火曜日, 5月 21, 2024
ホームアメリカクリス・クオモ、軍の拘束を逃れる

クリス・クオモ、軍の拘束を逃れる

By Michael Baxter -2021年12月2日(Real Raw Newsより翻訳)

リベラル・メディアの司会者として失脚したクリス・クオモは、故アンドリュー・クオモの弟であるが、彼がジャーナリズムの倫理に反して兄のためにスパイ活動をしていたことが発覚したために、かつての雇用主であるCNNとディープ・ステートの同盟者が彼を裏切った直後の火曜日の夜に、軍の捜査網から逃れた。

火曜日、CNNのCEOであるジェフ・ザッカーはディープステートの手先であり、クリス・クオモ(別名フレド)がメリッサ・デローザ(アンドリューの元秘書)に送ったテキストメッセージが公になったことを受けて、自分自身とCNNをフレドから切り離した。ザッカーはそれまで、クリス・クオモが兄をサポートしたことを「誰にでも間違いはある」と擁護していたが、ディープステイトの仲間たちが、彼が用済みになったと満場一致で同意したため、彼を捨てたのである。

匿名を条件にした軍事委員会の関係者がReal Raw Newsに語ったところによると、米海軍軍事委員会(OMC)と法務総監は、ディープステートがクリス・クオモとの関係を断ち切り、「彼を自由にする」ことを意図していることを示す「裏の情報」を受け取っていたという。

火曜日の真夜中過ぎ、海兵隊司令官デビッド・H・バーガー元帥の命令を受けた米海兵隊特殊作戦コマンドは、ニューヨーク州サウサンプトンにあるクリス・クオモの自宅に降り立ち、彼が何も知らずに苦境に陥っているところを捕まえることができると信じていた。不正確な情報によると、クオモはその日の夜遅くにCNNマンハッタン本社を出てロングアイランドの自宅に向かったという。海兵隊の偵察チームが一般車で、クオモの2020年型メルセデスSUVと思われる車を追って自宅に向かったが、すぐに追跡していた男がクリス・クオモではないことに気づいた。つまり、クオモは襲撃の情報を知らされていたため、表向きはおとりの車を使っていたのだ。

住居に到着した海兵隊員は、クオモの体格と一致する正体不明の男を拘束した。彼はクオモに似せるためにカツラをかぶり、芝居がかったメイクをしていた。質問された彼は、本物のクオモの居場所を教えることを拒み、海兵隊員に「君はもう遅い」と言った。

関係者によると、彼は身元確認を待たずに拘束されたという。

しかし、この失敗から3時間後、法務総監はクオモの逃亡を示す「確かな証拠」を入手したという。海兵隊が偽のクオモを拘束し、家の中の証拠を探している間に、本物のクリス・クオモはニューヨーク州ファーミングデールのリパブリック空港で、双発の一般旅客機であるセスナ340に搭乗していた。

情報源は、軍がどのようにして証拠を入手したかについては明かさなかったが、次のようにコメントしている。

「飛行機の登録番号とパイロットの名前は分かっています。燃料が満タンだった場合の航続距離は1,400マイルであることも分かっています。また、パイロットはフライトプランを提出しておらず、深夜に離陸した際には少なくとも1名の乗客が追加で搭乗していたことも分かっています。飛行機は共和国に戻っておらず、どの管制空港からも飛行機の目撃情報はありません」。

国内の空港の大部分は無管制であり、管制塔のある全国の空港が500か所であるのに対し、セスナ340を収容できる無管制の滑走路は約2万か所ある。

「この飛行機を見つけることで、クオモの居場所を絞り込むことができると信じて取り組んでいる」と関係者は語っている。

最後に、RRNはクリス・クオモが自身のSiriusXM衛星ラジオ番組でCNNの停職処分に反論したことを承知しているが、それはどこからでも放送でき、SiriusXMの受信機にも転送される。傲慢で思い上がったクオモが日常的に隠れた場所から電波に乗れば、彼を裁くという法務総監のミッションを不用意に助けることになる。

トランプの真実
RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

CAPTCHA


Most Popular

Recent Comments

ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
やまとたける の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 GITMO襲撃犯を特定
ナッキーこと山田直樹 の上 軍がビル・ゲイツに有罪判決を下す