火曜日, 5月 21, 2024
ホームアメリカ昨年7月に死刑が執行されたデボラ・バークス博士

昨年7月に死刑が執行されたデボラ・バークス博士

By Michael Baxter -2022年4月4日(Real Raw Newsより翻訳)

2021年5月、Real Raw Newsは、医学の専門知識よりも色とりどりのスカーフで有名な女性、ディープ・ステートのデボラ・バークス博士が、ペンシルバニアの多世代が住む自宅で反逆罪と大量医療過誤の容疑で逮捕されたと報じた。そして、米海軍法務官(JAG)が6月に彼女の軍事法廷のための時間を確保したことを報告した。その後、バークス博士に関する最新情報は得られず、彼女は取引をしたか、グアンタナモ湾以外の場所に移送されたものと思われた。米軍の「ホワイトハット」部門は、世界中の基地にいくつかの法廷を保持しているからだ。


Real Raw Newsは、遅ればせながら、2021年6月30日に米海軍の軍事委員会事務局と判検事総長が実際にバークスを裁き、有罪判決を下したことを報告することができる。裁判は、ハワイの西約3,300マイル、フィリピンの東1,500マイル、日本の南に位置するグアム海軍基地で行われた。グアムは米国の領土であり、住民は米国市民だ。島の長さは約36マイル(約58キロ)、幅は6~12マイル(約9.6〜19.3キロ)で、多くの意味でグアムはオールアメリカンコミュニティだ。

2018年4月7日、ドナルド・J・トランプ大統領は、空いた兵舎を法律事務所と一対の法廷に改修することを許可し、そこからJAGは、「沼地」と呼ばれるディープステート犯罪者の米国に対する犯罪に対する責任を追及することができるようになった。しかし、トランプは米国の納税者に負担をかけるどころか、数百万ドルの資金を援助し、米陸軍工兵隊は予定より早く3か月で工事を完了したと軍とマー・ア・ラゴの両方の関係者は述べている。

「トランプがグアム施設の改修に関与し、その費用を負担していたことを確認した。そこで誰がいつ裁判になったかは全く知らない」とマール・ア・ラゴの情報筋は述べた。

しかし、JAGの情報源は、さらにやや鮮明な詳細を提供した。

「グアム海軍基地は、ディープ・ステートがGITMOを占領した場合、あるいはGITMOが過負荷になった場合の予備施設として建設されました。そのようなことはありませんでしたが、JAGはディープステートの囚人を裁判のために海外に送り込んでいます。その理由は分かりません。その決定は私の給与等級より上の将校が行うからです。2019年9月に完成したものの、2021年1月のいつか、トランプ大統領が暴動法を発動するまで、そこで裁判が行われなかったことは知っています。バークスがグアムの場所で裁判にかけられ、有罪判決を受け、処刑されるまでに、そのような裁判が6回行われたと聞いています」とJAG関係者は述べた。

JAGがなぜバークスの有罪判決に関する情報を公表するのがこれほど遅れたのかと尋ねると、ダース・E・クランドール副提督と他の軍隊の「ホワイトハット」の長が、機密または機密解除データの普及を調整すると答えた。

「私は、許可が下りるまで何も言いません。OPSEC(運用セキュリティ)の理由から、機密扱いになっているので、私自身は後日まで事件のことを聞かないかもしれません。バークスの場合は、先週になってようやく彼女の運命を知りました」と、JAG関係者は語った。

バークスは2021年7月6日に銃殺刑に処されたと彼は付け加えた。

「グアムでは、あの世に直行する5丁拳銃の祝砲だ」と彼は述べた。
トランプの真実
RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

CAPTCHA


Most Popular

Recent Comments

ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
やまとたける の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 GITMO襲撃犯を特定
ナッキーこと山田直樹 の上 軍がビル・ゲイツに有罪判決を下す