日曜日, 7月 14, 2024
ホームアメリカ報告:クローンは不完全であり、検出可能である

報告:クローンは不完全であり、検出可能である

By Michael Baxter -2022年12月23日(Real Raw Newsより翻訳)

フォート・ブラッグのウォマック陸軍医療センターの医師は、金曜日に、違法大統領ジョセフ・R・バイデンとアンソニー・ファウチ博士のクローンは不完全であり、彼らがクローン・シリンダーを生きたままにしていたら、厳格な監視の下で検出可能だっただろうと述べた。

以前報告したように、米軍特殊部隊はミズーリ州オザークでディープ・ステートのクローン研究所を発見し、破壊した。この研究所を破壊する前に、彼らはジョセフ・バイデンとアンソニー・S・ファウチ博士の生命を失ったクローンなどの証拠を持ち帰った。

死んだクローンは分析のためにホワイト・ハットの拠点であるフォート・ブラッグにすぐさま送られた。そこで医療スタッフは、ファウチのクローンの表皮を研究し、GITMOのスタッフが、ファウチが最初にグアンタナモ湾に到着したときに撮影した写真と比較した。 GITMOの被収容者は全員、頭からつま先まで裸で写真を撮られ、採血をされる。血液は、凝血予防接種の証拠とアドレノクロムの有無をチェックされる。

4月にGITMOに送られたファウチには、左大腿部に1インチの円形のあざがあったが、クローンにはなかった。また、右肩甲骨にもあざがあったが、クローンにはなかった。どちらのクローンも大人の歯が完全に発達しておらず、上下の第二大臼歯が欠けていたのだが、医療スタッフは抜歯の跡を見つけられなかった。さらに、バイデンとファウチのクローンには扁平足があった。これは、足の内側にあるアーチに圧力がかかると平らになる症状である。デービッド・H・バーガー将軍のオフィスの関係者がReal Raw Newsに語ったところでは、彼らは正常な生殖器を持っていたとのことである。

「これは予備的な報告である。まだ解剖されていない。明らかに、これらは微妙な異常であり、クローンと本物を見分けるには、何を見るべきかを知る必要がある。近々、詳細が分かると思う」と、関係者は語った。

トランプの真実
RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

CAPTCHA


Most Popular

Recent Comments

ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
やまとたける の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 GITMO襲撃犯を特定
ナッキーこと山田直樹 の上 軍がビル・ゲイツに有罪判決を下す