム、ホスピスに対して、Covid-19以外の死亡原因をCovid-19に起因するものとしなければ、州からの資金提供を停止すると脅したと主張している。さらに告発状によると、クオモはこれらの施設に対し、生きている人を移動式の冷蔵死体安置所や、移動式火葬場に改造した18輪車に入れるよう命じたという。

RRNでは、法廷が始まったら報告する。

トランプの真実
RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

CAPTCHA


Most Popular

Recent Comments

やまとたける on バーガー将軍行方不明
ウッチー on GITMO襲撃犯を特定
ナッキーこと山田直樹 on 軍がビル・ゲイツに有罪判決を下す