火曜日, 5月 21, 2024
ホームアメリカチェルシー・クリントン、GITMOで絞首刑

チェルシー・クリントン、GITMOで絞首刑

By Michael Baxter -2021年11月8日(Real Raw Newsより翻訳)

チェルシー・クリントンが軍事裁判の終了時に見せた偽りの威厳は、軍事委員会事務局が彼女の母親と同様に、世界の国家と子供たちに対して犯した罪で彼女を絞首刑にするつもりだと知ったとき、すぐに消え去った。

軍人関係者がReal Raw Newsに語ったところによると、クリントン氏を絞首刑にするという決定は、殺人や反逆の罪に問われていない犯罪者の死刑執行に法的な先例があるのかどうか、クランドール少将が当初、確信を持てなかったため、すぐには下されなかったという。3人のオフィサーパネルは死刑を推奨していたが、クランドール少将は一方的に判断するのではなく、協議を求めた。

クリントンが有罪判決を受けた2日後の10月28日、クランドール少将は6人の法務総監上級士官に、クリントンを絞首刑にするか、グアンタナモ湾で終身刑にするかを決定するよう命じた。それまでの死刑執行は、軍事法廷で殺人や反逆の罪で有罪となった後に行われていた。クランドール少将は、アメリカ人ではなく外国人の子供を人身売買したことで「水を濁した」と言いながらも、クリントンの罪の重さが母親の罪と同じであることを認めた。

法務総監の優秀な法律家たちは、9日間にわたってクリントンの運命を考え、最終的にチェルシー・クリントンは本当に絞首刑になるだろうという結論に達した。「チェルシー・クリントンの有罪判決を受けた犯罪と、子供の安全と福祉を無視した行為については、死刑を支持する以外に選択肢はありません。彼女が裁判で反省していないことから、終身刑にしても彼女のためにならないと考えられます」とメモに書かれていた。

自分の運命を知ったクリントンは、泣き崩れてしまった。

「私は母親なんです。子供たちはどうなるのですか。彼らは母子家庭になってしまいます」とクリントンはクランドール少将に言った。

「何千人もの母親と子供の人生を台無しにする前に、そのことを考えるべきだったと思いますよ」とクランドール少将は言った。

「なぜマークを絞首刑にしないのですか? なぜ彼を処罰しないのですか?」クリントンが聞いた。

「彼は我々に協力してくれました」とクランドール少将は答えた。

「本当に、申し訳ありません。私の母とビルのせいです。彼らは私を…」とクリントンが言い出したが、クランドール少将がそれを遮った。

「あなたは感情を誤魔化すことに長けていない。明日、絞首刑です」。

そして、11月6日の朝、チェルシー・クリントンの首が折れ、30年以上にわたるクリントンの殺戮に終止符が打たれた。

RRNでは、実際の絞首刑の詳細を説明する必要はないと考えた。なぜなら、絞首台で人生を終えた他のディープ・ステート・エージェントと驚くほど似ているからである。

トランプの真実
RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

CAPTCHA


Most Popular

Recent Comments

ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
やまとたける の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 GITMO襲撃犯を特定
ナッキーこと山田直樹 の上 軍がビル・ゲイツに有罪判決を下す