日曜日, 4月 14, 2024
ホームアメリカディープステートがニューサムのドッペルゲンガーを公開

ディープステートがニューサムのドッペルゲンガーを公開

By Michael Baxter -2021年11月9日(Real Raw Newsより翻訳)

予期されたとおり、ディープステートはギャビン・ニューサムの影武者を公開した。彼が軍に拘束され、軍事裁判を受けるためにGITMOに送られたことを決定的に報じたのは我々だけだったが、他の保守系サイトは少なくとも、彼の長期にわたる沈黙と不在がCovid-19凝固注射に関係していることを認めていた。

火曜日の午後、ニューサム氏は2021年のカリフォルニア経済サミットで2週間ぶりに公の場に登場し、子供たちがハロウィーンに一緒に「トリック・オア・トリート」をしてほしいと言ったために沈黙していたと主張した。

ニューサム氏の魔法のような再登場は、決して魔法ではない。ディープステートには、GITMOやその他の「ホワイトハット」と呼ばれる軍事施設で処刑の憂き目にあったスタッフを復活させてきた不純な歴史がある。彼らは、ヒラリー・クリントンやビル・ゲイツといった、法を守り、神を畏れるアメリカ市民に対する罪で絞首刑になった専制君主たちに、そのような奇跡を起こしてきた。

違法なバイデン政権の事務所の関係者がReal Raw Newsに語ったところによると、ナンシー・ペロシとチャック・シューマーは、ニューサムが昏睡状態になってから、米海兵隊がフェア・オークスの自宅で彼を逮捕するずっと前に、ニューサムのレプリカを見つけるようWHコミュニケーションのディレクター、ケイト・ベディングフィールドに文字通り懇願したそうだ。

「ギャビン・ニューサムは彼らの計画に不可欠であり、彼を死なせたり拘束したりすることはできませんでした」と情報源は言います。

ディープステートは “ギャビン・ニューサムを待っていた “のだ。その正体は謎のままだが、本物のニューサムとは体格や顔のつくりが驚くほど似ているという。ディープステートは、ニューサム氏の物腰、姿勢、話し方を真似るために、2週間近くかけて新しいニューサム氏を訓練していたと、情報源は語っている。さらに、ニューサム氏の妻や子供たちを本物のニューサム氏のように扱うよう、ニューサム氏の偽者に勧めたという。

「最終的には、これらの偽者は暴露されるでしょう。しかし、すぐにそれを実行するのは容易ではありません。本物のニューサム氏には、左太もも上部にあるイタリアの形をした2インチのアザや、左の側切歯にあるセラミックの冠など、識別可能な特徴があります。しかし、これらを見分けることは不可能です。抑揚や身振り手振りなど、バイデンの替え玉を裏切るようなサインに気をつけなければなりません」と関係者は語る。

「彼が自分の沈黙を、ハロウィーンを子供たちと過ごしたせいにしたのは奇妙なことではないでしょうか。ハロウィーンは一晩だけですが、ニューサム氏は2週間ほど連絡を取っていませんでした」と関係者は付け加えた。

訳者注:Doppelganger
ドイツ語のドッペルゲンガーとは、本来は「生きている人の精霊、生霊(いきりよう)」という意味で、死の直前に現れるといわれる自分の分身のことだが、転じて「うり二つの人」という意味もある。ここでは目的を持った分身なので、日本語で分かりやすい「影武者」とした。
トランプの真実
RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

CAPTCHA


Most Popular

Recent Comments

ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
やまとたける の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 GITMO襲撃犯を特定
ナッキーこと山田直樹 の上 軍がビル・ゲイツに有罪判決を下す