木曜日, 4月 18, 2024
ホームCovid-19ソトマイヨールSCJワクチン未接種

ソトマイヨールSCJワクチン未接種

 By Mike Baxter -2022112日(Real Raw Newsより翻訳)

ご存知のように、現在、最高裁判所は、犯罪者であるバイデン政権のCovid-19ワクチン接種の義務付けが合法かどうか、合憲かどうかについての議論を受け付けている。保守的な判事たちは、食品医薬品化粧品法第564条と合衆国憲法の両方が、政府機関が市民に医療行為を受けるよう強制することを禁じていると、意見を控えるか、あるいは述べている。Covid-19の予防接種は医療に類似していると、SCJ(最高裁判所陪席判事) のブレット・カヴァノーは述べている。一方、裁判所のリベラルな4人組は、バイデン政権には強力に強制することでアメリカ人の命を守る義務と責任があると、反対のことを説いている。


オバマが任命したソニア・ソトマイヨールは、先週、10万人のアメリカの子供たちが現在Covid-19で入院していると虚偽の報告をした。彼女の主張は、MSMCDCの仲間でさえもすぐに反論するほど、とんでもないまやかしであった。


しかし、ソトマイヨールが自分のプラットフォームを悪用したのは、これが初めてではない。ソトマイヨールの役割は法律を公平に解釈することであるが、彼女の判決には意見や態度が混じっており、それを覆すことが多いのである。倫理的な苦情を受ける前、彼女は社会正義の改革と医療の義務化を、今は空虚なツイッターのアカウントで宣伝していた。


さらに悪いことに、彼女は最悪の偽善者である。


同僚たちと違って、予防接種やブーストを受けたと発言しているソトマイヨールは、法廷での弁論を聞いていない。むしろ、彼女はオフィスでうずくまり、二重のマスクをして、そのふくよかな顔をZOOMで法廷に放送しているのである。彼女は、Covidにかかるのが怖いからそうしていると言っている。


少なくとも、ソトマイヨールの元ロークラークや無給インターンによれば、真実は、ソトマイヨールはワクチン接種を受けておらず、反ワクチン派と呼ばれても仕方ないだろうということだ。


ペニー・サンプソンさんは24歳の法学部生で、プランデミックによるモラトリアムを開始する直前の2021年春に最高裁のインターン・プログラムに受け入れられた。書記官室での彼女の仕事は、弁護士や訴訟当事者からの事件関連の問い合わせに対面や電話で対応したり、裁判所の提出書類や記録の処理・管理など、書記官室の常勤職員のさまざまな仕事を手伝ったりすることだった。また、このインターンでは、ソトマイヨールと散発的に連絡を取るようになった。


2021年の春、何百万人もの騙されやすい市民が予防接種会場に押しかけ、血栓の予防接種を切望する中、サンプソンさんは不思議な状況に置かれていることに気づいた。


「私は予防接種を受けるために、水曜日にオフィスを早く出る許可を得ました。私は、まあ、基礎的な健康問題を抱えているので、フェーズIの配布の資格を得ました。とにかく、帰り際にソトマイヨール判事にばったり会ったんです。以前、2度ほど個人的な話をしたことがあったので、予防接種を受けに行く途中であることを告げました。その時、彼女は変な顔をして、思いもよらないことを言ったんです」とサンプソンさんはReal Raw Newsに語った。


ソトマヨールは、予防接種を受けることを注意したのだという。


1年半前の話なので、彼女が言ったことをそのまま引用することはできませんが……。その要点は、私は若くて痩せているから、おそらく病気にはならないだろうし、予防接種も必要ないだろうということでした。私はとても丁寧に、彼女は予防接種を受けたことがあるのかと尋ねました。私の理解では、すべての裁判官が受けたことがあるのですが、彼女は飄々と答え、他の誰かがしたことを基に健康を決めるべきではないようなことを言っていました。私は糖尿病であることを告げると、糖尿病の人はみんな太っているというのは嘘だと言い、それでも予防接種を受けるべきではないと言われました。彼女は、私のことを思ってのことだと言って、別れました。私は直感的に、彼女は予防接種を受けていない、そして何らかの理由で、私が予防接種を受けることを望まなかったのだと思いました」とサンプソンさんは続けた。


もちろん、直感や推測は何の証明にもならない。サンプソンさんの話を紹介したのは、ソトマイヨールの予防接種に対する姿勢をより具体的に示しているある法律事務員の主張を裏付けるからにほかならない。


2020年から2021年にかけて、マーク・カル(偽名)は、その時期にソトマイヨールの下で働いていた8人の法律事務員の一人であった。彼は、公言することで潜在的な雇用機会が失われることを恐れて、匿名を希望した。


20212月、カルはソトマイヨールと悪の権化、バラク・フセイン・オバマとの電話での会話を耳にした。オバマの声は聞こえなかったが、ソトマヨールが電話の相手を「大統領」と呼び続け、電話の最後に「ミシェルによろしく」と言ったことから、カルはオバマであることを確信した。


「ソトマイヨール判事は20分ほど電話をしていました。ある時、彼女は一瞬黙り込んだ後、『はい、もう警告は受けています。私はワクチンを打たないし、私の家族も打たない、そして、そう、誰に助言するかは極めて慎重に判断する』と。私は事務所の外の前庭で机に向かっていたのですが、イヤホンを耳に入れ、音楽を消していたためか、彼女は私のことを気にも留めませんでした。その時、ワクチンには何か問題があるに違いないと思ったのです。だから、私はいまだにワクチンを接種していないのです」とカルさんは言った。


最後に、ソトマイヨールは、多くの悪魔のような民主党議員と同じように、公的と私的な顔を持っていることが痛いほどよくわかる。一方では、すべてのアメリカ国民に予防接種を受けるよう提唱し、他方では、予防接種を受けることを避けているだけではないのだ。

トランプの真実
RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

CAPTCHA


Most Popular

Recent Comments

ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
やまとたける の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 GITMO襲撃犯を特定
ナッキーこと山田直樹 の上 軍がビル・ゲイツに有罪判決を下す