日曜日, 7月 14, 2024
ホームアメリカ海兵隊員、CIAの捕虜からバーガー将軍を救出する

海兵隊員、CIAの捕虜からバーガー将軍を救出する

By Michael Baxter -2023年1月16日(Real Raw Newsより翻訳)

米国海兵隊は金曜日、カリフォルニア州北東部にある中央情報局(CIA)の「隠れ家」からデビッド・H・バーガー将軍を救出したと、スミス将軍のオフィスの関係者がReal Raw Newsに語った。

以前報告したように、バーガー将軍は1月6日午後6時半にキャンプ・ペンドルトンを出発した後、行方不明になった。バーガー将軍は、長期休暇に入る予定があれば、ホワイト・ハットの指揮系統の人間に知らせるという特徴を持っていたので、彼の失踪はホワイト・ハットを不安にさせるものであった。36時間経っても連絡がなかったので、海兵隊員たちは、キャンプ・ペンドルトン周辺、近くの町、森林地帯を計画的に捜索し、彼や彼の車の痕跡を探した。しかし、その成果はなかった。キャンプ・ペンドルトンのスタッフは、海兵隊の将校が車をぶつけたり、地元の病院に現れたりしたことについて、法執行機関の周波数を監視していた。一方、米陸軍サイバー司令部と海兵隊サイバー空間司令部は、将軍が拉致された場合に備えて、ディープ・ステートの通信を精査し、将軍の居場所について何らかのヒントを得ようとしたが、その努力は無駄だった。

しかし、1月13日(金)の深夜、彼らは手がかりをつかんだ。

情報筋によると、元CIAのスパイがスミス将軍のオフィスに連絡してきて、気になるメッセージを伝えてきた。バーガー将軍が誘拐され、カリフォルニア州シダービル(キャンプ・ペンドルトンから約600マイル、ネバダ州境から10マイル)にあるCIAの隠れ家に監禁されている、というのである。映画でよく描かれるような、窓もなく、レンガとモルタルでできた一枚岩の建物ではなく、10エーカーの風通しの良い土地にある質素で少し荒れ果てた農家であった。

その農家には破砕防止窓があり、キーパッド式の入館システムがあり、敷地内には4〜6人のCIA工作員がいたという。彼は暗証番号を知らないと言った。

「スミス将軍がなぜ協力するのかと尋ねると、彼は機関の数人が正しいことをしようとしていると言った。彼は、誘拐がどこでどのように起こったか、情報を与えることができなかったし、与えようとしなかったが、バーガー将軍がそこにいて、まだ生きているが、多分長くはないだろうと主張した。彼は、バーガー将軍は移動させられるか、抹殺されるかもしれないと言った」と情報筋は語った。

V-22 Osprey

罠かもしれないと思いつつも、スミス将軍はすぐに偵察小隊を派遣し、農家を監視させた。一刻を争うため、海兵隊員はV22オスプレイで農家の南東数キロの砂漠地帯に向かった。その後、徒歩で移動し、見つからないように監視できる距離まで近づいたところで待機した。

黒い戦闘服を着た歩哨が1人、周囲を歩いていた。

K-bar

彼はタバコに火をつけていたが、海兵隊員が待ち伏せして、Kバーの刃を衛兵の喉に突きつけたという。脅されて、臆病な見張り番はドアのコードを入力し、海兵隊員に内部へのアクセスを許した。

「彼らは彼に猿ぐつわをさせ、将軍のところに連れて行くように言った」と、情報筋は語った。

捕虜となった歩哨は、まず台所に案内され、そこにはダーク・スーツを着た2人の男がテーブルに座ってコーヒーを飲んでいた。海兵隊員はサイレンサー付きのサイドアームで彼らを射殺した。ソファーで昼寝をしていた2人の兵士も同じような目に遭った。

2階の寝室で意識不明のバーガー将軍を発見した。左目は黒く青く腫れ上がり、顔には裂傷があった。ラチェットベルトでベッドに縛り付けられ、動けなくなっていた。しかし、その言葉はまるで薬物を投与されたように、ゆっくりと奇妙に語られた。

最も体力のある海兵隊員は、ファイヤーマンズキャリー*でバーガー将軍を持ち上げ、肩に担いで2キロの距離を移動した。生き残ったCIA工作員は捕虜として身柄を拘束された。

情報筋によると、バーガー将軍は傷の治療のため安全な場所に搬送されたとのことだ。

「彼は殴られ、拷問され、薬を飲まされたが、回復している」という。


訳者注:
ファイヤーマンズキャリー(Fireman’s Carry)
人を担ぎ上げて運ぶための技術あるいは格闘技における技の一種である。 自衛隊では「消防士搬送」と呼ばれている。

トランプの真実
RELATED ARTICLES

Most Popular

Recent Comments

ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
やまとたける の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 GITMO襲撃犯を特定
ナッキーこと山田直樹 の上 軍がビル・ゲイツに有罪判決を下す