日曜日, 5月 19, 2024
ホームGITMOJAG:拘禁者がクローンである可能性は「低い」

JAG:拘禁者がクローンである可能性は「低い」

By Michael Baxter -2022年12月24日(Real Raw Newsより翻訳)

「キャンプ・デルタに収容されている拘禁者がクローンである可能性は低い」と、医療スタッフがナンシー・ペロシ、ジム・ベイカー、ミゲル・カルドナ、RRNに名前を明かされていない5人の収容者とジェフ・ジアントの死体にクローンの証拠がないか調べた後にGITMO関係者がReal Raw Newsに断言した。

昨日報告されたように、フォート・ブラッグのウォマック陸軍医療センターの医療チームは、ジョセフ・バイデンと故アンソニー・ファウチ博士の生きていないクローンを研究し、ディープ・ステートのクローン過程が欠陥のあるクローンを生産することを示唆する異常があることを発見した。最も顕著なのは、どちらのクローンにも第二大臼歯がなかったことである。

金曜日の夜、気難しいナンシーは檻から引き出され、総合検査のために医療センターに連れて行かれた。このとき、ナンシーは検査をしている歯科医の指を噛もうとしたため、スタッフが鎮静剤を投与しなければならなかったという。第二大臼歯を含む天然歯が残っていた。

また、扁平足という異常があるかどうかも調べたが、これは両方のクローンに見られた。しかし、ナンシーのアーチは正常であった。最後に、クローンは本人にあるアザを受け継がないようなので、公開されているペロシの古い画像とJAGがGITMOに到着した時に撮影した写真を比較した。彼女は何度も美容整形手術を受けているので、ナンシーの顔に矛盾を見つけることは、事実上不可能であったと、この情報筋は言う。

「彼女は返金してもらえばよかったのに」と情報筋はジョークを言い、「外見からすると、調べた人たちはクローンではないようです」と述べた。

グアンタナモ湾の独房の数を正確に聞かれると、曖昧な答えが返ってきた。「あなたが聞かされているよりも、そしてあなたが考えているよりも多い」。

しかし、彼は、グアンタナモ湾で処刑された人はすべて氷漬けにされ、JAGが死者にクローンの痕跡がないかどうかチェックする、と語った。

トランプの真実
RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

CAPTCHA


Most Popular

Recent Comments

ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
やまとたける の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 GITMO襲撃犯を特定
ナッキーこと山田直樹 の上 軍がビル・ゲイツに有罪判決を下す