日曜日, 5月 19, 2024
ホームCovid-19バイデンの保健部長、中国のCovid収容所を賞賛

バイデンの保健部長、中国のCovid収容所を賞賛

By Michael Baxter -2022年4月16日(Real Raw Newsより翻訳)

米軍は、習近平の「Covidゼロ」政策と、Covid-19陽性の市民を隔離し拷問するための収容所の利用を称賛する、HHS本部のザビエル・ベセラ(Xavier Becerra)が作成した電子メールを傍受したと主張している。

米陸軍サイバー司令部、フォートゴードンの「ホワイトハット」情報筋は、「善玉」がプランデミックの発生以来、ディープステートの電子メールを傍受してきたとReal Raw Newsに語った。傍受された通信のほとんどは、家族旅行や好きなスポーツチームの話など、良識のないおしゃべりやとりとめのないものだという。PGPは、かつてエドワード・スノーデンが推奨していたが、後に脆弱性があることが判明した市販の暗号化方式である。しかし、PGPは解読が簡単なため、米海軍法務官(JAG)が独自に内容を確認しない限り、サイバーコマンドは解読された電子メールをすべて偽情報または荒らしとして扱う。

「ディープ・ステートは駆け引きに長けており、我々が監視していることを知っています。しばらく前に、ペロシがチャック・シューマーに送った、暗号化されていない電子メールをいくつか入手しました。私たちが解読したところ、『自分とドナルド・トランプを○○しに行け』と書かれていました。我々はそれと似たようなものを手に入れました」と情報筋は語った。

しかし、ベセラがCDC長官のロシェル・ワレンスキーとカマラ・ハリスに送ったメッセージは、平文で書かれていた。

“…我々が習主席の統治方法を採用していないのは、残念なことだ。検疫キャンプは正しい考えだが、我々は監視を恐れるあまり、自らそれを利用しない。そろそろ誰が本当の責任者なのか、この国に教えるべきだという点では一致している。習近平主席はそれをやってのけた。アントニー(ブリンケン)とも話したが、彼もこの件に関しては同じ意見だ。私たちは、もっとゲームを進めるか、習近平国家主席のような本物の人物をこの国の責任者にする必要がある」と、メールの一部には書かれていた。

このような扇情的な文脈にもかかわらず、サイバーコマンドはまだメッセージを額面通りに受け取ってはいない。

「私たちはいくつかの可能性を考えています。別の荒らしの可能性もあります。それは合法的なもので、彼はそれを暗号化するのを忘れたのかもしれません。我々の標準作業手続きは、彼がメールを作成したことを認証し、それを海軍JAGに送り、さらに調査することです。彼らは深く掘り下げるでしょう。彼が本物だと判断されれば反逆罪と扇動的陰謀罪です。我々は、彼や彼が送った他の電子メールを監視することになります」と情報筋は述べた。

Real Raw Newsは、ベセラが、バイデンのトーテムポールの下っ端でありながら、プランデミックにおいて重要な役割を果たし、彼とワレンスキー、ファウチ、そしてバイデンの犯罪者コビッド・タスク・フォースの他のメンバーが、法を守るアメリカの愛国者を奴隷にしようと共謀した多数のプライベート・ミーティングに参加していたことを以前の記事で立証している。そのうちの何人かは、現在、裁判待ちか死亡している。ベセラが彼自身の軍事裁判で告発されることを願うばかりである。

トランプの真実
RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

CAPTCHA


Most Popular

Recent Comments

ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
やまとたける の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 GITMO襲撃犯を特定
ナッキーこと山田直樹 の上 軍がビル・ゲイツに有罪判決を下す